【Riptide】の和訳:Vance Joy(ヴァンス・ジョイ)

今回は、Vance Joy(ヴァンス・ジョイ)「Riptide(リップタイド)」の翻訳です。

「Riptide」は、ヴァンス・ジョイのデビューアルバム「Dream Your Life Away」に収録されており、2013年3月にリードシングルとしてリリースされました。手の届かない女性に恋をした少し切ないストーリーです。オーストラリアで6位、UKチャートでは10位、ビルボードでは30位など世界中でヒットを記録しました。

【目次】

それでは、お聞きください。


Riptide 基本情報

曲名:Riptide
アーティスト:Vance Joy
出身:メルボルン(オーストラリア)
ジャンル:インディポップ、インディフォーク
チャート:6位(オーストラリア)
発売日:2013年03月21日
収録アルバム:Dream Your Life Away

Vance Joy : Riptide Riptide
Vance Joy
apple music
「Riptide:Vance Joy」の動画


YouTube「Riptide:Vance Joy」より

「Riptide:Vance Joy」の翻訳

※グレイの箇所をクリックすると、解説を見ることができます。

I was scared of dentists and the dark
(昔、歯医者と暗闇が怖かった)

I was scared of pretty girls and starting conversations
(可愛い子が怖くて、会話さえおぼつかなかった)

Oh, all my friends are turning green
(だけど、友達はみんな青ざめることになる)

You’re the magician’s assistant in their dream *
(夢の中で、(愛しい)君はマジシャンのアシスタントなんだから)

一般的に「マジシャンのアシスタント」は、ショーを盛り上げるために美人が選ばれます。なので、「アシスタント=美人」という意味。いきなり出てくる「you」は、「憧れの人」のことを指してると思われます。

Oh, and they come unstuck *
(そうして、みんなどこかに行ってしまった)

「come unstuck」は、「引き離す、はがれる、失敗する」という意味です。

Lady, running down to the riptide *
(潮の流れに飲み込まれ)

タイトルにもなっている「riptide」は、「潮衝(ちょうしょう)」という意味です。潮と潮の流れがぶつかるイメージです。愛の激流に飲み込まれてる主人公の様子からきていると推測できます。

Taken away to the dark side
(暗闇に流されて行く)

I wanna be your left hand man *
(僕は君の愛人でも構わない)

「left hand man」は、いくつか意味があります。一つは、右側がパートナーの位置であることから、左側が「愛人」という意味です。例えば、結婚式でも花嫁の右側に新婦が並びます。もう一つは、右側が「正当な人」というイメージから、左側が「ワイルドな男」という意味です。

I love you when you’re singing that song and
(あの歌をうたってる時の君が好きで)

I got a lump in my throat ‘cause *
(僕の胸を締め付ける)

「lump in my throat」は、「喉を詰まらせる、苦しい、胸がいっぱいである」という慣用句です。「throat(喉)」に、何か「lump(塊)」がある様子をイメージしてください。

You’re gonna sing the words wrong
(だって、君はいつも歌詞を間違えて歌うんだ)

Is this movie that I think you’ll like
(君が気に入りそうな映画がある)

This guy decides to quit his job and heads to New York City
(ある男が仕事を辞め、ニューヨークに向かうことを決めるんだ)

This cowboy’s running from himself
(そのカウボーイは自分自身から逃げ続け)

And she’s been living on the highest shelf *
(手の届かない女に恋をしている)

直訳すると「彼女はハイエンドな世界で生きている」となります。この曲は、ある男が釣り合いの取れていない女性に恋い焦がれるストーリーです。なので、少し意訳して「手の届かない女に恋をしている」と訳しています。

Oh, and they come unstuck
(そうして、二人は離れていくんだ)

Lady, running down to the riptide
(潮の流れに飲み込まれ)

Taken away to the dark side
(暗闇に流されて行く)

I wanna be your left hand man
(僕は君の愛人でも構わない)

I love you when you’re singing that song and
(あの歌をうたってる時の君が好きで)

I got a lump in my throat ‘cause
(僕の胸を締め付ける)

You’re gonna sing the words wrong
(だって、君はいつも歌詞を間違えて歌うんだ)

I just wanna, I just wanna know
(僕はただ、ただ知りたいだけなんだ)

If you’re gonna, if you’re gonna stay
(もし君が、君が留まってくれるなら)

I just gotta, I just gotta know
(僕はただ、ただ知ることになる)

I can’t have it, I can’t have it any other way
(他に方法がないことを)

I swear she’s destined for the screen
(彼女がスターになることは運命なんだ)

Closest thing to Michelle Pfeiffer that you’ve ever seen, oh *
(ミシェル・ファイファーに一番近い存在なんだ)

ミシェル・ファイファーは、アメリカの女優です。アメリカの雑誌「ピープル」では、世界で最も美しい女性に選ばれるなど、とんでもない美貌を持つ人です。「I Am Sam」とかに出演してました。
Michelle Pfeiffer in Riptide

Lady, running down to the riptide
(潮の流れに飲み込まれ)

Taken away to the dark side
(暗闇に流されて行く)

I wanna be your left hand man
(僕は君の愛人でも構わない)

I love you when you’re singing that song and
(あの歌をうたってる時の君が好きで)

I got a lump in my throat ‘cause
(僕の胸を締め付ける)

You’re gonna sing the words wrong
(だって、君はいつも歌詞を間違えて歌うんだ)

Lady, running down to the riptide
(潮の流れに飲み込まれ)

Taken away to the dark side
(暗闇に流されて行く)

I wanna be your left hand man
(僕は君の愛人でも構わない)

I love you when you’re singing that song and
(あの歌をうたってる時の君が好きで)

I got a lump in my throat ‘cause
(僕の胸を締め付ける)

You’re gonna sing the words wrong
(だって、君はいつも歌詞を間違えて歌うんだ)

Lady, running down to the riptide
(潮の流れに飲み込まれ)

Taken away to the dark side
(暗闇に流されて行く)

I wanna be your left hand man
(僕は君の愛人でも構わない)

I love you when you’re singing that song and
(あの歌をうたってる時の君が好きで)

I got a lump in my throat ‘cause
(僕の胸を締め付ける)

You’re gonna sing the words wrong
(だって、君はいつも歌詞を間違えて歌うんだ)

And I got a lump in my throat ‘cause
(僕の胸を締め付ける)

You’re gonna sing the words wrong
(だって、君はいつも歌詞を間違えて歌うんだ)

解説とまとめ

Vance Joy(ヴァンス・ジョイ)

「Riptide」とは、「潮衝(ちょうしょう)」という意味で、潮と潮の流れがぶつかる様子のことです。とても詩的に書かれたこの曲は、どうにもならない愛の激流によって引き裂かれそうな主人公の様子を描かれています。

2013年にメガヒットを記録したこの曲は、オーストラリアでは何と107週に渡りトップ100のチャートに止まり歴代最高期間チャートインした記録を更新しました。名実共にヴァンス・ジョイのキャリア最高のヒット曲となり、今でもよく流れています。

ライブで「Riptide」をウクレレパフォーマンス

2017年3月にブラジルで行われた「ロラパルーザ」というフェスでのパフォーマンスです。ウクレレで弾いています。めちゃくちゃ盛り上がってる!
Vance Joy – Riptide @Lollapalooza Brasil 2017

最後に感想を

カフェで仕事をしているとよく流れてくる曲で、どういう意味なんだろうと思っていつも聞いていました。オーストラリアのアーティストってこういう詩的な歌詞が多くて悲しい歌ばかりが多いような気がします。例えば、トム・オデルの「Another Love」とか、ゴティエの「Somebody That I Used To Know」など。

ちなみに、ミュージックビデオにワザと誤字があるのに気がつきましたか?サビの最後の箇所「You’re gonna sing the words wrong(いつも君は歌詞を間違って歌うからなんだ)」ですが、曲が進むにつれ「you gone and sank the words wolf(君は狼のような言葉で僕を傷つける)」となってるんです。気づいた方は、さすがです。

Vance Joy : Riptide

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

Vance Joy : Riptide Riptide
Vance Joy
apple music
この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください