【Taste】の和訳:Tyga(タイガ)

今回は、Tyga(タイガ)「Taste feat. Offset(テイスト feat. オフセット)」の翻訳です。

「Taste」は、タイガが2018年5月16日にリリースした曲です。フィーチャリングには、ラッパートリオのMigos(ミーゴス)からOffset(オフセット)が参加しています。そうオフセットと言えば、カーディ・Bの旦那さんです。ビルボードで8位、UKチャートで5位を記録し、YouTube再生3億回を突破するなど大ヒットしています。

【目次】

それでは、お聞きください。


Taste 基本情報

曲名:Taste
アーティスト:Tyga feat. Offset
出身:カリフォルニア(米国)
ジャンル:ヒップホップ
チャート:8位(ビルボード)
発売日:2018年05月16日
収録アルバム:なし

Tyga : Taste feat. Offset Taste
Tyga feat. Offset
apple music
「Taste:Tyga」の動画


YouTube「Taste:Tyga」より

「Taste:Tyga」の翻訳

※グレイの箇所をクリックすると、解説を見ることができます。

[Tyga:]
Slide on a pimp game with my pinky ring
(ピンキーリングと一緒に女をはべらす)

Lotta gang, lotta bitches, and a icy chain*
(ギャング達とたくさんの女、そしてダイアモンドのネックレス)

「icy」または「ice」とは、スラングで「ダイヤモンド」の意味。ヒップホップではお馴染みですね。

Why you claim that you rich? That’s a false claim
(なぜ金持ちだと言い張る?そんなもんただの嘘だろ)

I be straight to the whip, no baggage claim*
(そのまま高級車に乗り込む、もちろん荷物なんてねぇさ)

「whip」は、「高級車」という意味のスラング。

Whole lotta styles, can’t even pronounce the name*
(たくさん服がありすぎて、名前なんて覚えられない)

正しくは、「can’t even pronounce the name(正しい発音ができない)」となります。タイガはたくさんのブランド服を持っており、ヨーロッパのブランドは発音が難しいようです。

You ain’t got no style, see you on my Instagram
(テメーは何も持ってねーもんな、インスタで見たぜ)

I be rockin’ it like it’s fresh out the pan*
(俺はイカしてる、まるで出来立て新鮮さ)

「it’s fresh out the pan」とは、「出来立て、焼きたて」という意味です。「fresh out」で「〜から出たばかり」となり、「pan」は「器、鍋、皿」という意味になります。

Only when I’m takin’ pics, I’m the middleman
(写真をとれば、いつだって真ん中にいるのは俺さ)

Walk, talk it like a boss, I just lift the hand
(歩く姿も話す仕草もボスさ、ただ手をあげるだけでいい)

3 million cash, call me rain man*
(3億のキャッシュ、レインマンと呼んでくれ)

レインマンは、1988年に公開されたダスティン・ホフマンとトム・クルーズが主演の映画です。遺産目当てに近く自由奔放の弟と、サヴァン症候群の兄が描くヒューマンドラマ。その映画で出てくる遺産の額がおよそ3億円(3百万ドル)。見てない人は、良い映画なのでオススメです。

Money like a shower, that’s my rain dance
(金の雨を降らせてやるよ、俺の雨乞いのダンスでな)

And we all in black, like it’s Gangland*
(俺たちゃ全員ブラック、ギャングランドみてーだろ)

「ギャングランド」は、2008年から2010年にかけて人気だったヒストリーチャンネルが制作したシリーズ物。ドキュメンタリーだったので、出てくる未成年やマジで危ない奴は黒目線だったり顔が見えないように黒くされていた。
Taste Gangland
興味のある方は、YouTubeに結構動画が落ちてます。

Say the wrong word, you be hangman*
(間違った言葉を吐いたら、首を吊ることになるぜ)

「hangman(ハングマン)」とは、英単語を当てるゲームです。わりかしポピュラーで、おそらく知らない人はいません。
taste hangman

Watch me stick to your bitch like a spray tan*
(俺に気をつけるこった、タンニングのようにお前の女を寝とるからな)

「spray tan」とは、「タンニングスプレー」のこと。肌を綺麗に小麦色にしてくれます。タンニングが肌に吸着するように、おまえの女に吸着してやるぞという意味です。
taste spray tan

Aw, Mr. ‘What Kind Of Car He In?’
(ん?ミスター、「奴は何の車に乗ってるんだ?」)

In the city love my name, nigga I ain’t gotta say it
(街では俺の名が人気なのさ、言うつもりはねーがな)

[Tyga:]
Taste, taste, she can get a taste
(味わえ、味わうのさ、彼女もきっと味わえる)

Taste, taste, she can get a taste
(味わえ、味わうのさ、彼女もきっと味わえる)

Taste, taste, fuck what a nigga say
(味わえ、味わうのさ、クソの言うことに耳を傾けるな)

It’s all the same, like Mary-Kate*
(全部同じさ、メアリー・ケイトみたいにな)

メアリー・ケイトとは、オルセン姉妹のことです。アメリカのホームドラマ「フルハウス」に出てた双子の姉妹と言えばわかるでしょうか。現在は、二人ともファッションデザイナーとして活躍しています。
taste Ashley Olsen and Mary-Kate Olsen

Taste, taste, she can get a taste
(味わえ、味わうのさ、彼女もきっと味わえる)

Taste, taste, let you get a taste
(味わえ、味わうのさ、テメーにも味あわせてやる)

Taste, taste, do you love the taste?
(味わえ、味わうのさ、気に入っただろ)

Yeah that’s cool but he ain’t like me*
(そいつはよかった、でもソイツは俺じゃないんだぜ)

元彼女「カイリー・ジェンナー」に向けて言っているようです。カイリーは、現在ラッパーのトラビス・スコットと交際しています。
Kylie Jenner and tyga

[Tyga:]
Lotta girls like me, niggas wanna fight me
(女達は俺のことが好きで、男どもは俺と喧嘩してーとさ)

Nigga get yo ass checked like a fuckin’ Nike
(ナイキのロゴみたいに、テメーのケツをチェックしてやる)

Me not icey, that’s unlikely
(俺は冷たくねーさ、そうは思わねーか)

And she gon’ suck me like a fuckin’ Hi-C*
(彼女はHi-Cを飲むように、俺のをしゃぶるんだ)

「Hi-C」とは、コカ・コーラ社が出しているジュースのブランド。昔は日本でもよく黒い缶で自動販売機に置いてあって、最近ではペットボトルで復刻されています。アメリカでも昔ながらの飲み物です。
taste Hi-C

Aw, chains on the neck for the whole team
(首のチェーンは仲間のためさ)

And I feel like Gucci with the ice cream*
(まるでアイスクリームを入れたグッチのようさ)

Gucci Mane(グッチ・メイン)は、アラバマ出身のラッパー。顔にアイスクリームのタトゥーを入れています。
taste Gucci Mane

And my bitch want the Fenty, not the Maybelline*
(俺の女はフェンティをねだる、メイベリンなんかじゃなくて)

「Fenty(フェンティ)」は、リアーナが作った化粧品ブランド。「Maybelline(メイベリン)」もまた人気の化粧品ブランドです。

I’m the black JB the way these bitches scream*
(俺は、女たちが叫ぶ様な黒いジャスティン・ビーバー)

タイガは、ジャスティン・ビーバーと仲良しです。2013年には、「Wait For A Minute」という曲で、シンガーにジャスティンを迎えています。

Make these bitches scream
(ビッチ供を興奮させるのさ)

Pretty little thing
(この可愛らしい小さい奴で)

Like my nigga A.E, say, yadadamean*
(A.Eみたく言うぜ、「この意味わかる?」ってな)

「yadadamean」は、ベイエリアのオークランドで使用されるスラングで「you know what I mean(言ってることがわかるだろ)」という意味です。A.Eは、オークランドを拠点に活動する「The A’z」のメンバーの一人。2007年に「Yadadamean」という曲をリリースしている。

[Tyga:]
Taste, taste, she can get a taste
(味わえ、味わうのさ、彼女もきっと味わえる)

Taste, taste, she can get a taste
(味わえ、味わうのさ、彼女もきっと味わえる)

Taste, taste, fuck what a nigga say
(味わえ、味わうのさ、クソの言うことに耳を傾けるな)

It’s all the same, like Mary-Kate
(全部同じさ、メアリー・ケイトみたいにな)

Taste, taste, she can get a taste
(味わえ、味わうのさ、彼女もきっと味わえる)

Taste, taste, let you get a taste
(味わえ、味わうのさ、テメーにも味あわせてやる)

Taste, taste, do you love the taste?
(味わえ、味わうのさ、気に入っただろ)

Yeah that’s cool
(そいつはよかった)

[Offset:]
(Offset)
(オフセット)

Yeah, I’ma put the drip on the plate (drip, drip)
(俺がテーブルにのっかれば)

Diamond ice glacier, niggas imitate (ice, ice)
(ダイヤモンドは輝きを増し、皆は真似をする)

Aye, aye feed me grapes Maybach with the drac’ (grape)*
(紫の葉っぱをくれよ、それにマイバッハにマシンガン)

「grapes」は「パープルウィード(紫色のマリファナ)」と呼ばれ、通常のモノより上質のようです。「Maybach」とはドイツ車のブランド(現:ダイムラー傘下)、「Drac」はルーマニア版AK47(マシンガン)のことです。よくギャング系ラッパーのリリックには出てきます。

Slow pace in the Wraith, got this shit from bae (skrt)*
(ロールスロイスでゆっくり流す、こいつは嫁がくれたんだ)

「Wraith(レイス)」は、ロールスロイス社が持つ車のブランドの一つ。「Bae(愛しい人)」がくれたとは、そうカーディ・Bのことです。オフセットの奥さんは、カーディ・Bです。
Offset and cardi B

Diamonds up to par, the cookie hittin’ hard (hard)*
(ダイアモンドはいつもの調子さ、クッキーもマジで効まってる)

ここで言う「cookie」とは、「マリファナ」のことです。

The Rari sit in park, I’m at it, on Mars (mars)*
(フェラーリを公園に停めたら、そこでブッ飛ぶんだ)

「on Mars」とは、「火星に行っている気分だ=ぶっ飛んでる」という意味です。

Shotgun shells, we gon’ always hit the target (blaow)
(ショットガンなら、狙いは外さない)

Popcorn bitch shell poppin’ out the cartridge (pop it)
(ハジける女たちも弾が出尽くすまで遊んでんぜ)

3400 Nawfside, Charles Barkley (Nawf)*
(ノースサイドの3400番地、チャールズ・バークレーだな)

チャールズ・バークレーは、主にシクサーズで活躍したバスケット選手。背番号34は、シクサーズ、サンズで永久欠番になっている。オフセットが所属しているミーゴスは、「Nawfside」という曲をリリースしています。

4-8-8, Ferrari (Skrrt)
(フェラーリの488GTB)

Make her get on top of me and ride me like a Harley (ride)
(俺の上にアイツを乗せれば、ハーレーのような乗り心地)

She wanna keep me company and never want depart me (no) (Depart me)
(彼女は俺とずっと居たくて、離れたくないんだとよ)

Yeah, fishtail in the parking lot (skrt, skrt)
(駐車場ではドリフトしまくり)

I don’t kick it with these niggas ‘cause they talk about ya (Yeah)
(奴らとはツルまない、だって君の話ばかりするから)

And I got the fire, don’t make me spark it out ya (fire)
(職を失くしちまうからな、俺にだけは喧嘩を売るなよ)

Keep it in my back pocket like it’s a wallet (hoo)
(財布みてーに、後ろのポケットに入れておいてやるぜ)

Like the way she suck it, suck it like a Jolly (whoa)*
(女がシャブる姿は、ジョリーを舐めるかのようさ)

ジョリーは、ジョリーランチャーというアメリカのキャンディです。また、「Jolly Rancher」はスラングで「男性のモノを咥える」という意味もあります。
Jolly Rancher

Stack it up and put it with the whole project (racks)*
(吸いながら、仕事をさばいていく)

「Stack it up」は、スラングで「マリファナを吸う」という意味です。

And she got the Patek on water moccasin (water moccasin)*
(俺の女は、蛇が乗ったパテックがお気に入りなのさ)

「Patek」とは、正式には「Patek Philippe(パテック・フィリップ)」のことで、スイスの高級時計メーカーです。少し前ですが、カーディがダイヤモンドを散りばめたパテックを購入したのが話題になりました。

I’m rich in real life, I get that profit, copy (hey!)
(現実でも金持ちさ、証明書もコピーもな)

[Tyga:]
Taste, taste, she can get a taste
(味わえ、味わうのさ、彼女もきっと味わえる)

Taste, taste, let you get a taste
(味わえ、味わうのさ、テメーにも味あわせてやる)

Taste, taste, do you love the taste?
(味わえ、味わうのさ、気に入っただろ)

Yeah, that’s cool, but he ain’t like me
(そいつはよかった、でもソイツは俺じゃないんだぜ)

[Tyga:]
Taste, taste, LA you can get a taste
(味わえ、味わうのさ、ロサンゼルスの奴らも)

Taste, taste, Miami you can get a taste
(味わえ、味わうのさ、マイアミの奴らも)

Taste, taste, Oakland you can get a taste
(味わえ、味わうのさ、オークランドの奴らも)

Taste, taste, New York do you love the taste?
(味わえ、味わうのさ、ニューヨークの奴らも)

Taste, taste, Chi-Town you can get a taste
(味わえ、味わうのさ、シカゴの奴らも)

Taste, taste, Houston you can get a taste
(味わえ、味わうのさ、ヒューストンの奴らも)

Taste, taste, Portland you can get a taste
(味わえ、味わうのさ、ポートランドの奴らも)

Taste, taste, overseas let them bitches taste
(味わえ、味わうのさ、海を超えたイカした女たちも)

Taste, taste, she can get a taste
(味わえ、味わうのさ、彼女もきっと味わえる)

Taste, taste, she can get a taste
(味わえ、味わうのさ、彼女もきっと味わえる)

Taste, taste, do you love the taste?
(味わえ、味わうのさ、気に入っただろ)

Taste, taste, worldwide they gon’ get a taste
(味わえ、味わうのさ、世界中で味わえるんだぜ)

解説とまとめ

Tyga(タイガ)

タイガとオフセットの初となるコラボレーションの曲は、ドレイクの「In My Feelings」の牙城を崩せなかったモノの大ヒットを記録しました。特にYouTubeでは再生数3億回を超えるなど、MVもセクシーで人気がでています。

タイガはトラックが出来た後でオフセットに連絡をいれ、「どう?」と聞くと、「It was crazy and I wanted to hop on it(まさにクレイジーだぜ、マジでこの曲でやりたい)」と二つ返事で答えたようです。ちなみに、ミュージックビデオには、A.E、ウィズ・カリファ、2チェインズ、ジョイナー・ルーカス、ロニー・Jなどが参加しています。

ジミー・キンメル・ライブで「Taste」のパフォーマンス!

2018年9月26日のアメリカの人気番組「ジミー・キンメル・ライブ」で、タイガとオフセットが二人揃って登場しました。テレビ番組なので盛り上がりには欠けますが、それでもカッコいいです!
Tyga ft. Offset – Taste

最後に感想を

ヒップホップはスラングが多く時間がかかるので、なかなかアップすることはできないのですが、タイガの「Taste」は聞いた瞬間に一発で惚れてしまいました。ずっと翻訳したかった曲なので、ちょっと満足してます…偉そうですみません。

2018年アメリカではめちゃくちゃヒップホップが盛り上がっており、ドレイク、カーディ・B、XXXテンタシオン、トラビス・スコット、シックスナイン、そしてエミネムと競合がひしめく中で、「Taste」が上位に食い込んでいるのが凄いですよね。個人的にギャングラップはあまり好きではないんですが、「Taste」は本当にカッコいいと感じました。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

Tyga : Taste feat. Offset Taste
Tyga feat. Offset
apple music
この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください