【Everglow(エバーグロー)】の和訳:Coldplay(コールドプレイ)

今回は、Coldplay(コールドプレイ)「Everglow(エバーグロー)」を翻訳したいと思います。この「Everglow」という曲は2バージョンありますが、今回翻訳するのは「Single Version」です。
※シングルバージョンは、PVの最後にモハメドアリのスピーチが最後に入ってます。

「Everglow」という単語は英語の辞書にはありません。これは「Ever(絶えず)」と「Glow(輝き、情熱)」を足したクリス・マーティン(コールドプレイのボーカル)による造語です。

【Everglowという言葉との出会い】

ある日、クリスが浜辺を歩いてると、ドラマ「初体験/リッジモント・ハイ」でショーン・ペンが演じていたような話し方をするサーファーに会います。その時にあるサーファーが「この前さ、さっきと乗った波と同じ最高の波に乗れたんだ。そりゃもうマジで最高の「Everglow」だったぜ」と言いいました。
その時にクリスは「Everglow?(永遠の輝き?、最高の喜び?)」
「うわっ何て素敵な表現なんだ!」だと思ったそうです。

クリスは、愛する人や友人、家族との別れや、何か悲しい時が起こった時に、同時に代え難い想い「Everglow」を得ることができる、そういう気持ちを歌った曲だとインタビューで応えています。大切な人との思い出やその人との関係を表現できる言葉を探してる時に、サーファーがこの素敵な言葉をくれたそうです。

それでは、お聞きください!

Everglow(エバーグロー)の基本情報

曲名:Everglow(エバーグロー)
グループ名:Coldplay(コールドプレイ)
発売日:2016年11月11日
収録アルバム:A Head Full of Dreams

Everglow – Coldplayの動画


YouTubeより

ここから「Everglow:Coldplay」の翻訳開始!

↓↓↓↓↓ ここから歌詞の翻訳です ↓↓↓↓↓

Oh they say people come
(人は言う、出会いもあれば)

They say people go
(別れもあると)

This particular diamond was extra special
(でも、このダイヤモンドは本当に特別だったんだ)

And though you might be gone
(君がどこかへ行ってしまったとしても)

And the world may not know
(この世界はきっとそれを知る事はなくて)

Still I see you celestial
(それでも僕は君が輝いてるのを知ってるんだ)

And I should but I can’t let you go
(僕は君を行かせるべきだったけど、でも僕にはできないんだ)

But when I’m cold, cold
(僕が寒くて、寒くて)

When I’m cold, cold
(身も凍えるほど、寒い時)

There’s a light that you give me
(君がくれた光があったんだ)

When I’m in shadow
(暗闇にひとり取り残された時も)

There’s a feeling within me, an everglow
(僕の中には「決して消えない永遠の輝き」が、そんなものがあったんだ)

Like brothers in blood
(本当の兄弟のように)

Sisters who ride
(支え合う姉妹のように)

Yeah, we swore on that night
(僕たちは、あの夜に誓ったんだ)

We’d be friends ‘til we died
(僕たちが死ぬまで友達であり続けると…)

But the changing of winds
(でも、風向きは変化し)

And the way waters flow
(水の流れは変わってしまう)

Life as short as the falling of snow
(人生は降りゆく雪のように短いものだ)

And now I’m gonna miss you, I know
(僕は気づくんだ、君がとても恋しいってことに)

But when I’m cold, cold
(凍えるほど寒くて)

In water rolled, salt
(水の流れが肌に染みてきて)

And I know you’re always with me
(君がいつも側にいてくれたことに気づいたんだ)

And the way you will show
(これが君が見せてくれる道筋なんだって)

And you’re with me wherever I go
(僕がどこへ行こうとも、君は側にいてくれる)

That you give me this feeling, this everglow
(君がくれたそんな想いが「Everglow」なんだ)

What I wouldn’t give for just a moment to hold
(ただその一瞬のために惜しむものは何もないんだ)

Because I live for this feeling, this everglow
(それが、僕が生きるために感じたもの「Everglow」なんだ)

So if you love someone, you should let them know
(だから、もし君に愛する人がいるなら、愛してると伝えてほしい)

Oh, the light that you give me will everglow
(君が与えたもの、その光がきっと「Everglow」になるんだ)

【モハメド・アリのスピーチ】

God is watching me
(神は俺を見ている)

God don’t praise me because I beat Joe Frazier
(ジョー・フレージャーを倒したのに、神は俺を称えなかった)

God don’t give nothing about Joe Frazier
(俺が奴を倒したことについて、神は何も俺に与えなかった)

God don’t care nothing about England or America as far as real wealth… it’s all His.
(神は大国である米国や英国の事について何も干渉はしない、すべて神のものだからだ)

He wants to know how do we treat each other?
(神は俺たちが地上でどうやってお互いを助け合うのかを知りたいだけなんだ)

How do we help each other?
(じゃあ、俺たちはどうやって助け合えばいい?)

So, I’m going to dedicate my life to using my name and popularity to helping charities, helping people, uniting people
(だから、俺は「モハメド・アリ」という自分の名前を使い、チャリティや人々がお互い助け、協力していけるように人生を捧げるつもりなんだ)

People bombing each other because of religious beliefs.
(今、国同士が爆弾を落とし合っている…、それはお互いの宗教観が違うからだ)

We need somebody in the world to help us all make peace.
(この世界には、俺たちを平和に導いてくれる誰かが必要なんだ)

So when I die – if there’s a heaven – I’m gonna see it.
(だから、俺が死んだ時…、もし天国というものがあるのなら、俺はそれを見に行こうと思うんだ)

曲の感想とまとめ

コールドプレイ:everglow(エバーグロー)

いかがでしたでしょうか?
PVで最後にモハメド・アリがスピーチをする部分はぐっとくるものがあります。このモハメド・アリのスピーチは、1977年にニューカッスル・アポン・タインで行われたものを収録しています。

「Everglow」は誰にでも存在します、ただ近くにある時にはなかなかその暖かみに気づかないものです。残念ながら失ってから初めて気づくものなのかもしれませんね。

別バージョンの「Everglow」について

別バージョンも少し歌詞が違うのですが、とっても素敵です。「Single Version」がピアノだけなのに対して、もうひとつの方はバンド演奏になってます。こちらに張っておくのでぜひ、ご覧ください。

Everglow – Coldplay:別バージョン

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

2 つのコメント “【Everglow(エバーグロー)】の和訳:Coldplay(コールドプレイ)

  1. モハメド・アリのスピーチの和訳を探してここにたどり着きました。読ませていただきました。ありがとうございました。
    everglow 素敵な言葉ですね。私だったらサーファーとの会話は聞き流して終わりそうですけど、クリスさんはそこで閃いてこんな素敵な曲を作る。すごい!

    1. 素敵なコメントありがとうございます。モハメド・アリのスピーチとこの曲がマッチしてますよね。アリの強気な発言は彼の壮絶な人生を見ると理解できるようになりました。
      もとこさんの「everglow」もきっと光り輝きますように!素敵な1日にしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください