【The Way I Am】の和訳:Charlie Puth(チャーリー・プース)

今回は、Charlie Puth(チャーリー・プース)「The Way I Am(ザ・ウェイ・アイ・アム)」の翻訳です。

「The Way I Am」は、Charlie Puthの2ndアルバム「Voicenotes」に収録されており、2018年7月に同アルバムから5枚目のシングルカットとしてリリースされました。タイトル通り「彼自身」のことが書かれたこの曲は、ビルボードで87位を記録しています。

【目次】

それでは、お聞きください。


The Way I Am 基本情報

曲名:The Way I Am
アーティスト:Charlie Puth
出身:ニュージャージー(米国)
ジャンル:ポップ
チャート:87位(ビルボード)
リリース:2018年07月24日
収録アルバム:Voicenotes

Charlie Puth : The Way I Am The Way I Am
Charlie Puth
apple music
「The Way I Am:Charlie Puth」の動画


YouTube「The Way I Am:Charlie Puth」より

「The Way I Am:Charlie Puth」の翻訳

※グレイの箇所をクリックすると、解説を見ることができます。

Maybe I’mma get a little anxious
(もしかしたら、ちょっと心配性かも)

Maybe I’mma get a little shy
(ひょっとしたら少しシャイかもしれない)

‘Cause everybody’s trying to be famous
(だって、みんな有名になろうとしているのに)

And I’m just trying to find a place to hide
(僕はただ隠れる場所を探してる)

All I wanna do is just hold somebody
(誰かをただ抱きしめたいだけなのに)

But no one ever wants to get to know somebody
(誰も他人のことなんて知りたいと思わない)

I don’t even know how to explain this
(どう説明したらいいかさえ分からない)

I don’t even think I’m gonna try
(しようとも思わないけどね)

And that’s ok
(でも、それでいいんだ)

I promise myself one day
(自分に約束したんだ、いつか)

Hey!
(ヘイ!)

I’mma tell ‘em all
(みんなに言うんだ)

I’mma tell ‘em all that you could either hate me or love me *
(みんなに言うんだ、僕を嫌おうが愛そうがどっちでもいいと)

「either A or B」で、「AかBかいずれか」という意味です。

But that’s just the way I am *
(ただ、これがありのままの僕だってこと)

「the way I am」とは、「自分自身であること」という意味です。「the way」が「方法、行く末、やり方」という意味で、「I am」が「自分でいるということ」を説明しています。

I’mma tell ‘em all
(みんなに言うんだ)

I’mma tell ‘em all that you could either hate me or love me
(みんなに言うんだ、僕を嫌おうが愛そうがどっちでもいいと)

But that’s just the way I am
(ただ、これがありのままの僕だってこと)

That’s just the way I am
(ありのままの僕)

That’s just the way I am
(これが僕なんだ)

That’s just the way I am
(ありのままの僕)

That’s just the way I am
(これが僕なんだ)

Maybe I’ma get a little nervous
(もしかしたらちょっと神経質かも)

Maybe I don’t go out anymore
(ひょっとしたら、もう誰かと外に出かけないかもしれない)

Feelin’ like I really don’t deserve this
(こんな扱いを受けるべきじゃないのにって思う)

Life ain’t nothing like it was before (ain’t nothing like before)
(人生はもう前と全然違うんだ(前と全然違う))

‘Cause all I wanna do is just hold somebody
(誰かをただ抱きしめたいだけなのに)

But no one ever wants to get to know somebody
(誰も他人のことなんて知りたいと思わない)

If you go and look under the surface
(もし、近くまで来て裏側をのぞいてみたら)

Baby, I’m a little insecure *
(ベイビー、僕はちょっと不安なんだよ)

「insecure」で、「不安である、自信がない」という意味です。

And that’s okay (baby, now, that’s okay)
(でも、それでいいんだ(ベイビー、そう、それでいいんだ))

I promised myself one day
(自分に約束したんだ、いつか)

Hey!
(ヘイ!)

I’mma tell ‘em all
(みんなに言うんだ)

I’mma tell ‘em all that you could either hate me or love me
(みんなに言うんだ、僕を嫌おうが愛そうがどっちでもいいと)

But that’s just the way I am
(ただ、これがありのままの僕だってこと)

I’mma tell ‘em all
(みんなに言うんだ)

I’mma tell ‘em all that you could either hate me or love me
(みんなに言うんだ、僕を嫌おうが愛そうがどっちでもいいと)

But that’s just the way I am
(ただ、これがありのままの僕だってこと)

That’s just the way I am
(ありのままの僕)

That’s just the way I am
(これが僕なんだ)

That’s just the way I am
(ありのままの僕)

That’s just the way I am
(これが僕なんだ)

I’mma tell ‘em all (that’s just the way I am)
(みんなに言うんだ(これがありのままの僕))

I’mma tell ‘em all that you could either hate me (that’s just the way I am)
(みんなに言うんだ、僕を嫌おうが(これが僕なんだ))

or love me (that’s just the way I am)
(愛そうがどっちでもいいと(これがありのままの僕))

But that’s just the way I am
(ただ、これがありのままの僕だってこと)

Yeah, this is what you wanted
(そうさ、これが君の望んでいたこと)

Oh, this is what you wanted
(これが君の望んでいたことさ)

I am, am, am
(僕は…)

Yeah, this is what you wanted
(そうさ、これが君の望んでいたこと)

Oh, this is what you wanted all along
(君がずっと望んでいたことなんだ)

Everybody’s trying to be famous
(誰もが有名になろうとしている)

And I’m just trying to find a place to hide
(だけど僕はただ隠れる場所を探してる)

I’mma tell ‘em all
(みんなに言うんだ)

I’mma tell ‘em all that you could either hate me or love me
(みんなに言うんだ、僕を嫌おうが愛そうがどっちでもいいと)

But that’s just the way I am
(ただ、これがありのままの僕だってこと)

I’mma tell ‘em all
(みんなに言うんだ)

I’mma tell ‘em all that you could either hate me or love me
(みんなに言うんだ、僕を嫌おうが愛そうがどっちでもいいと)

But that’s just the way I am
(ただ、これがありのままの僕だってこと)

That’s just the way I am (Maybe I’mma get a little anxious)
(ありのままの僕(もしかしたら僕はちょっと心配性かも))

that’s just the way I am (Maybe I’mma get a little scared)
(これが僕なんだ(ひょっとしたら僕はちょっと臆病かも))

That’s just the way I am (‘Cause everybody’s trying to be famous)
(ありのままの僕(だってみんな有名になろうとしているのに))

Even though that’s just the way I am
(それでも、これがありのままの僕)

I’ma tell ‘em all (that’s just the way I am)
(みんなに言うんだ(これがありのままの僕だと))

I’ma tell ‘em all that you could either hate me or love me
(みんなに言うんだ、僕を嫌おうが愛そうがどっちでもいいと)

But that’s just the way I am
(ただ、これがありのままの僕だってこと)

解説とまとめ

Charlie Puth(チャーリー・プース)

The Way I AmはアルバムVoicenotesの第1曲目に収録されていますが、実は収録曲の中で一番最後に作られた曲です。アメリカのラジオ局のインタビューで、Charlieは「新アルバム制作に向けて色々曲を作ってきて、ふと気づいてみれば僕自身に関する曲がなかったんだ。だから作ろうと思ったんだ」とコメントしています。

名が売れてくると、パパラッチによって私生活がどんどん暴露されていきますよね。「僕の恋愛模様はよく知っているのに、僕が音楽をやってることを忘れる人がいるほどだよ。それって何か違うんじゃないかと思って」と言うCharlieが書いたThe Way I Amには、余すところなく彼自身が表現されています。

「The Way I Am」のアコースティックバージョンが公開されました!

2018年9月7日にチャーリー・プース公式YouTubeにて、「The Way I Am」のアコースティックバージョンが公開されました。素敵です!

Charlie Puth – The Way I Am (Acoustic)

最後に感想を

曲調が明るくテンポも軽快なのでかなり前向きな歌に感じます。「他人がどう思おうが、これが本当の自分!」と繰り返し歌っている部分が印象に残りますが、その中にCharlieのネガティブな彼自身が上手く入れ込んであるように思います。

Charlieはよく自分のことを「変わり者で引きこもりな人間」と言っていますが、シャイだったり心配性だったり、そういった一面を知ることができる曲です。売れると常にゴシップが世に流れておちおち外も歩けない、といったスターには付き物の悩みも、軽快なテンポでサラリと歌っているのがCharlieらしいと思いました。

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

Charlie Puth : The Way I Am The Way I Am
Charlie Puth
apple music
この記事を書いた人
うさぎ

洋楽・洋画が大好きです。趣味は映画、漫画、バイオリン、ピアノと思いっきりインドアですが、割とアクティブな人間です。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください