【Jackie Chan(ジャッキー・チェン)】の和訳:Tiësto & Dzeko(ティエスト&ジェコ)

今回は、Tiësto & Dzeko(ティエスト&ジェコ)「Jackie Chan feat. Preme & Post Malone(ジャッキー・チェン feat. プリーム&ポスト・マローン)」の翻訳をしたいと思います。

「Jackie Chan」は、2018年5月18日にオランダのDJ「ティエスト」、カナダのDJ「ジェコ」、カナダのラッパー「プリーム」とポスト・マローンによるコラボ曲です。元々はプリームとポスト・マローンが5月4日にリリースしたものですが、ティエストとジェコがリミックスし、大ヒットを記録しています。ビルボードでは60位ですが、UKチャートでは5位を記録しており、徐々にチャート上位に上がってきています。

「Jackie Chan」の意味とは?

「Jackie Chan(ジャッキー・チェン)」というタイトルですが、ジャッキーとはあまり関係ありません。サビの箇所で「Now your bitch wanna kick it, Jackie Chan」とありますが、「kick it」はスラングで「chilling out(楽しむ、リラックス)」という意味。「キック」という単語を使ってるので、そこから連想された「ジャッキー」を出した言葉遊びです。なので「女の子はみな楽しんでる、だけどキックと言えばジャッキーだよな」みたいな感じです。

それでは、まずはお聞きください。

Jackie Chan 基本情報

曲名:Jackie Chan
アーティスト:Tiësto & Dzeko ft. Preme & Post Malone
ジャンル:ヒップホップ
チャート:5位(UK)
発売日:2018年05月18日
収録アルバム:なし

Tiësto & Dzeko : Jackie Chan feat. Preme & Post Malone Jackie Chan
Tiësto & Dzeko ft. Preme & Post Malone
apple music
「Jackie Chan:Tiësto & Dzeko ft. Preme & Post Malone」の動画


YouTube「Jackie Chan:Tiësto & Dzeko ft. Preme & Post Malone」より

ここから「Jackie Chan:Tiësto & Dzeko ft. Preme & Post Malone」の翻訳開始!

↓↓↓↓↓ ここから歌詞の翻訳です ↓↓↓↓↓

[Post Malone:]
She say she’s too young, don’t want no man
(彼女は言う、まだ若いから男は必要ないって)

So she gon’ call her friends, now that’s a plan
(だから友達に電話をする、それが今やりたいことなんだ)

I just ordered sushi from Japan
(俺はさっきスシを日本から注文したんだ)

Now your bitch wanna kick it, Jackie Chan ※01
(可愛い子たちは楽しんでる、まぁキックといやジャッキーだけどな)

[Preme:]
Drop top, how we rollin’ down on Collins South Beach (yeah) ※02
(オープンカーに乗り、サウスビーチのコリンズ通りを駆け抜ける)

Look like Kelly Rowland, this might be my destiny (yeah) ※03
(ケーリー・ローランドのように美人だ、マジで運命かもしれねぇ)

She want me to eat it, I guess dinner’s on me (I got you, babe)
(彼女は俺を味見したい、ディナーは俺におごらせて(分かってるさ))

Know I got the sauce like a fuckin’ recipe (ohh) ※04
(イカしたレシピのような才能が俺にはある)

She just wanna do it for the ‘Gram (you know, you know)
(彼女はただインスタに夢中で(分かってるだろ))

She just want this money in my hand (I know, you know)
(俺の金がほしいだけなのさ(分かってるさ))

I’ma give it to her when she dance, dance, dance (ayy)
(だから踊りまくってくれたら、金をくれてやるんだ)

She gon’ catch an Uber out to Calabasas
(んで、彼女はカラバラスに行きの車を拾うのさ)

[Post Malone:]
She say she’s too young, don’t want no man
(彼女は言う、まだ若いから男は必要ないって)

So she gon’ call her friends, now that’s a plan
(だから友達に電話をする、それが今やりたいことなんだ)

I just ordered sushi from Japan
(俺はさっきスシを日本から注文したんだ)

Now your bitch wanna kick it, Jackie Chan
(可愛い子たちは楽しんでる、まぁキックといやジャッキーだけどな)
【※繰り返し ×2】

Now your bitch wanna kick it, Jackie Chan
(可愛い子たちは楽しんでる、まぁキックといやジャッキーだけどな)

[Preme:]
I think you got the wrong impression ‘bout me, baby (‘bout me, baby)
(君は何か俺について勘違いをしてるぜ、ベイビー(俺についてな))

Just ‘cause they heard what hood I’m from they think I’m crazy (they think I’m crazy)
(みんな俺の地元を聞いて、俺のことを馬鹿だと思ってやがる(馬鹿だと思ってやがる))

Okay, well maybe just a little crazy (just a little)
(OK、イカれてるのは少しだけさ(少しだけなんだ))

‘Cause I admit I’m crazy ‘bout that lady, yeah (oh)
(なぜって、俺はあの女に夢中だからさ)

Finger to the world, it’s fuck you, pay me (I been slavin’)
(世界に中指を立てる、クソくらえ、金を払いなって感じで(あくせく働いてきたんだ))

Run the pussy ‘cause I’m runnin’ out of patience
(女のケツを追っかける、我慢はしてきたんだ)

No more waitin’ no, no (ayy)
(これ以上は待てないぜ)

Bouncin’ like a yo-yo (ayy)
(ヨーヨーみたいに腰を振る)

Livin’ life on fast forward but we fuck in slow mo’, yeah
(早送りみたいに人生を生きてるが、愛し合う時はスローに楽しむのさ)

[Post Malone:]
She say she’s too young, don’t want no man
(彼女は言う、まだ若いから男は必要ないって)

So she gon’ call her friends, now that’s a plan
(だから友達に電話をする、それが今やりたいことなんだ)

I just ordered sushi from Japan
(俺はさっきスシを日本から注文したんだ)

Now your bitch wanna kick it, Jackie Chan
(可愛い子たちは楽しんでる、まぁキックといやジャッキーだけどな)
【※繰り返し ×2】

Now your bitch wanna kick it, Jackie Chan
(可愛い子たちは楽しんでる、まぁキックといやジャッキーだけどな)

[Post Malone:]
I can’t wait for the show, oh, oh
(ショーが待ちきれないんだ)

Got that good, yeah, I know, oh, oh
(最高の気分さ、分かってる)

You should not be alone, oh, oh
(君は一人じゃないだろ)

All this drink got me throwed, oh, oh
(すべての酒に酔いしれる)

Club got me right
(クラブが俺をハイにして)

And I feel so alive (ayy)
(生きてる実感をくれるんだ)

She don’t want a thing
(彼女は何も望んじゃいない)

She don’t wanna be no wife (ayy)
(「夫人(既婚者)」って奴になんかなりたくない)

She just wanna stay all night
(ただ一晩中ここにいて)

She just wanna sniff the white (ayy)
(白い粉(ドラッグ)を吸ってたいのさ)

Can’t tell her nothing, no
(何も言うことはないがな)

Can’t tell her nothing, no
(何も言うことはない)

She say she’s too young, don’t want no man
(彼女は言う、まだ若いから男は必要ないって)

So she gon’ call her friends, now that’s a plan
(だから友達に電話をする、それが今やりたいことなんだ)

I just ordered sushi from Japan
(俺はさっきスシを日本から注文したんだ)

Now your bitch wanna kick it, Jackie Chan
(可愛い子たちは楽しんでる、まぁキックといやジャッキーだけどな)

Tiësto & Dzeko : Jackie Chan feat. Preme & Post Malone Jackie Chan
Tiësto & Dzeko ft. Preme & Post Malone
apple music

曲の感想とまとめ

いかがでしたでしょうか?夏らしい軽快なリズムに、プリームとポスト・マローンのラップが何とも心地よい一曲でした。元々は、プリームとポスト・マローンが先にリリースしたこちらのバージョンでした。

これをDJのティエストとジェコがアレンジして、今のような形になりました。原曲を聞くと、アレンジバージョンがかなりアップテンポでリズミカルになっているのが分かります。現在、徐々にチャート上位に上がってきており、どこまで売上が伸びるかも注目されています。

最後に文法・歌詞の説明

それでは最後に文法、歌詞の部分で説明が必要かなと思う部分を少し追記して終わりたいと思います。

01. Now your bitch wanna kick it, Jackie Chan
「kick it」は、スラングで「chilling out(楽しむ、リラックス)」と同じ意味。「キック」という単語を使ってるので、そこから連想して「ジャッキー」を出してきた言葉遊びです。ですので、「可愛い子たちは楽しんでる、まぁキックといやジャッキーだけどな」という訳にしました。
※参考元:The Free Dictionary「kick it」より

02. Drop top, how we rollin’ down on Collins South Beach
「drop top」は、「オープンカー」の意味。また、サウスビーチはフロリダにあります。ですので、「オープンカーに乗り、サウスビーチのコリンズ通りを駆け抜ける」という訳になります。

03. Look like Kelly Rowland, this might be my destiny
「ケーリー・ローランド」は、R&Bシンガーで元デスティニーズ・チャイルドのメンバーです。今でも美人ですね。

04. Know I got the sauce like a fuckin’ recipe
「I got the sauce」は、スラングで「才能がある」という意味。なので、「イカしたレシピのような才能が俺にはある」という訳にしました。
※参考元:Urban Dictionary「I got the sauce」より

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください