【I Love It】の和訳:Kanye West and Lil Pump(カニエ・ウェスト)

今回は、Kanye West and Lil Pump(カニエ・ウェスト&リル・ポンプ)「I Love It(アイ・ラブ・イット)」の翻訳です。

「I Love It」は、カニエ・ウェストとリル・ポンプがコラボして2018年9月7日にリリースした曲です。ゲストボーカルに、女優でコメディアンでもあるAdele Givens(アデル・ギブンズ)を迎えています。約2分と短い曲ですが、トラックがめちゃくちゃカッコいい曲です。ビルボードでは6位、UKチャートでは3位を記録しています。

【目次】

それでは、お聞きください。


I Love It 基本情報

曲名:I Love It
アーティスト:Kanye West and Lil Pump
出身:ジョージア、フロリダ
ジャンル:ヒップホップ
チャート:6位(ビルボード)
発売日:2018年09月07日
収録アルバム:なし

Kanye West and Lil Pump : I Love It I Love It
Kanye West and Lil Pump
apple music
「I Love It:Kanye West and Lil Pump」の動画


YouTube「I Love It:Kanye West and Lil Pump」より

「I Love It:Kanye West and Lil Pump」の翻訳

※グレイの箇所をクリックすると、解説を見ることができます。

[Adele Givens:]
‘Cause you know in the old days *
(知ってるでしょ、昔はね)

ここのアデル・ギブンズのフレーズは、彼女が1992年に「Def Jam Comedy」に出演した時の発言です。

They couldn’t say the shit they wanted to say
(言いたいことも言えなかったのよ)

They had to fake orgasms and shit
(みんなイッたフリをしなくちゃならなかった)

We can tell niggas today:
(だけど今じゃ、男たちに言えるのよ)

“Hey, I wanna cum, mothafucka!” *
(「ねぇイキたいの、イカせてー」って)

「cum」は、オーガニズムを感じる時の「イク」という意味です。

[Lil Pump:]
You’re such a fuckin’ ho, I love it *
(おまえはクソ最高の女さ、好きなんだ)

「ho」はスラングの「hoe(=bitch)」からきており、「良い女、イカした女」という意味です。

You’re such a fuckin’ ho, I love it
(おまえはクソ最高の女さ、好きなんだ)

[Lil Pump:]
You’re such a fuckin’ ho, I love it
(おまえはクソ最高の女さ、好きなんだ)

(I’ma fuck a bitch, tell her cousin)
(ヤッた後で、彼女のいとこに伝えるのさ)

Your boyfriend is a dork, McLovin (dork) *
(おまえの彼氏はまぬけだな、まるでマクラビンさ)

「dork」は、名詞で「アホ、まぬけ、ださい奴」という意味。「McLovin(マクラビン)」は、コメディ映画「スーパーバッド:童貞ウォーズ」にでてくる未成年のフォーゲルが、酒を買うために作った偽IDに選んだ名前です。こちらがそのシーン。

I just pulled up in a Ghost *
(ただ車を出てきただけなのに)

「Ghost」は、ロールスロイスの「ゴースト」というモデル。
Rolls Royce: model Ghost

Fucked that bitch up out in London *
(ロンドンじゃ、女を卒倒させちまった)

2018年7月8日にイギリスで開催された「Wireless Festival」でライブを行ったリル・ポンプは、一旦歌うのを止めて発作で倒れたファンを助けました。これがその時の動画、尋常じゃない盛り上がりを見せています。

Then I fucked up on her cousin
(ついでに、その女の従兄弟もな)

Or her sister, I don’t know nothin’
(いや姉妹だったか、分からねーや)

And my niggas gettin’ ignorant *
(俺のダチと「イグノラント」を歌えば)

リル・ポンプと下に出てくるSmokepurpp(スモークパープ)が2016年に「Ignorant(イグノラント)」という曲を出しています。

Like a lighter, bitch, we ignant *
(ライターから火を噴くように盛り上がる)

「ignant」は、おそらく「ignite(火をふく、発火する)」のミススペル。

All this water on my neck *
(俺の首はズブ濡れで)

ヒップホップ用語でよく「ice(アイス)」という単語を「ダイヤモンド」に例えて使います。ここでは、「water」を「ダイヤモンド」に例えています。

Look like I fell when I went fishin’
(まるで釣りに行って落ちちまったようさ)

So much diamonds on my bust down *
(つまり俺の持ち物にはダイヤだらけってことさ)

「bust down」で、「ダイアなどがついた高価な宝石」という意味のスラングです。
Lil pump's bust down

Ooh, fuck, what’s the time? (where we at?)
(クソ、今何時だ(俺らはどこにいる))

Me and Smokepurpp sippin’ drank (Purpp!) *
(俺とスモークパープは、リーンを飲んで)

「スモークパープ」は、アメリカのラッパーでリル・ポンプの友達です。「sippin’ drank」は、リーンと言われる紫色の飲み物を指しています。フロリダで人気らしい…。

Ooh, fuck, she take lines *
(マジかよ、あの女コカインやってんぜ)

「lines」は、スラングで「コカイン」のこと。使用する際に線のように整えてから鼻で吸うため「ライン」という表現が使われます。

[Lil Pump & Kanye West:]
You’re such a fuckin’ ho, I love it
(おまえはクソ最高の女さ、好きなんだ)

You’re such a fuckin’ ho, I love it
(おまえはクソ最高の女さ、好きなんだ)

[Kanye West:]
You’re such a fuckin’ ho
(君はクソ最高の女さ)

When the first time they ask you if you want sparklin’ or still? *
(炭酸水か普通の水のどちらがいいですかって初めて聞かれたのいつだ?)

水を頼む時に「still」や「still water」と聞かれたら、「炭酸」が抜いてある普通のお水のことを言います。

Why you tryna act like you was drinkin’ sparklin’ water ‘fore you came out here?
(何でここに来る前に、さも炭酸水を飲んできたように振る舞うんだ)

You’re such a fuckin’ h—
(君はクソ最高の女…)

[Kanye West:]
I’m a sick fuck, I like a quick fuck (whoop!) *
(俺はセックス依存症さ、手早くやるのが好きなんだ)

男性ならご存知のポルノサイト「Pornhub」ですが、カニエ・ウェストもこのサイトの大ファンであることを2018年8月の「ジミー・キンメルの番組」で公表しました。動画を見たい方は、下にリンク貼っておきます。

I’m a sick fuck, I like a quick fuck (whoop!)
(俺はセックス依存症さ、手早くやるのが好きなんだ)

I’m a sick fuck, I like a quick fuck (whoop!)
(俺はセックス依存症さ、手早くやるのが好きなんだ)

I’m a sick fuck, I like a quick fuck (whoop!)
(俺はセックス依存症さ、手早くやるのが好きなんだ)

I’m a sick fuck, I like a quick fuck
(俺はセックス依存症さ、手早くやるのが好きなんだ)

I like my dick sucked, I’ll buy you a sick truck *
(アソコをしゃぶられるのが好きで、君にイカしたトラックを買ってやるさ)

2018年カニエ・ウェストは、奥さんのキム・カーダシアンにネオンカラーのベンツ・Gシリーズを購入してます。どうやら、サプライズだったようです。

View this post on Instagram

💚

Kim Kardashian Snapchats 🍑さん(@kimkardashiansnap)がシェアした投稿 –

I’ll buy you some new tits, I’ll get you that nip-tuck *
(豊胸させてやるさ、整形だってさればいい)

「nip-tuck」は、「整形」という意味。セレブの間では広く一般的に行われています。

How you start a family? The condom slipped up *
(どうやって家庭を持てばいいか?コンドームを付け間違えればいいだけさ)

「slip up」で、「失敗する、間違える」という意味です。

I’m a sick fuck, I’m inappropriate
(俺はセックス依存症さ、狂ってるかもな)

I like hearin’ stories, I like that ho shit
(話を聞くのが好きなんだ、もちろん女がヤッテる話さ)

I wanna hear mo’ shit, I like the ho shit
(もっと聞きたいんだ、女がヤッテる話をな)

Send me some mo’ shit, you triflin’ ho bitch
(だから俺にもっと送って来い、とびっきりの女の奴を)

[Kanye West:]
You’re such a fuckin’ ho, I love it
(おまえはクソ最高の女さ、好きなんだ)

You’re such a fuckin’ ho, I love it
(おまえはクソ最高の女さ、好きなんだ)

[Adele Givens:]
‘Cause you know in the old days
(知ってるでしょ、昔はね)

They couldn’t say the shit they wanted to say
(言いたいことも言えなかったのよ)

They had to fake orgasms and shit
(みんなイッたフリをしなくちゃならなかった)

We can tell niggas today:
(だけど今じゃ、男たちに言えるのよ)

“Hey, I wanna cum, mothafucka!”
(「ねぇイキたいの、イカせてー」って)

解説とまとめ

Kanye West, Lil Pump and Adele Givens

約2分と短く「下ネタ」満載の「I Love It」は、カニエ・ウェストとリル・ポンプの初めてのコラボ曲です。シカゴのラジオ番組「Power 92.3 Chicago」に出演した際に、カニエは「リル・ポンプがお気に入りのアーティストの一人になった」と語っており、今後もコラボが増えそうです。

ミュージックビデオでは、カニエとリルが巨大なスーツを着用しアデル・ギブンズのお尻を追いかけていきます。2人が着ているスーツがゲームの「Roblox」みたいと指摘されたことで、カニエはこれを認め「じゃあ、Robloxバージョンも作らないとな」とコメントしています。

「I Love It」で着ているスーツが意外な盛り上がりをみせている!

ディープなトラックに下ネタの内容、そしてポップなスーツがマッチして、ウェブ上で意外な盛り上がりを見せパロディが続出しています。ジェームズ・コーデンのレイト・レイト・ショーでは早速パロってました。面白い!

‘You’ll Love It’ – Kanye West/Lil Pump Parody

最後に感想を

久しぶりにカニエ節が炸裂した一曲かなと思いました。トラックがやけにカッコいいし、カニエのラップは最高ですね。アデル・ギブンズに指をさされた時の目線を反らす所も何とも言えない可愛いさが出てます。

誰かを攻撃するようなラップもいいですが、僕はやっぱりこんな感じの内容のラップが好きですね。ビルボードで初週で6位と好調のようで、ドレイクの牙城を崩せるかが期待ですね。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

Kanye West and Lil Pump : I Love It I Love It
Kanye West and Lil Pump
apple music
この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください