【The Times They Are a-Changin’】の和訳:Bob Dylan(ボブ・ディラン)

今回は、Bob Dylan(ボブ・ディラン)「The Times They Are a-Changin’(時代は変る)」の翻訳をしたいと思います。

「The Times They Are a-Changin’」は、ボブ・ディランの3rdアルバム「The Times They Are a-Changin’(1964)」から1965年にシングルカットされました。「風に吹かれて」と同様、ボブ・ディランの中で人気の高い曲です。アルバムは特にイギリスで高い人気を得て当時のチャートで4位を記録、米国ビルボードでは20位を記録しました。

「The Times They Are a-Changin’(時代は変る)」の意味とは?

「時代は変る」は1963年にボブ・ディランによって、スコットランドやアイルランドに伝わるバラードをベースとして書き上げられました。歌詞の内容は、「自由と平等」を説いたジョン・F・ケネディの大統領演説から大きく影響を受けており、「固定観念を捨てなさい、時代は移り変わってゆくのだから」と歌っています。

それでは、まずはお聞きください。

The Times They Are a-Changin’ 基本情報

曲名:The Times They Are a-Changin’(時代は変る)
アーティスト:Bob Dylan
ジャンル:フォーク
チャート:なし
発売日:1965年03月08日
収録アルバム:The Times They Are a-Changin’(1964)

Bob Dylan : The Times They Are a-Changin’ The Times They Are a-Changin’
Bob Dylan
apple music
「The Times They Are a-Changin’:Bob Dylan」の動画


YouTube「The Times They Are a-Changin’:Bob Dylan」より

ここから「The Times They Are a-Changin’:Bob Dylan」の翻訳開始!

↓↓↓↓↓ ここから歌詞の翻訳です ↓↓↓↓↓

Come gather ‘round people wherever you roam
(どこかに放浪してる人たちよ、少しここに集ってくれないか)

And admit that the waters around you have grown
(君の回りで水かさが膨れ上がっているのが分かるだろう)

And accept it that soon you’ll be drenched to the bone
(すぐに骨まで水で浸ってしまうこと受け入れなければならない)

If your time to you is worth saving ※01
(君が自分の時間を救う価値があると思うなら)

Then you better start swimmin’ or you’ll sink like a stone
(泳ぎ始めた方がいい、さもなければ石のように沈んでしまう)

For the times they are a-changin’
(時代は変わりつつあるんだ)

Come writers and critics who prophesize with your pen
(ペンを持ち先のことを綴る作家や批評家たちも、少し聞いてほしい)

And keep your eyes wide, the chance won’t come again
(目を大きく見開いてほしい、機会はそうそう来るものではないのだから)

And don’t speak too soon, for the wheel’s still in spin
(そして直ぐに口を開いてはいけない、車輪はまだ回り続けているんだ)

And there’s no tellin’ who that it’s namin’
(そこにはまだ誰の名前もない)

For the loser now will be later to win
(今は敗者であっても、後に勝者になるやもしれない)

For the times they are a-changin’
(時代は変わりつつあるんだ)

Come senators, congressmen, please heed the call
(上院議員、下院議員たちよ、心に留めておいてほしい)

Don’t stand in the doorway, don’t block up the hall
(出入口に立ちはだかったり、集会所を封鎖してはいけない)

For he that gets hurt will be he who has stalled
(立ちはだかる者は怪我をすることになるのだから)

The battle outside ragin’
(外での戦いは激しくなり)

Will soon shake your windows and rattle your walls
(すぐに窓は揺れはじめ、壁はガタガタと音を鳴らしはじめる)

For the times they are a-changin’
(時代は変わりつつあるんだ)

Come mothers and fathers throughout the land
(国中の母親、父親たちよ、少し聞いてほしい)

And don’t criticize what you can’t understand
(理解できていないことを批判してはいけない)

Your sons and your daughters are beyond your command
(息子や娘たちでさえ、あなたがたの理解を超えているのだから)

Your old road is rapidly aging
(あなたがたの知る古い道は、急速に老朽している)

Please get outta’ the new one if you can’t lend your hand
(新しい道から退かなくてはならない、もし手を貸せないというのなら)

For the times they are a-changin’
(時代は変わりつつあるんだ)

The line it is drawn, the curse it is cast
(線は引かれ、呪いはかけられたのだ)

The slow one now will later be fast
(今遅い者は、やがて速くなるだろう)

As the present now will later be past
(今いる現在が、過去のモノとなるように)

The order is rapidly fading
(世の中は急速に色褪(あ)せていき)

And the first one now will later be last
(今ある一番のモノは、やがては後者にとって変わる)

For the times they are a-changin’
(時代は変わりつつあるんだ)

Bob Dylan : The Times They Are a-Changin’ The Times They Are a-Changin’
Bob Dylan
apple music

曲の感想とまとめ

Bob Dylan(ボブ・ディラン)

いかがでしたでしょうか?1963年に書かれた歌詞ですが、不思議と現代でも当てはめることができるのではないでしょうか。ケネディは大統領に就任してから一貫して「黒人差別撤廃」を訴えており、国内では常に論争が絶えませんでした。歌詞の中にある「Your old road is rapidly aging(あなたがたの知る古い道は、急速に老朽している)」とは、そのような「固定観念」にとらわれた人を風刺しているのだと思います。残念ながら「時代は変る」をレコーディングした一月後、1963年11月22日にケネディは暗殺され、一つの時代の流れは終わりを迎えるのでした。

ジョン・F・ケネディの大統領就任演説に興味のある方は下記のリンクからどうぞ。めちゃくちゃ良いことを言っています。
ケネディ公式「ジョン・F・ケネディ大統領就任演説」より

「時代は変る」のライブ映像

1964年のボブ・ディランの映像です。ちょっと映像が途切れていますが、当時の様子が分かる動画です。

Bob Dylan – The Times They Are A Changin’ 1964

最後に文法・歌詞の説明

それでは最後に文法、歌詞の部分で説明が必要かなと思う部分を少し追記して終わりたいと思います。

01. If your time to you is worth saving
「worth 〜ing」で、「〜する価値がる」となります。ここでは「save(救う、節約)」がくるので、「君が自分の時間を救う価値があると思うなら」という訳になります。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください