【Send My Love (To Your New Lover)】の和訳:Adele(アデル)

今回は、Adele(アデル)「Send My Love To Your New Lover(センド・マイ・ラブ)」の翻訳です。

「Send My Love (To Your New Lover)」は、アデルの3thアルバム「25」に収録されており、2016年5月にシングルカットされました。失恋をテーマにした曲ですが、タイトルの通り「私に捧げる愛を、新しい別の恋人に送ってほしい」と少し穏やかな感情で別れを告げている曲です。UKチャートでは5位、ビルボードでは8位など、世界中の国々のチャートで上位に入りました。

【目次】

それでは、お聞きください。


Send My Love (To Your New Lover) 基本情報

曲名:Send My Love (To Your New Lover)
アーティスト:Adele
出身:ロンドン(英国)
ジャンル:ポップ、R&B
チャート:5位(UK)
発売日:2016年05月16日
収録アルバム:25

Adele : Send My Love (To Your New Lover) Send My Love (To Your New Lover)
Adele
apple music
「Send My Love:Adele」の動画


YouTube「Send My Love:Adele」より

「Send My Love:Adele」の翻訳

※グレイの箇所をクリックすると、解説を見ることができます。

This was all you, none of it me
(すべてあなたがやったこと、私じゃない)

You put your hands on, on my body and told me
(あなたは私の体に手を置き、こう言ったの)

Mmm, told me you were ready
(心の準備はできてるんだって)

For the big one, for the big jump *
(大きな、とても大きな決断を)

「the big jump(大きな決断)」とは、歌詞の流れから「結婚」のことだと推測できます。

I’d be your last love, everlasting, you and me
(私が最後の恋人になれると、二人の愛は永遠に続くと)

Mmm, that was what you told me
(それが私に言ってくれたことだった)

I’m giving you up
(もう心が折れそうなの)

I’ve forgiven it all
(すべてなかったことにするから)

You set me free
(私を自由にしてほしい)

Send my love to your new lover
(私に送るはずだった愛を、新たな恋人に送ってほしい)

Treat her better
(その人は大切にしてあげて)

We’ve gotta let go of all of our ghosts *
(私たちの思い出はすべて過去のこと)

「our ghosts」は、「私たちの思い出、面影」という意味かなと思います。その「思い出」を「let go」で「忘れ去りましょう」ということです。

We both know we ain’t kids no more
(子供じゃないってお互い分かってるのだから)

Send my love to your new lover
(私に送るはずだった愛を、新しい人に送ってあげて)

Treat her better
(その人は大切にしてあげて)

We’ve gotta let go of all of our ghosts
(私たちの思い出はすべて過去のこと)

We both know we ain’t kids no more
(子供じゃないってお互い分かってるのだから)

I was too strong, you were trembling *
(私は強すぎて、あなたは圧倒されていた)

「tremble」で、「震える、身震いする、心配する」という意味です。

You couldn’t handle the hot heat rising
(高まるこの熱気に、あなたは何もできなかった)

Mmm, baby, I’m still rising
(それでもまだ高まり続けるの)

I was running, you were walking
(私は走っていたけれど、あなたは歩いたままだった)

You couldn’t keep up, you were falling down
(付いてくることはできず、あなたは転げ落ちていった)

Mmm, there’s only one way down *
(そこにはもう下り坂しかなかったの)

「way down」で、「下り坂、引き返すことができない道」という意味。転げ落ちていったパートナーに対して助けることができなかった、あるいは呆然と見ていたという意味だと思います。

I’m giving you up
(もう心が折れそうなの)

I’ve forgiven it all
(すべてなかったことにするから)

You set me free
(私を自由にしてほしい)

Send my love to your new lover
(私に送るはずだった愛を、新たな恋人に送ってほしい)

Treat her better
(その人は大切にしてあげて)

We’ve gotta let go of all of our ghosts
(私たちの思い出はすべて過去のこと)

We both know we ain’t kids no more
(子供じゃないってお互い分かってるのだから)

Send my love to your new lover
(私に送るはずだった愛を、新しい人に送ってあげて)

Treat her better
(その人は大切にしてあげて)

We’ve gotta let go of all of our ghosts
(私たちの思い出はすべて過去のこと)

We both know we ain’t kids no more
(子供じゃないってお互い分かってるのだから)

If you’re ready, if you’re ready
(もし、あなたに心の準備ができているのなら)

If you’re ready, I am ready
(もし心の準備ができていたら、私だってその気だった)

If you’re ready, if you’re ready
(もし、あなたに心の準備ができているのなら)

We both know we ain’t kids no more
(子供じゃないってお互い分かってるのだから)

No, we ain’t kids no more
(そう、もう子供ではないの)

I’m giving you up
(もう心が折れそうなの)

I’ve forgiven it all
(すべてなかったことにするから)

You set me free
(私を自由にしてほしい)

Send my love to your new lover
(私に送るはずだった愛を、新たな恋人に送ってほしい)

Treat her better
(その人は大切にしてあげて)

We’ve gotta let go of all of our ghosts
(私たちの思い出はすべて過去のこと)

We both know we ain’t kids no more
(子供じゃないってお互い分かってるのだから)

Send my love to your new lover
(私に送るはずだった愛を、新しい人に送ってあげて)

Treat her better
(その人は大切にしてあげて)

We’ve gotta let go of all of our ghosts
(私たちの思い出はすべて過去のこと)

We both know we ain’t kids no more
(子供じゃないってお互い分かってるのだから)

If you’re ready, if you’re ready (Send my love to your new lover)
(もし、あなたに心の準備ができているのなら)

If you’re ready, are you ready? (Treat her better)
(もし心の準備ができていたら、できてるの?)

We’ve gotta let go of all of our ghosts
(私たちの思い出はすべて過去のこと)

We both know we ain’t kids no more
(子供じゃないってお互い分かってるのだから)

If you’re ready, if you’re ready (Send my love to your new lover)
(もし、あなたに心の準備ができているのなら)

If you’re ready, are you ready? (Treat her better)
(もし心の準備ができていたら、できてるの?)

We’ve gotta let go of all of our ghosts
(私たちの思い出はすべて過去のこと)

We both know we ain’t kids no more
(子供じゃないってお互い分かってるのだから)

解説とまとめ

Adele(アデル)

大ヒットしたアルバム「25」から3枚目のシングルとして登場した「Send My Love (To Your New Lover)」は、多くの国々で上位チャートを獲得しました。また、ミュージックビデオは、2016年MTVアワードでBest Visual Effectsの部門でノミネート入りを果たしています。

「恋人との別れ」をテーマにした曲ですが、曲調はアップテンポで今までアデルがリリースしてきたような「後悔」という念は見られません。スッキリ別れてお互い別の道を進みましょうという感じを受けました。ニューヨークタイムズの記事のよると、元々ギターのベースはアデルが15歳の時から持っており、プロデューサーであるマックス・マーティンとシェルバックと共に1日で書き上げたようです。

「Send My Love」のアコースティック・バージョン!

2016年3月にロンドンで行われたライブ映像です。「Send My Love (To Your New Lover)」をアコースティックでパフォーマンスしています。動画があまりよくありませんが、勘弁を…。
Adele Send My Love To Your New Lover [Acoustic]

最後に感想を

失恋の曲が多いアデルですが、実は2016年に結婚をしています。この曲が失恋の曲なのに、少し明るいのはその辺りもあるのかもしれません。それにしてもアデルはどんどん綺麗になりますね。

外国人の友人に「好きなアーティスト誰?」って聞くと、だいたいアデルって答えるくらい多くの女性ファンの心を掴んでいるイメージがあります。もちろん、ヒット曲も多いのですが、きっと歌詞に共感が持てるからだと思います。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

Adele : Send My Love (To Your New Lover) Send My Love (To Your New Lover)
Adele
apple music
この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください