【Seen It All】の和訳:Jake Bugg(ジェイク・バグ)

今回は、Jake Bugg(ジェイク・バグ)「Seen It All(シーン・イット・オール)」の翻訳をしたいと思います。

「Hurt」は、ジェイク・バグのデビューアルバム「Jake Bugg(2012)」に収録されており、同アルバムから6枚目のシングルカットととして2013年2月にリリースされました。UKシングルスでは61位を記録していますが、アルバムはUKで1位を獲得しています。

ジェイク・バグは、イギリス・ノッティンガム出身のシンガーソングライターです。2012年当時、最も期待のある若手と注目を集めており、ストーン・ローゼス、オアシスなどを彷彿とさせるシンガーです。彼の音楽はこれぞUKロックといえる内容ですが、どこかメロディの中にフォークロックのような哀愁が漂っています。

それでは、まずは聞いてみてください。

Seen It Allの基本情報

曲名:Seen It All(シーン・イット・オール)
アーティスト名:Jake Bugg(ジェイク・バグ)
発売日:2013年02月25日
収録アルバム:Jake Bugg(2012)

「Seen It All:Jake Bugg」の動画


youtubeより

ここから「Seen It All:Jake Bugg」の翻訳開始!

↓↓↓↓↓ ここから歌詞の翻訳です ↓↓↓↓↓

One Friday night I took a pill or maybe two ※01
(ある金曜の夜に僕はドラッグを一錠、もしかしたら二錠飲んで)

Down at the car park I saw everyone I knew
(駐車場に向うと僕がよく知っている顔ぶれを見た)

And before the night had started we had planned to crash a party ※02
(夜になる前に、僕らはどっかのパーティーに参加しようって話し合った)

Just a place that someone knew a local house belonging to a gangster’s crew
(でも、そこは地元で知られたギャングと繋がりのある家だったんだ)

And at the door they shone a light into my face
(入り口で奴らに顔をライトで照らされた)

Have to admit I felt a little out of place
(少しだけ場違いの場所だって感じざるを得なくて)

But I made my way inside past a thousand crazy eyes ※03
(とにかく狂った目をした奴らを横切りながら中に入ったんだ)

Then a friend took me aside said everyone here has a knife
(それから友達の一人が僕に耳打ちしたんだ、奴ら全員ナイフ持ってやがるって)

I’ve seen it all ※04
(全部理解したよ)

I’ve seen it all now
(今、全部わかったんだ)

I swear to God I’ve seen it all
(神にだって誓っていい、僕はすべてを理解したんだ)

Nothing shocks me anymore after tonight
(今夜をきっかけに、もう何が起こってもショックを受けないんだ)

Those little doves had sent my mind and heart a-beating ※05
(白いハトが僕の精神を運んでくると、胸が高ぶりはじめた)

To say I felt weird really doesn’t need repeating
(この奇妙な感じを表現するなら、二回目はいらない)

I could sense the mounting tension the atmosphere of violence
(緊張は高まり、空気は危険に満ちはじめるのを感じる)

And then they took a guy outside and someone stabbed him with a knife
(それから奴らは一人の男を外に連れ出すと持ってたナイフでその男を刺したんだ)

I’ve seen it all
(全部理解したよ)

I’ve seen it all now
(今、全部わかったんだ)

I swear to God I’ve seen it all
(神にだって誓っていい、僕はすべてを理解したんだ)

Nothing shocks me anymore after tonight
(今夜をきっかけに、もう何が起こってもショックを受けないんだ)

I’ve seen it all
(全部理解したよ)

I’ve seen it all now
(今、全部わかったんだ)

I’ve seen it all
(全部理解したよ)

I’ve seen it all now
(今、全部わかったんだ)

I swear to God I’ve seen it all
(神にだって誓っていい、僕はすべてを理解したんだ)

Nothing shocks me anymore after tonight
(今夜をきっかけに、もう何が起こってもショックを受けないんだ)

I’ve seen the light
(そして、僕は光をみた)

But not the kind I would have liked
(でも、それは僕の望むものようなもじゃなかったんだ)

曲の感想とまとめ

Jake Bugg(ジェイク・バグ)

いかがでしたでしょうか?少し意味深な歌詞だったでしょうか。ドラッグがテーマの曲ですが、「I’ve seen it all(全部理解したよ)」がとても印象的でした。現在、アルバムを4枚発表しているジェイク・バグですが、どれもがヒットに繋がっています。この機会にぜひチェックしてみてください。

アコースティックのカバーもカッコいい

YouTubeでアコースティックのカバーを見つけました!結構よかったので、こちらも紹介させて頂きます。

Jake Bugg – Seen It All [Acoustic Cover]

最後に文法・歌詞の説明

それでは最後に文法、歌詞の部分で説明が必要かなと思う部分を少し追記して終わりたいと思います。

01. One Friday night I took a pill or maybe two
「pill」とは、「錠剤」という意味です。金曜の夜にどこかのパーティーに行く前に服用していることから、「MDMA」のようなパーティドラッグだと推測できます。

02. And before the night had started we had planned to crash a party
「crash a party」で、「呼ばれていないパーティーに参加する」という意味になります。ですので、「夜になる前に、僕らはどっかのパーティーに参加しようって話し合った」という訳になります。

03. But I made my way inside past a thousand crazy eyes
「make one’s way」で、「我が道をいく、突き進む」という意味になります。ここでは「way」の後に「inside」があるので、素直に「中に入っていった」となります。

04. I’ve seen it all
直訳すると「私は全部それを見てきた」となります。「見てきた=理解している=ベテラン」というように、物事がすべてわかるという意味になります。若い人が使うと「あー、俺全部理解したわー」という感じですかね。

05. Those little doves had sent my mind and heart a-beating
直訳すると「白いハトが僕の精神を運んでくると、胸が高ぶりはじめた」となります。「白いハト」というのはパーティドラッグの一つエクスタシーのことを指してると推測できます。ここはあえて、直訳にしました。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください