【Piece of flesh】の和訳:Feather and Down(フェザー・アンド・ダウン)

今回は、Feather and Down(フェザー・アンド・ダウン)「Piece of flesh(ピース・オブ・フレッシュ)」の翻訳をしたいと思います。

「Piece of flesh」は、フェザー・アンド・ダウンのデビューアルバム「The Brid’s Nest」に収録されており、2011年2月にリリースされました。バーディーの「Skinny Love」が好きな人はきっと気にいると思います。

フェザー・アンド・ダウンは、シルク・ドゥ・ソレイユのシンガーとして活躍したスウェーデン人のKarin Maria Andersson(カリン・マリア・アンダーソン)のアコースティック・プロジェクトです。美しく哀愁溢れる歌声をすぐに好きになるはずです。

それでは、まずはお聞きください。

Piece of flesh 基本情報

曲名:Piece of flesh
アーティスト:Feather and Down
ジャンル:インディ・フォーク
チャート:なし
発売日:2011年02月
収録アルバム:The Brid’s Nest

Feather and Down : Piece of flesh Piece of flesh
Feather and Down
apple music
「Piece of flesh:Feather and Down」の動画


YouTube「Piece of flesh:Feather and Down」より

ここから「Piece of flesh:Feather and Down」の翻訳開始!

↓↓↓↓↓ ここから歌詞の翻訳です ↓↓↓↓↓

You left a stain here on the floor
(あなたは床に汚れを残したまま去っていった)

Are you coming back for more
(また戻ってくるつもりなのか)

Or what are you trying to say?
(それとも、何か伝えようとしているのか)

Now I’m afraid to spell it out ※01
(今、それを知ろうとするのを怖れている)

But what is all this about?
(だけど、これは何を意味してるのだろうか)

I am trying to find my way
(私はその答えを見つけようとする)

Feels like you want an open door ※02
(あなたは自由になりたかったと思う)

But to be honest I’m not sure
(だけど、それは実際には分からない)

Would you please care to explain?
(だから、きちんと説明してほしいの)

I cannot wait forever more
(これ以上待つことはできない)

So come back and clean the floor
(だから、戻って床を綺麗にしてほしい)

And take care of your stain ※03
(その汚れはあなたがどうにかしなければいけない)

I didn’t know love carved so deep
(愛がこんなにも深く刻まれるモノだとは知らなかった)

The piece of flesh it took from me
(肉体の一部は奪い取られ)

An open wound that would not heal
(傷口は開き、治ることはない)

Not even with the strongest seam
(たとえ、強く縫い合わせたとしても)

If you could look me in the eye,
(もし、私の目をきちんと見てくれるなら)

Put the bullshit to the side ※04
(嘘はつかないでほしい)

Let me know what’s in your head
(あなたの考えを教えてほしいの)

Then maybe we could work it out
(そうすれば、私たちは上手くいくかもしれないし)

Baby, we could leave those doubts
(ベイビー、思っていることが伝わないかもしれない)

Are you following what I say?
(私の言ってることが伝わってる?)

I know I also made you cry
(私自身もあなたを悲しませたことは分かってる)

But you know the reason why
(だけど、その理由もあなたは知っている)

And I tried to make it up to you
(あなたを包容しようとしたけれど)

Guess it was already too late
(それは遅すぎたのかもしれない)

Boy, I know I made you wait
(ボーイ、あなたを待たせたことは分かってる)

But do you think it’s over?
(だけど、もう過ぎたことなのだろうか?)

I didn’t know love carved so deep
(愛がこんなにも深く刻まれるモノだとは知らなかった)

The piece of flesh it took from me
(肉体の一部は奪い取られ)

An open wound that would not heal
(傷口は開き、治ることはない)

Not even with the strongest seam
(たとえ、強く縫い合わせたとしても)

And I’ve been asking myself why did I let you go away?
(今でも自分に問いかけてる、なぜあなたを行かせてしまったのかを)

Do you wanna give it one more try, let’s see what happens on the way
(もう一度やり直してみたいとは思わないの、一緒にどうなるかを見てみたいでしょ)

On the way
(どうなっていくかを)

Guess I’ll get over you one day
(私はいつか立ち直れると思う)

But as long as you don’t say ※05
(だけど、あなたが何も言わない限り)

Anything I’ll make things up in my mind
(気持ちのモヤモヤは晴れることはない)

Probably it’s all obvious
(おそらく、すべてはっきりとはしている)

But God damn what a loss
(だけど、神様、失ったモノは大き過ぎる)

We could have been amazing
(私たちは素晴らしい関係を築くことができたのに)

I didn’t know love carved so deep
(愛がこんなにも深く刻まれるモノだとは知らなかった)

The piece of flesh it took from me
(肉体の一部は奪い取られ)

An open wound that would not heal
(傷口は開き、治ることはない)

Not even with the strongest seam
(たとえ、強く縫い合わせたとしても)

Feather and Down : Piece of flesh Piece of flesh
Feather and Down
apple music

曲の感想とまとめ

Feather and Down : Piece of flesh

いかがでしたでしょうか?曲調や歌詞も素敵ですが、ボーカルのカリンの声にやられてしまった人も多いのではないでしょうか。フェザー・アンド・ダウンは情報があまりにもなく、スウェーデンのシンガーということぐらいしか分かりませんでした。僕はちょっと入った喫茶店でこの曲がかかっており、すぐに忘れないようにメモをしました。歌詞や音楽的にバーディーの「Skinny Love」と似ていたので、紹介させて頂きました。バーディーの「スキニーラブ」が好きな方が多いので、この曲も気に入ってくれるととても嬉しいです。

タイトルになもなっている「Piece of flesh」とは、「肉体の一部」という意味になります。「flesh」は、「肉、肌、果肉、人類」といった意味があります。ぱっと見ると「fresh(新しい、新鮮な、さわやか)」と間違ってしまうので、注意が必要です。「flesh」と「fresh」は中々見分けがつきませんよね。

ピアノバージョンの「Piece of flesh」を紹介!

2011年に収録されたフェザー・アンド・ダウンのピアノセッションでの「Piece of flesh」です。

Feather And Down – Piece Of Flesh

最後に文法・歌詞の説明

それでは最後に文法、歌詞の部分で説明が必要かなと思う部分を少し追記して終わりたいと思います。

01. Now I’m afraid to spell it out
「spell out」で、「明確にする、解析する」という意味になります。ですので、「今、それを知ろうとするのを怖れている」と訳しました。
※参考元:Cambridge Dictionary「spell sth out」より

02. Feels like you want an open door
「open door」は「ドアを開ける」という意味ですが、この場合は「ドアを開ける=自由になる」という意味合いになります。アナと雪の女王でも「Love Is an Open Door(愛の扉は開かれてる)」という歌があります。

03. And take care of your stain
「take care of」で「世話をする」という意味ですが、「処理をする、対処する」という意味で使われることもあります。ですので、「その汚れはあなたがどうにかしなければいけない」と訳しました。

04. Put the bullshit to the side
「Put something to the side」で、「〜を端に置いておく」という意味です。ここでは「bullshit(ふざける、嘘など)」とあるので、「嘘はつかないでほしい」と訳しています。

05. But as long as you don’t say
「as long as〜」で、「〜しない限り」という意味です。本当によくでてくるので必ず覚えてください。ですので、「だけど、あなたが何も言わない限り」となります。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください