【Thunderclouds】の和訳:LSD(エル・エス・ディー)

今回は、LSD(エル・エス・ディー)「Thunderclouds(サンダークラウズ)」の翻訳です。

「Thunderclouds」は、LSDが2018年8月9日にリリースした曲です。LSD結成から3枚目となる今回の曲は、理想や夢の裏側にある不安や恐怖、そして信頼していたモノからの裏切りによって人が成長してく様子が描かれた作品です。UKチャートでは57位、オーストラリアでは69位を記録しています。

メモ:LSDとは

LSDとは、イギリスのシンガー「Labrinth(ラビリンス)」と、チープスリルでお馴染みの「Sia(シーア)」、DJ兼プロデューサーの「Diplo(ディプロ)」が組んだコラボプロジェクトです。それぞれの頭文字をとって「LSD」と付けられました。ドラッグではありません。

【目次】

それでは、お聞きください。


Thunderclouds 基本情報

曲名:Thunderclouds
アーティスト:LSD
出身:英国、豪州、米国
ジャンル:ポップ、エレクトロポップ
チャート:57位(UK)
発売日:2018年08月09日
収録アルバム:なし

LSD : Thunderclouds Thunderclouds
LSD
apple music
「Thunderclouds:LSD」の動画


YouTube「Thunderclouds:LSD」より

「Thunderclouds:LSD」の翻訳

※グレイの箇所をクリックすると、解説を見ることができます。

All I need is one
(欲しいのは一つだけ)

One old man is enough
(一人の老人がいれば十分だ)

Babe, you got it wrong
(ベイビー、あなたは間違っていた)

Just turn your fears into trust, to trust
(怖れることから信頼することに変えるの、信じるの)

Where’d the love go
(愛はどこへ行くのだろうか)

When all is said and done
(いつすべては語られ、いつ終わるのか)

Hey now I got your hands in the air
(今、空中で君の手を掴んだら)

I’mma go through your stuff
(ただすり抜けてしまうんだ)

Where’d the love go?
(愛はどこへ行くのだろうか)

You put the running into run *
(あなたは逃げ続けている)

ここは僕が意訳をしています。ここの一文だけはどう足掻いても訳すことができませんでした。後々にSIAとかのインタビュー記事などで説明があると思うので、解説を見つけ次第追記します。

You asking me to stay
(君はここにいてほしいと言うけれど)

But I never met a girl I could trust
(信じることのできる女の子には出会ったことないんだ)

You’re sayin’ those words like you hate me now
(君は今、僕が嫌いになったような言葉を吐きかける)

Our house is burning when you’re raised in hell *
(君が怒りに身を任せる程、僕らの家は燃えていく)

「be raised in hell(地獄で育つ)」という意味ですが、よく意味がわかりません。辞書を引くと「raise hell」という慣用句があり、「他の人の考えを改めるために強く説得する」とあります。ここでは喧嘩をしている様子が伺えるので少し意訳して「怒りに身を任せれば」としています。また「家」とは、「二人の関係」を意味しているものだと思います。
※Collins Dictionary「to raise hell」より

Here in the ashes your soul cries out
(灰の中に残ったモノは、君の魂の叫び声だ)

But don’t be afraid of these thunderclouds *
(だけど、この雷雲を怖がらなくていい)

「thunderclouds(雷雲)」は、「魂の叫び」を意味しています。

These thunderclouds, oh no
(この雷雲を怖がらなくていい)

These thunderclouds, oh no, no
(この雷雲を怖がらなくていい)

All I need is love
(必要なのは愛だけだ)

All I need is a word
(必要なのは一言だけだ)

All I need is us
(必要なのは僕ら自身なんだ)

You turn nouns into verbs, to verbs *
(君は名詞から動詞に変えたんだ、動詞に)

文法を勉強をしてる人なら分かると思います。「noun」とは「名詞」という文法用語で、「verb」とは「動詞」という意味です。例えば、「愛」から「愛すること」に変えた、みたいな感じですね。

Where’d the love go
(愛はどこへ行くのだろうか)

When all is said and…
(いつすべては語られるのか、そして…)

Hey now put your hands in the air
(今、空中で君の手を掴んだら)

I’mma go through your stuff
(ただすり抜けてしまうんだ)

Where did love go?
(愛はどこへ行くのだろうか)

You put the running into run
(あなたは逃げ続けている)

You asking me to stay
(君はここにいてほしいと言うけれど)

But I never met a man I could trust
(信じることのできる女の子には出会ったことないんだ)

You’re sayin’ those words like you hate me now
(君は今、僕が嫌いになったような言葉を吐きかける)

Our house is burning when you’re raised in hell
(君が怒りに身を任せる程、僕らの家は燃えていく)

Here in the ashes your soul cries out
(灰の中に残ったモノは、君の魂の叫び声だ)

But don’t be afraid of these thunderclouds
(だけど、この雷雲を怖がらなくていい)

These thunderclouds, oh no
(この雷雲を怖がらなくていい)

These thunderclouds, oh no, no
(この雷雲を怖がらなくていい)

These thunderclouds, oh no
(この雷雲を怖がらなくていい)

These thunderclouds, oh no, no
(この雷雲を怖がらなくていい)

These thunderclouds
(この雷雲を)

These thunderclouds
(この雷雲を)

These thunderclouds
(この雷雲を)

解説とまとめ

Labrinth, Diplo and Madison Ziegler

シーアとディプロ、そしてラビリンスが組んだLSDのシングルも、今回の「Thunderclouds」で3曲目となりました。おそらく2018年中にアルバムがリリースされそうです。

「Thunderclouds(雷雲)」と付けられたタイトルは、理想や夢の裏側にある不安や恐怖、そして信頼していたモノからの裏切りによって人が成長してく様子が描かれた作品です。愛のない言葉を吐きかけられたことによって傷ついた後に残るモノは、「魂の叫び=雷雲のようなモノ」だけです。だけど、それは自身の本当の気持ちを表しており、何も怖れる必要はなく愛すべき存在だということです。

「Thunderclouds」の公式MVが公開された!

2018年8月30日に、「Thunderclouds」の公式ミュージックビデオが公開されました。シーアのMVにいつも出演している、ダンサーのマディー・ジーグラーを起用し、「不思議の国のアリス」のような感じの作品に仕上がっています!

LSD – Thunderclouds

最後に感想を

シーアとラビリンスの歌声が良い感じで融合し、めちゃくちゃカッコよく仕上がってると感じました。やはりシーアが絡むとシーア色が強くなり、ディプロがどこに行ったのかなと思いますよね。だけど、一番最初にリリースされた「Genius」はディプロっぽくなっています。

LSD – Genius

それにしても、LSDっていうグループ名は頭文字を取ったと言ってもいろいろな意味を想像してしまいます。ミュージックビデオを見てもそんな感じだし、きっとあれなんでしょうね。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

LSD : Thunderclouds Thunderclouds
LSD
apple music
この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください