【Africa(アフリカ)】の和訳:Weezer(ウィーザー)

今回は、Weezer(ウィーザー)「Africa(アフリカ)」の翻訳です。

「Africa」は、アメリカのロックバンド「Toto(トト)」が1982年にリリースした曲で、2018年5月にウィーザーがカバーしました。あるファンがツイッターからリクエストしたことによって実現し、大きな話題になりました。そして、カバーされたトト側もウィーザーの「Hash Pipe」をカバーするなど盛り上がりを見せています。

【目次】

それでは、お聞きください。

Africa 基本情報

曲名:Africa
アーティスト:Weezer
出身:カリフォルニア(米国)
ジャンル:ソフトロック、ロック
チャート:68位(ビルボード)
発売日:2018年05月29日
収録アルバム:なし

Weezer : Africa Africa
Weezer
apple music
「Africa:Weezer」の動画


YouTube「Africa:Weezer」より

「Africa:Weezer」の翻訳

※グレイの箇所をクリックすると、解説を見ることができます。

I hear the drums echoing tonight
(今夜はドラムが響く音が聞こえる)

But she hears only whispers of some quiet conversation
(だが、彼女には静かな会話のように聞こえている)

She’s coming in, 12:30 flight
(彼女は12時半のフライトで向かっている)

The moonlit wings reflect the stars that guide me towards salvation *
(月に照らされた飛行機の翼は、僕を救済へと導いてくれる星を映しだす)

「The moonlit wings」は、「月に照らされた飛行機の翼」を指していると思われる。飛行機には主人公の彼女が乗っているので、「月に照らされた翼=彼女が自分を導く」と推測できます。

I stopped an old man along the way
(途中、老人の前で立ち止まる)

Hoping to find some old forgotten words or ancient melodies
(過去の忘れ去られた詩か、昔から伝わるメロディーを見つけたくて)

He turned to me as if to say *
(老人は振り返り、語る)

「as if」は、「まるで〜のように」という意味です。直訳すると「老人は振り返り、まるでこのように語り出す」となりますが、僕は省略しています。
※参考元:Cambridge Dictionary「as if/though」より

“Hurry boy, it’s waiting there for you”
(「急ぎなさい、君のために待っている人がいる」と)

It’s gonna take a lot to drag me away from you *
(君から僕を引き離すことはできない)

「drag」は、「薬」ではなく「引きずる、引き離す」という意味です。「薬」の方のドラッグは「drug」となります。直訳すると「僕を君から引き離すには、多くの労力を有する」となりますが、「君から僕を引き離すことはできない」と意訳することができます。

There’s nothing that a hundred men or more could ever do
(たくさんの男たちが来ようとも、何もできやしない)

I bless the rains down in Africa *
(アフリカに雨が降るよう祈りを捧げる)

2018年のガーディアン紙のインタビューによると、作曲者であるキーボードのペイチは、自身の経験について語りました。幼少期にカトリックの学校に通っていたペイチは、何人かの先生がアフリカで宣教活動しており、そこからこのフレーズが生まれたそうです。
※参考元:The Guardian「Toto: how we made Africa」より

Gonna take some time to do the things we never have
(僕らが成し得なかったことをするには時間が必要なんだ)

The wild dogs cry out in the night
(夜には野犬が吠えだす)

As they grow restless longing for some solitary company *
(不安に駆られ、一人でいる仲間を欲している)

ここの箇所は、「restless」と「longing」の間で区切る必要があります。「grow」には「育つ」の他に「〜になる」という意味があるので「野犬が不安になる」様子が描かれており、その後の「longing(切望する)」が「一人で孤独を感じている仲間たち」と繋がります。

I know that I must do what’s right
(やるべきことは分かってる)

As sure as Kilimanjaro rises like Olympus above the Serengeti *
(セレンゲティ草原の上にキリマンジャロが、まるでオリポス山のようにそびえ立つかのように)

オリンポス山はギリシャで一番高い山(2,917m)です。そして、キリマンジャロはタンザニアで一番高い山(5,895m)です。セレンゲティは、キリマンジャロ近くの国立公園のことです。「As sure as」で「〜と同じくらい確かなこと」となるので、上の文章の「僕がやるべきことは」、「キリマンジャロがそびえ立つ」という揺るぎない事実と同じくらい「分かってる」という意味になります。

I seek to cure what’s deep inside frightened of this thing that I’ve become
(奥深くある「臆病になった自分」を癒す方法を探している)

It’s gonna take a lot to drag me away from you
(君から僕を引き離すことはできない)

There’s nothing that a hundred men or more could ever do
(たくさんの男たちが来ようとも、何もできやしない)

I bless the rains down in Africa
(アフリカに雨が降るよう祈りを捧げる)

Gonna take some time to do the things we never have
(僕らが成し得なかったことをするには時間が必要なんだ)

Hurry boy, she’s waiting there for you
(急ぎなさい、彼女が君を待ってる)

It’s gonna take a lot to drag me away from you
(君から僕を引き離すことはできない)

There’s nothing that a hundred men or more could ever do
(たくさんの男たちが来ようとも、何もできやしない)

I bless the rains down in Africa
(アフリカに雨が降るよう祈りを捧げる)

I bless the rains down in Africa
(アフリカに雨が降るよう祈りを捧げる)

I bless the rains down in Africa
(アフリカに雨が降るよう祈りを捧げる)

I bless the rains down in Africa
(アフリカに雨が降るよう祈りを捧げる)

I bless the rains down in Africa
(アフリカに雨が降るよう祈りを捧げる)

Gonna take some time to do the things we never have
(僕らが成し得なかったことをするには時間が必要なんだ)

Weezer : Africa Africa
Weezer
apple music

解説とまとめ

ウィーザーがトトの「Africa」をカバーした経緯は、14歳のメアリーが作ったツイッターカウント「@WeezerAfrica」からのツブやきからでした。数ヶ月に渡りツイッターに「トトのアフリカをカバーしてほしい」とリクエストしていると、ドラムのパトリック・ウィルソンの目に留まり、さらにメディアにも取り上げられるようになりました。

そして、ついに5月24日にカバーが披露されると…「アフリカ」ではなくトトの「Rosanna(ロザンナ)」だったのです。

これには、さすがのリクエストを続けてきたメアリーもガックリ。だけど、これはウィーザーのジョークだったようで、5月29日には「アフリカ」をリリースしました。そして、ジャケットにはメアリーのツイッターを載せるという粋な計らいもしました。

twitter : requested africa

ウィーザーのカバーにトトも応える!

ウィーザーが「アフリカ」をカバーしたことで、多くのファンは「トト」もそれに応えるべきだとツイッターで煽りを入れてました。そして、7月31日バンクーバーでの40周年記念ツアーでウィーザーの「Hash Pipe」を披露しました。

TOTO | Hash Pipe (Weezer cover)

最後に感想を

SNSのパワーおそるべしっと言いたいくらい、カバーした経緯が凄いですよね。一人のファンがツイッターで闇雲に呟いてたのがいろいろな人に目に留まり、最終的にはカバーされるんですから。それにしても、やっぱり90年後半から2000年前半のロックが好きな人にとってはウィーザーの「アフリカ」のカバーはやっぱりカッコ良く見えちゃいます。

ツイッターで散々リクエストしていたメアリーはと言うと、「次はわからないわ。ただしばらくはこの状況を楽しませてほしいの」とつぶやいていました。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください