【When You Say Nothing at All】の和訳:Ronan Keating(ローナン・キーティング)

今回は、Ronan Keating(ローナン・キーティング)「When You Say Nothing at All」の翻訳をしたいと思います。

「When You Say Nothing at All」は、ローナン・キーティングのデビューソロシングルとして1999年7月にリリースされました。元々は1988年にリリースされたKeith Whitley(キース・ウィットレイ)の曲ですが、映画「ノッティングヒルの恋人」のサントラのために、当時超人気だった「ボーイゾーン」からソロになったローナンが起用されました。UKチャートでは1位、アイルランドでも1位を記録しています。

それでは、まずは聞いてみてください。

When You Say Nothing at All 基本情報

曲名:When You Say Nothing at All
アーティスト:Ronan Keating
ジャンル:ポップ
チャート:1位(UK)
発売日:1999年07月26日
収録アルバム:Notting Hill(サントラ)、Ronan(Ronan Keating)

Ronan Keating : When You Say Nothing at All When You Say Nothing at All
Ronan Keating
apple music
「When You Say Nothing at All:Ronan Keating」の動画


YouTube「When You Say Nothing at All:Ronan Keating」より

ここから「When You Say Nothing at All:Ronan Keating」の翻訳開始!

↓↓↓↓↓ ここから歌詞の翻訳です ↓↓↓↓↓

It’s amazing how you can speak right to my heart
(君が僕の心に直接話しかけるのってすごい事だと思うんだ)

Without saying a word, you can light up the dark
(何も言わなくても、君は暗闇に光を照らしてくれる)

Try as I may I can never explain
(説明してみようって思うけどできないけれど)

What I hear when you don’t say a thing
(何も言わなくても僕には聞こえてる)

The smile on your face lets me know that you need me
(君の笑顔は「あなたが必要よ」って僕に教えてくれる)

There’s a truth in your eyes saying you’ll never leave me
(君の瞳は「あなたのそばを絶対に離れない」って言ってるのも分かるんだ)

The touch of your hand says you’ll catch me wherever I fall
(君の手に触れると「落ち込んでいる時は私が助ける」って言ってる)

You say it best when you say nothing at all
(何も言わない時に、君は大切なことを伝えてくれるんだ)

All day long I can hear people talking out loud
(一日中、誰かがうるさく喋っているのが聞こえてくる)

But when you hold me near, you drown out the crowd
(だけど君に抱きしめられると、そんな雑踏をかき消してくれるんだ)

Try as they may they could never define
(確かめようとしても、絶対にわからない)

What’s been said between your heart and mine
(君の心と僕の心がどんなに通じ合ってるのかなんて)

The smile on your face lets me know that you need me
(君の笑顔は「あなたが必要よ」って僕に教えてくれる)

There’s a truth in your eyes saying you’ll never leave me
(君の瞳は「あなたのそばを絶対に離れない」って言ってるのも分かるんだ)

The touch of your hand says you’ll catch me wherever I fall
(君の手に触れると「落ち込んでいる時は私が助ける」って言ってる)

You say it best when you say nothing at all
(何も言わない時に、君は大切なことを伝えてくれるんだ)

Oh, the smile on your face lets me know that you need me
(君の笑顔は「あなたが必要よ」って僕に教えてくれる)

There’s a truth in your eyes saying you’ll never leave me
(君の瞳は「あなたのそばを絶対に離れない」って言ってるのも分かるんだ)

The touch of your hand says you’ll catch me wherever I fall
(君の手に触れると「落ち込んでいる時は私が助ける」って言ってる)

You say it best, you say it best, when you say nothing at all
(何も言わない時に、君は大切なことを伝えてくれるんだ)

You say it best when you say nothing at all
(何も言わない時に、君は大切なことを伝えてくれるんだ)

You say it best when you say nothing at all
(何も言わない時に、君は大切なことを伝えてくれるんだ)

That smile on your face
(君の笑顔が)

The truth in your eyes, the touch of your hand
(君の瞳に映る真実、そして君の手に触れると)

Let’s me know that you need me
(何も言わない時に、君は大切なことを伝えてくれるんだ)

You say it best when you say nothing at all
(何も言わない時に、君は大切なことを伝えてくれるんだ)

You say it best when you say nothing at all
(何も言わない時に、君は大切なことを伝えてくれるんだ)

Ronan Keating : When You Say Nothing at All When You Say Nothing at All
Ronan Keating
apple music

曲の感想とまとめ

Ronan Keating(ローナン・キーティング)

いかがでしたでしょうか?彼氏、彼女の強い信頼関係がよく伝わって来る曲ですよね。1999年の映画「ノッティングヒルの恋人」の中で使われていたので聴いたことあるという人も多かったのではないでしょうか?シンガーのローナン・キーティングは元々Boyzone(ボーイゾーン)という90年代に一世風靡したグループにいました。「Love Me for a Reason」、「No Matter What」、「Picture of You」などが有名な曲ですので一度聞いてみてはいかがでしょうか?

原曲「When You Say Nothing at All」を紹介!

「When You Say Nothing at All」の原曲はアメリカのフォークシンガー、キース・ウィットレイが1988年にリリースしたものです。原曲を聞くとローナンのバージョンがアイリッシュ風にアレンジされているのが分かります。

Keith Whitley – When You Say Nothing at All

最後に文法・歌詞の説明

今回はあまり難しい文法や表現がなかったので、歌詞の説明は省かせて頂きます。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

この記事を書いた人
nakano

オンガクガトマラナイで記事を書いておりますnakanoです。普段はフォトグラファーや翻訳のお仕事をしています。以前フィリピンに住んでいた時によく聞いていた音楽を翻訳しながら紹介していきたいと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください