【Dying Inside To Hold You】の和訳:Timmy Thomas(ティミー・トーマス)

今回は、Timmy Thomas(ティミー・トーマス)「Dying Inside To Hold You」の翻訳をしたいと思います。

「Dying Inside To Hold You」は、70年代に活躍したR&Bシンガーのティミー・トーマスの曲で、1993年にリリースされました。最近では、フィリピン系カナダ人のDarren Espanto(ダレン・エスパント)によってカバーされ、フィリピンではとても人気な曲になっています。

Dying Inside To Hold You とは?

「Dying」は「die(死ぬ)」の現在形で、「be dying for」の使い方をすると「〜が欲しくてたまらない」という意味になります。ここでは「inside(内側)」がついてるので、「心から君を抱きしめたい」という訳になります。一目惚れした青年の何とも心温まるストーリーです。

それでは、まずは聞いてみてください。

Dying Inside To Hold You 基本情報

曲名:Dying Inside To Hold You
アーティスト:Timmy Thomas
発売日:1993年
収録アルバム:不明

Timmy Thomas : Dying Inside To Hold You Dying Inside To Hold You
Timmy Thomas
apple music
「Dying Inside To Hold You:Timmy Thomas」の動画


YouTube「Dying Inside To Hold You:Timmy Thomas」より

ここから「Dying Inside To Hold You:Timmy Thomas」の翻訳開始!

↓↓↓↓↓ ここから歌詞の翻訳です ↓↓↓↓↓

It’s turning out just another day
(さぁ、新しい1日の始まりだ)

I took a shower and I went on my way
(シャワーを浴びて、外に出る)

I stopped there as usual
(いつもと同じようにあそこに立ち寄って)

Had a coffee and pie
(コーヒーとパイを買う)

When I turned to leave
(そして、行こうとした時に)

I couldn’t believe my eyes
(自分の目が信じられなかったんだ)

Standing there I didn’t know what to say
(そこには君が立っていて、僕は何て言ったらいいのか分からなかった)

Without one touch we stood there face to face ※01

(言葉を交すことなく、少し向かい合っただけだったのに)

And I was dying inside to hold you ※02

(君を抱きしめたくてたまらなかったんだ)

I couldn’t believe what I felt for you
(自分の気持ちが信じられないくらいに)

Dying inside, I was dying inside
(心から抱きしめたくてしかたなかった)

But I couldn’t bring myself to touch you ※03

(だけど、自信がなくて触れることさえできなかったんだ)

You said hello then you asked my name
(君は「こんにちは」って言って、それから僕の名前を聞いてくれた)

I didn’t know if I should go all the way
(僕は答えるべきなのか迷っていたけど)

Inside I felt my life have really changed
(心の中では僕の人生が変わったと感じたんだ)

I knew that it would never be the same
(こんな気持ちは初めてだった)

Standing there I didn’t know what to say
(でも、僕はなんて言ったらいいのか分からなかった)

First time looked away when I whispered your name
(僕が君の名前ささやいた時、最初は目を合わせれなかったんだ)

And I was dying inside to hold you
(君を抱きしめたくてたまらなかったんだ)

I couldn’t believe what I felt for you
(自分の気持ちが信じられないくらいに)

Dying inside, I was dying inside
(心から抱きしめたくてしかたなかった)

But I couldn’t bring myself to touch you
(だけど、自信がなくて触れることさえできなかったんだ)

And I was dying inside to hold you
(君を抱きしめたくてたまらなかったんだ)

I couldn’t believe what I felt for you
(自分の気持ちが信じられないくらいに)

Dying inside, I was dying inside
(心から抱きしめたくてしかたなかった)

But I couldn’t bring myself to touch you
(だけど、自信がなくて触れることさえできなかったんだ)

One hello changed my life
(一つの会話が僕の人生を変えたんだ)

I didn’t believe in love at first sight
(一目惚れってのを信じていなかった)

But you’ve shown me what is life
(でも、君が人生とは何なのかを見せてくれたんだ)

And now I know my love (I know it’s coming right)
(そして今、愛することが何なのか分かるよ(愛を感じてるのよ))

And I was dying inside to hold you
(君を抱きしめたくてたまらなかったんだ)

I couldn’t believe what I felt for you
(自分の気持ちが信じられないくらいに)

Dying inside, I was dying inside
(心から抱きしめたくてしかたなかった)

But I couldn’t bring myself to touch you
(だけど、自信がなくて触れることさえできなかったんだ)

And I was dying inside to hold you
(君を抱きしめたくてたまらなかったんだ)

I couldn’t believe what I felt for you
(自分の気持ちが信じられないくらいに)

Dying inside, I was dying inside
(心から抱きしめたくてしかたなかった)

But I couldn’t bring myself to touch you
(だけど、自信がなくて触れることさえできなかったんだ)

Timmy Thomas : Dying Inside To Hold You Dying Inside To Hold You
Timmy Thomas
apple music

曲の感想とまとめ

Timmy Thomas and Darren Espanto

いかがでしたでしょうか?なんだか心がホッコリするようなそんな曲だったのではないでしょうか。この曲はフィリピンの国民的なテレビ番組で紹介されて以来、今大人気でこの曲に合わせたダンスなども流行っているそうです。ちなみに、カバーしたダレン・エスパントはめちゃくちゃ人気です。

フィリピンで人気の「Dying Inside To Hold You」のカバー

それでは、フィリピンのテレビで放映されたダレン・エスパントのカバー動画です。ダレンは2001年にカナダのカルガリーで生まれ、カナダのオーディション番組などで活躍。その後、フィリピンに移り「The Voice Kids」にて人気が爆発しました。

Dying Inside – Darren Espanto

最後に文法・歌詞の説明

それでは最後に文法、歌詞の部分で説明が必要かなと思う部分を少し追記して終わりたいと思います。

01. Without one touch we stood there face to face
「Without one touch」で「一度も触れることなく」、「face to face」で「向かい合う」という意味。ですので、「言葉を交すことなく、少し向かい合っただけだったのに」という訳になります。

02. And I was dying inside to hold you
上でも説明しましたが、「be dying for」の使い方をすると「〜が欲しくてたまらない」という意味になります。ここでは「inside(内側)」がついてるので、「心から君を抱きしめたい」という訳になります。

03. But I couldn’t bring myself to touch you
「not bring yourself to do something」で、「内に秘める思いを留まらせる、〜したいのを我慢する」という意味。ですので、「だけど、自信がなくて触れることさえできなかったんだ」という訳になります。
※参考元:Cambridge Dictionary「not bring yourself to do something」より

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

この記事を書いた人
nakano

オンガクガトマラナイで記事を書いておりますnakanoです。普段はフォトグラファーや翻訳のお仕事をしています。以前フィリピンに住んでいた時によく聞いていた音楽を翻訳しながら紹介していきたいと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください