ノルウェーのヒップホップデュオ:Nico & Vinz(ニコ&ヴィンス)おすすめ曲紹介

今回は、ノルウェー・オスロ出身の超人気ヒップホップデュオ「Nico & Vinz(ニコ&ヴィンス)」を紹介していきたいと思います。Nico & Vinzは名前の通り、Nicolay Sereba(ニコ・セレバ)Vincent Dery(ヴィンセント・デリー)から成る2人組ラッパーデュオです。

ニコ&ヴィンスは、2人共西アフリカにルーツをもっており、様々な音楽ポップ、レゲエ、ヒップホップ、ソウルを合わせたような音楽が特徴的です。元々は「Envy(エンヴィ)」という名前で活動していましたが、混同を避けるために「Nico & Vinz」に変更しました。スカンジナビア地域で爆発的な人気を持つ彼らを早速チェックしていきましょう。

Nico & Vinzの基本情報

グループ名:Nico & Vinz(ニコ&ヴィンス)
メンバー:Nicolay Sereba(ニコ・セレバ)、Vincent Dery(ヴィンセント・デリー)
出身:ノルウェー・オスロ
活動時期:2010年 – 現在
     2010年 – 2012年(Envyとして)  
ジャンル:アフロビート、ヒップホップ、R&B
備考:最初Envyとして活動していましたが2013年4月に米国のワーナーレコードとの契約により、他の同名アーティストとの混同をさけるためにEnvyからNico&Vinzに変更しました。
HP:【公式サイト】Nico & Vinz
FB:【公式Facebook】Nico & Vinz

Nico & Vinz(ニコ&ヴィンス)の簡単な歴史

Nico & Vinz(ニコ&ヴィンス)

ニコもヴィンスもノルウェー人ですが、ルーツはお互い西アフリカにあります。ニコのルーツはコートジボワールで英語、ノルウェー語、フランス語を話すことができ、ヴィンスのルーツはガーナで英語、ノルウェー語、ダガリ語を話すことができます。

活動初期は上記の説明であった通り「Envy」として活動していました。2011年に世界最大のアマチュア・バンド・コンテストの「Emergenza Festival(エマージェンザ・フェスティバル)」で優勝を勝ち取ると、6月にはデビューシングル「One Song」をリリースします。新人アーティストながらノルウェーのチャートで19位を記録。翌年2012年4月には待望の1stアルバム「The Magic Soup and the Bittersweet Faces」をリリースします。

Nico & Vinz : envy

2013年4月にワーナーブラザーズと契約し改名をした後に、同月12日に「Am I Wrong」をリリースし、スカンジナビア(ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマークなど)各国で爆発的ヒットを記録します。さらに14年春には米国でもデビューをはたし米国ビルボードで最高4位と世界的に名前が知られるようになりました。

Nico & Vinz(ニコ&ヴィンス)

2014年9月16日には2ndアルバム「Black Star Elephant」をリリース、ノルウェーでは1位、米国ビルボードでは45位となっています。さらに、同年にDavid Guettaのアルバム「Listen」のトラックに参加、映画「Good Lie」には彼らの曲「Find a Way」が使われ、EAスポーツのFIFA15でも「When the Day Comes」がトラックに追加されました。最終的に2014年度のノルウェー版グラミー賞と呼ばれる「Spellemannprisen(スペルマン賞)」を受賞するなど、この年は彼らにとって激動の1年となりました。

その後も順調に曲を出し続けており、おそらく3枚目のアルバムもそろそろかなと思います。アフリカの独特の音楽に彼らの培ってきた音楽を混ぜ合わせるサウンドは、「新時代のネイチャー・サウンド」と言われ、今後も期待されるヒップホップデュオです。

Nico & Vinz(ニコ&ヴィンス)の動画を紹介

それでは、曲と動画を紹介していきたいと思います。聞きやすい曲だったり、リズミカルな曲などカッコいい曲をいくつか紹介していきます。

01.「One Song」

Nico & Vinzのデビューシングル「One Song」。ゆっくりとした曲調に心地よいラップが特徴的な曲です。これを聞けば彼らの音楽がどういったものか絶対に分かるはず!1stアルバム「The Magic Soup and the Bittersweet Faces」に収録されています。

02.「Am I Wrong」

Nico & Vinzの2枚目のシングルで世界的にヒットを記録した曲です。Nico & Vinzと言ったら「Am I Wrong」と言っても過言ではありません。北欧をを中心にヒットをし、米国ビルボードでも4位など世界各国のチャート上位にランクインした曲です。

03.「In Your Arms」

Nico & Vinzの3枚目のシングルで、2ndアルバム「Black Star Elephant」に収録されてる曲です。ノルウェーで4位、オーストラリアで17位、米国ビルボードでは72位でした。

04.「When the Day Comes」

2ndアルバム「Black Star Elephant」に収録されてる曲で、シングルカットされた曲です。EAスポーツのFIFA15のサウンドトラックにもなった、隠れた名曲です。

05.「That’s How You Know feat. Kid Ink & Bebe Rexha」

シンプルな曲調にポップなラップが特徴的な曲で、カリフォルニア出身のラッパーKid Inkとブルックリン出身のBebe Rexhaをフィーチャリングした曲です。

06.「Hold it Together」

2016年に入って1発目に公開した曲です。どこか悲しみのあるメロディに、タイトルの「Hold it Together(一緒にいる)」というメッセージが突き刺さる一曲です。

07.「Praying To A God」

こちらも2016年3月にリリースした曲です。このフレーズ「She’s praying to a god who won’t talk back(彼女は返答をしない神に祈っている)」がとても印象的な曲です。個人的には彼らの中で最も好きな曲です。

08.「Intrigued」

2017年06月22日に公開された曲です。「Intrigued」とは、「~に興味(好奇心)をそそられる」という意味。トラックがめちゃくちゃかっこ良いです。

Nico & Vinz(ニコ&ヴィンス)のまとめ

いかがでしたでしょうか。もっと紹介したかったのですが、Nico & Vinzがどのうような感じの音楽か分って頂けたかと思います。特に2ndアルバム「Black Star Elephant」はアフリカっぽい音楽とレゲエを組み合わせた曲が多く、個人的には良いアルバムだと思ってます。もし興味があればぜひ聞いてみてください。

少し前になりますが、僕は「Nico & Vinz」を聞いて、「Def Tech」を思い出しました。2人組だし、音楽もどこか南国風な所が似てるのかなと思いました。

それでは、今日はこの辺りで!
この記事を読んで頂いてありがとうございました。

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確な情報を掲載したいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください