【Choose】の和訳:Why Don’t We(ホワイ・ドント・ウィー)

今回は、Why Don’t We(ホワイ・ドント・ウィー)「Choose(チューズ)」の翻訳です。

「Choose」は、2018年8月にリリースしたホワイ・ドント・ウィーのデビューアルバム「8 Letters」に収録されている曲です。この曲は、遠距離の恋愛の末に気持ちが離れつつある恋人に対してのラブソングです。

【目次】

それでは、お聞きください。


Choose 基本情報

曲名:Choose
アーティスト:Why Don’t We
出身:カリフォルニア(米国)
ジャンル:ポップ
チャート:なし
発売日:2018年08月31日
収録アルバム:8 Letters

Why Don’t We : Choose Choose
Why Don’t We
apple music
「Choose:Why Don’t We」の動画


YouTube「Choose:Why Don’t We」より

「Choose:Why Don’t We」の翻訳

※グレイの箇所をクリックすると、解説を見ることができます。

We’re supposed to be together, you ain’t thinkin’ straight
(僕らはこの先も一緒さ、だけど君はそうは思っていない)

I gotta place that we can go and ease your stress away *
(一緒に行ける場所ならある、君のストレスもなくなるはずさ)

「ease away」で、「楽になる、取り除く」という意味です。

A couple times I came around and you was M.I.A *
(何度か訪ねたのに、君はいなかった)

「M.I.A」は、「Missing In Action(行方不明)」という意味です。Why Don’t Weが以前にリリースしたEP「Invitation」の中にも、「M.I.A」という曲があります。

It’s kinda hard to be in love when we’re in different states
(遠距離のままじゃ、恋をするのは難しい)

Feel some type of way *
(特別な何かを感じてる)

「some type of way」で、「何か分からない特別なモノ」という意味のようです。例えば、恋の始まる前に感じる「運命」のようなモノです。HiNativeにも説明があるので、ぜひご覧ください。
※HiNative「some type of wayとは?」より

I ain’t tryna play
(ふざけてるわけじゃない)

You got options, I got options
(君には選択肢があって、それは僕にもある)

But you’re here with me
(だけど、君と僕はここにいる)

Spent some time away *
(しばらく離れたけれど)

「time away」で、「しばらく離れる」という意味です。

Now I’m here to stay
(今、僕は思い留まっている)

Life ain’t stoppin’, girl, what’s poppin’? *
(人生は止まらない、そうだろ?)

「what’s poppin’?」は、「what’s up?(調子どう?)」と同じ意味です。

What’s it gonna be?
(さぁ、どうする?)

Choose, I’m just sayin’, what you wanna do?
(選ぶんだ、僕は待つ、君がどうしたいかだ)

Choose, I just dropped down in your city too
(選ぶんだ、僕は君の街にいる)

Choose, let me put you onto something new *
(選ぶんだ、僕なら君に新たな刺激を与えられる)

「put somebody onto something」で、「〜に何かを紹介する、〜に何かを持ってくる」という意味です。ここでは、「新たな刺激を見せられる」という訳になります。
※Cambridge Dictionary「put sb onto sth」より

Choose, ain’t no tellin’ what we get into
(選ぶんだ、僕らがどうなるかなんて分からない)

I’m ju- I’m ju- I’m just sayin’, choose
(僕は待つ、さぁ選ぶんだ)

I’m ju- I’m ju- I’m just sayin’, choose
(僕は待つ、さぁ選ぶんだ)

So what, you stayin’ or comin’?
(どうする、来ないのか、来るのか?)

It shouldn’t be a discussion
(そんなの話し合うことじゃない)

All of these girls, we runnin’ around
(女の子はたくさん、僕らの周りにいるけれど)

And I still be cravin’ your lovin’
(僕は君の愛が欲しくてたまらないんだ)

Center stage, no bluffin’ *
(正直な気持ちだ、嘘じゃない)

「Center stage」とは、「目立つ場所=何も隠せない=正直である」という意味です。また、「bluffin’」で「はったり、フェイク、嘘」という意味のスラングです。

Interstate we buzzin’
(僕らの人気は広がっている)

Touchdown, now takin’ off
(戻っては、またどこかへ行くんだ)

So what, you all or nothing? *
(だから聞かせてほしい、イエスかノーか)

「all or nothing」で、「イエスか、ノーか」という意味です。妥協を許さない時の決まり文句です。

Feel some type of way
(特別な何かを感じてる)

I ain’t tryna play
(ふざけてるわけじゃない)

You got options, I got options
(君には選択肢があって、それは僕にもある)

But you’re here with me
(だけど、君と僕はここにいる)

Spent some time away
(しばらく離れたけれど)

Now I’m here to stay
(今、僕は思い留まっている)

Life ain’t stoppin’, girl, what’s poppin’?
(人生は止まらない、そうだろ?)

What’s it gonna be?
(さぁ、どうする?)

Choose, I’m just sayin’, what you wanna do?
(選ぶんだ、僕は待つ、君がどうしたいかだ)

Choose, I just dropped down in your city too
(選ぶんだ、僕は君の街にいる)

Choose, let me put you onto something new
(選ぶんだ、僕なら君に新たな刺激を与えられる)

Choose, ain’t no tellin’ what we get into
(選ぶんだ、僕らがどうなるかなんて分からない)

I’m ju- I’m ju- I’m just sayin’, choose
(僕は待つ、さぁ選ぶんだ)

I’m ju- I’m ju- I’m just sayin’, choose
(僕は待つ、さぁ選ぶんだ)

‘Cause you got it, I want it, no time to waste
(君が選ぶなら、僕も同じ気持ちだ、無駄にできる時間なんてない)

I got what you want so come here to me
(君が欲しいものならここにある、だから僕の所に来て欲しい)

‘Cause you got it, I want it, no time to waste
(君が選ぶなら、僕も同じ気持ちだ、無駄にできる時間なんてない)

I got what you want so come here to me
(君が欲しいものならここにある、だから僕の所に来て欲しい)

Choose, I’m just sayin’, what you wanna do?
(選ぶんだ、僕は待つ、君がどうしたいかだ)

Choose, I just dropped down in your city too
(選ぶんだ、僕は君の街にいる)

Choose, let me put you onto something new
(選ぶんだ、僕なら君に新たな刺激を与えられる)

Choose, ain’t no tellin’ what we get into
(選ぶんだ、僕らがどうなるかなんて分からない)

I’m ju- I’m ju- I’m just sayin’, choose
(僕は待つ、さぁ選ぶんだ)

I’m ju- I’m ju- I’m just sayin’, choose
(僕は待つ、さぁ選ぶんだ)

解説とまとめ

Why Don’t We(ホワイ・ドント・ウィー)

「Choose」は、デビューアルバム「8 Letters」の3曲目に収録されており、遠距離恋愛のカップルを描写した曲です。男性の気持ちはハッキリしていて、どっちつかずの女性に対して答えを「選択」させようとしている内容です。

アップルミュージックのインタビューでは、メンバーのザック・ヘロンとジャック・エイブリーがアルバムの中で「Choose」が一番好きだと語っています。Why Don’t Weの公式ツイッターにインタビュー動画があったので、見てみてください。

最後に感想を

今回もWhy Don’t We好きのmegumiさんからリクエストを頂き、「Choose」を翻訳させて頂きました。megumiさん、リクエストありがとうございました。

日本でも少しずつ人気は出てきているものの、まだ爆発はしてない感じがします。YouTubeとかで動画を漁ってみると、タイでは凄い人気のようですね。さぁ、日本はいつ頃から人気が爆発するか楽しみです。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

Why Don’t We : Choose Choose
Why Don’t We
apple music
この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください