【Sugar】の和訳:Robin Schulz(ロビン・シュルツ)

今回は、Robin Schulz(ロビン・シュルツ)「Sugar feat. Francesco Yates(シュガー feat. フランチェスコ・イエーツ)」の翻訳です。

「Sugar」は、ロビン・シュルツの2ndアルバム「Sugar」に収録されており、2015年7月にリードシングルとしてリリースされました。ボーカルには、カナダのシンガーFrancesco Yates(フランチェスコ・イエーツ)を迎えています。ドイツでは1位、ビルボードで44位、UKチャートで21位とヨーロッパを中心にヒットを記録しました。

【目次】

それでは、お聞きください。


Sugar 基本情報

曲名:Sugar
アーティスト:Robin Schulz feat. Francesco Yates
出身:ニーダーザクセン(ドイツ)
ジャンル:ハウス、EDM
チャート:1位(ドイツ)
発売日:2015年07月17日
収録アルバム:Sugar

Robin Schulz : Sugar Sugar
Robin Schulz feat. Francesco Yates
apple music
「Sugar:Robin Schulz」の動画


YouTube「Sugar:Robin Schulz」より

「Sugar:Robin Schulz」の翻訳

※グレイの箇所をクリックすると、解説を見ることができます。

She got cherry lips, angel eyes
(チェリーのような唇に、天使のような瞳)

She knows exactly how to tantalize *
(彼女はどうやって焦(じ)らすのかを心得てる)

「tantalize」は、「じらす、じらして苦しめる」という意味です。

She’s out to get you, danger by design *
(思い通りに男を危険にさらす)

「out to」で「〜しようとしている」という意味、「danger by design」で「意図的な危険」という意味です。

Cold-blooded vixen, she don’t compromise *
(冷酷な悪い女さ、妥協などしない)

「Cold-blooded」で「冷酷な、冷血な」という意味、「vixen」は「悪い女、口やかましい女」という意味です。

She’s somethin’ mystical in colored lights
(彼女はまるでネオンの中にいるミステリアスな存在だ)

So far from typical, but take my advice
(普通じゃないのさ、だから気をつけろよ)

Before you play with fire, do think twice *
(火遊びする前に、よく考え直した方がいい)

「do think twice」の「do」は、「強調」を表す文法用法で、「do + 動詞の原型」でよく用いられます。ですので、「マジでよく考えろよ」という感じになります。

And if you get burned, don’t be surprised
(火傷するようなことがあっても、驚くことじゃないさ)

Got me lifted, drifted higher than the ceilin’ *
(僕をハイにさせる、まるで天井を突き抜けて漂ってるように)

「get lifted」は、スラングで「気分が上がる」という意味です。また、ここの表現は「マリファナ」を使ってる表現ということも考えられます。「drifted」がスラングで「漂う=マリファナを吸って良い気分」という意味もあったり、ここからサビにかけてはベイビー・バッシュの「Suga Suga」から歌詞もそのままサンプリングしてるからです。
※Urban Dictionary「get lifted」より
「Baby Bash – Suga Suga

Oh, baby, it’s the ultimate feelin’
(ベイビー、最高の気分なんだ)

You got me lifted, feelin’ so gifted
(僕をハイにさせる、幸せな気分すら感じる)

Sugar, how you get so fly? *
(シュガー、君は何でそんなに最高なんだ)

「Sugar」はそのまま訳していますが、翻訳するなら「愛しい君」などが当てはまるかと思います。また、「fly」はスラングで「クール、最高、カッコいい」といった意味があります。
※Urban Dictionary「fly」より

Sugar, how you get so fly? *
(シュガー、君は何でそんなに最高なんだ)

サビにかけてはベイビー・バッシュの「Suga Suga」から歌詞もそのままサンプリングしています。
「Baby Bash – Suga Suga

Sugar, how you get so fly?
(シュガー、君は何でそんなに最高なんだ)

Sugar, how you get so fly?
(シュガー、君は何でそんなに最高なんだ)

Sugar, how you get so fly?
(シュガー、君は何でそんなに最高なんだ)

Sweet-talkin’ lady, love how you entice
(甘い言葉で愛をささやき、男を誘惑する)

Sugar with just the right amount of spice
(彼女には数多(あまた)のスパイスが効いている)

Charmin’, allurin’, everyone’s desire
(美しさと色気をまとい、皆を魅了する)

She’s out to get you – you can’t run, you can’t hide
(狙いを定めれば、逃れることも隠れることもできないのさ)

She’s somethin’ mystical in colored lights
(彼女はまるでネオンの中にいるミステリアスな存在だ)

So far from typical, but take my advice
(普通じゃないのさ、だから気をつけろよ)

Before you play with fire, do think twice
(火遊びする前に、よく考え直した方がいい)

And if you get burned, don’t be surprised
(火傷するようなことがあっても、驚くことじゃないさ)

Got me lifted, drifted higher than the ceilin’
(僕をハイにさせる、まるで天井を突き抜けて漂ってるように)

Oh, baby, it’s the ultimate feelin’
(ベイビー、最高の気分なんだ)

You got me lifted, feelin’ so gifted
(僕をハイにさせる、幸せな気分すら感じる)

Sugar how you get so fly?
(シュガー、君は何でそんなに最高なんだ)

So fly…
(最高なんだ…)

Sugar, how you get so fly?
(シュガー、君は何でそんなに最高なんだ)

Sugar, how you get so fly?
(シュガー、君は何でそんなに最高なんだ)

So, sugar, sugar, how you get so fly?
(なぁシュガー、君は何でそんなに最高なんだ)

But you won’t get me tonight
(でも、今夜は僕を虜にはしないんだ)

Got me lifted, drifted higher than the ceilin’
(僕をハイにさせる、まるで天井を突き抜けて漂ってるように)

Oh, baby, it’s the ultimate feelin’
(ベイビー、最高の気分なんだ)

You got me lifted, feelin’ so gifted
(僕をハイにさせる、幸せな気分すら感じる)

Sugar, how you get so fly?
(シュガー、君は何でそんなに最高なんだ)

Sugar, how you get so fly?
(シュガー、君は何でそんなに最高なんだ)

Sugar, how you get so fly?
(シュガー、君は何でそんなに最高なんだ)

Sugar, how you get so fly?
(シュガー、君は何でそんなに最高なんだ)

Sugar, how you get so fly?
(シュガー、君は何でそんなに最高なんだ)

解説とまとめ

2015年にドイツ、オーストリア、スイスなどヨーロッパを中心に7ヶ国以上で1位を獲得したロビン・シュルツの「Sugar」は、ロビンのキャリアの中でも最高のヒットソングとなりました。

「Sugar」のサンプリグには、2003年にヒットしたベイビー・バッシュの「Suga Suga」を使用しています。原曲は甘いメロチューンですが、「Sugar」は男を誘惑し手玉にとる女を描いたロックな感じでアレンジされています。

【サンプリング】Baby Bash – Suga Suga ft. Frankie J

「Sugar」のアコースティックバージョン

今回のボーカルに迎えられてるフランチェスコ・イエーツによるアコースティックバージョンです。カーリーヘアーがとっても素敵です。

Francesco Yates – Sugar [Acoustic Version]

最後に感想を

サンプリングにベイビー・バッシュの「Suga suga」を使用してるとは最初わからないほど、カッコよくアレンジされているなと感じました。「Suga suga」は2003年に日本でも凄い流行っていて、おそらくR&B好きなら知らない人はいないという感じの曲です。

ロック風なアレンジに加え、ボーカルのフランチェスコ・イエーツの声も原曲に負けて劣らずセクシーボイスで、最高にカッコいい一曲かなと思います。ちなみに、イエーツは当時20歳とベビーフェイスをかましています。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

Robin Schulz : Sugar Sugar
Robin Schulz feat. Francesco Yates
apple music
この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください