【Hooked】の和訳:Why Don’t We(ホワイ・ドント・ウィー)

今回は、Why Don’t We(ホワイ・ドント・ウィー)「Hooked(フックド)」の翻訳です。

「Hooked」は、ホワイ・ドント・ウィーのデビューアルバム「8 Letters」に収録されている曲で、2018年6月にリードシングル第一弾としてリリースされました。相手を誘惑するのが得意な女性に「Hooked(夢中)」になってしまう様子が描かれています。

【目次】

それでは、お聞きください。


Hooked 基本情報

曲名:Hooked
アーティスト:Why Don’t We
出身:カリフォルニア(米国)
ジャンル:ポップ
チャート:なし
発売日:2018年06月07日
収録アルバム:8 Letters

Why Don’t We : Hooked Hooked
Why Don’t We
apple music
「Hooked:Why Don’t We」の動画


YouTube「Hooked:Why Don’t We」より

「Hooked:Why Don’t We」の翻訳

※グレイの箇所をクリックすると、解説を見ることができます。

You’ve got a bad reputation in my neighborhood *
(君には悪い評判が近所で流れてる)

「reputation」は、「評判」という意味です。

You drive me mad with temptation ‘cause it tastes so good *
(僕は魅了され君に夢中になってる、だってその味わいは最高のモノだから)

「drive」とは、「運転する」という意味と「人を駆り立てる」という意味もあります。「drive me + 形容詞」がセットで使われ、「drive me mad」で「僕を夢中にさせる」という訳になります。また、「drive me crazy」の方がよく使われるのかなと思います。

You know I wouldn’t walk away even if I could *
(当然君から離れることはない、たとえできたとしても)

「walk away」で、「〜から離れる」という意味になります。歌詞の中だと、「恋人と別れる」時の表現としてよく出てきます。

It took one night, one try, ay
(一夜の過ちが、さらに求めてしまう)

Damn, I’m hooked *
(クソ、夢中になってるんだ)

タイトルにもなっている「hooked」は、何かを掛ける時に使用する「フック」を形容詞にしたモノで「夢中になる、中毒になる」という意味があります。もし、目的語をつけたい場合は「on + 目的語」という形になります。例えば、「I’m hooked on her(彼女に夢中になっている)」など。

You were there when I was low, you held me high
(落ち込んだ時、君は側にいて励ましてくれた)

And baby when you take control, we can go all night
(君がその気なら、一晩中付き合えるさ)

Every single place we go, you start a fight
(どこかに行く度に、君からケンカを始める)

But then you kiss my neck and take a bite
(収まってみれば、首にキスをして噛みついてくるんだ)

Everybody says I’m sleeping with the enemy *
(皆言うんだ、僕が悪い夢を見てるって)

「I’m sleeping with the enemy」を直訳すると「僕は敵と寝ている」となり、この「敵」というのは「誘惑してくる女」を指しています。ここでは少し意訳して「悪い夢をみてる」としています。

I don’t even care if you’re gonna be the death of me, me, me
(だけど気にしないさ、たとえ彼女が僕を殺そうとしてもだ)

You’ve got a bad reputation in my neighborhood
(君には悪い評判が近所で流れてる)

You drive me mad with temptation ‘cause it tastes so good
(僕は魅了され君に夢中になる、だってその味わいは最高のモノだから)

You know I wouldn’t walk away even if I could
(当然君から離れることはない、たとえできたとしても)

It took one night, one try, ay
(一夜の過ちが、さらに求めてしまう)

Damn, I’m hooked
(クソ、夢中になってるんだ)

Ooh… I’m hooked
(夢中になってるんだ)

Ooh… I’m hooked
(夢中になってるんだ)

I know that I shouldn’t touch but you twist my arm
(関わりを持ってはダメだと分かってるけど、君は僕の腕に絡みついてくる)

‘Cause I can never get enough once the feeling starts *
(一度気持ちに火がつけば、どこまでも夢中になってしまう)

「never get enough」で、「十分過ぎることはない=満足しない=もっと欲しい」という意味になります。ですので、「どこまでも夢中になる」と訳しています。

Baby, I’m the gasoline and your kiss is the spark
(僕がガゾリンなら、君のキスは着火剤のようなモノだ)

But then you take the wheel and crash my car
(でも君が運転するなら、すぐに車は事故るだろうさ)

Everybody says I’m sleeping with the enemy
(皆言うんだ、僕が悪い夢を見てるって)

I don’t even care if you’re gonna be the death of me, me, me
(だけど気にしないさ、たとえ彼女が僕を殺そうとしてもだ)

You’ve got a bad reputation in my neighborhood
(君には悪い評判が近所で流れてる)

You drive me mad with temptation ‘cause it tastes so good
(僕は魅了され君に夢中になる、だってその味わいは最高のモノだから)

You know I wouldn’t walk away even if I could
(当然君から離れることはない、たとえできたとしても)

It took one night, one try, ay
(一夜の過ちが、さらに求めてしまう)

Damn, I’m hooked
(クソ、夢中になってるんだ)

Ooh… I’m hooked
(夢中になってるんだ)

Ooh… I’m hooked
(夢中になってるんだ)

You got me under your influence
(僕は君の虜になってしまった)

I swear I’m never gonna give you up, up, up, up, up, up, up!
(約束する、絶対に君を諦めないって…)

You’ve got a bad reputation in my neighborhood
(君には悪い評判が近所で流れてる)

You drive me mad with temptation ‘cause it tastes so good
(僕は魅了され君に夢中になる、だってその味わいは最高のモノだから)

You know I wouldn’t walk away even if I could
(当然君から離れることはない、たとえできたとしても)

It took one night, one try, ay
(一夜の過ちが、さらに求めてしまう)

Damn, I’m hooked
(クソ、夢中になってるんだ)

Ooh… I’m hooked
(夢中になってるんだ)

Ooh… I’m hooked
(夢中になってるんだ)

解説とまとめ

「Hooked」は、デビューアルバム「8 letters」から第一弾シングルとしてリリースされ、毒性のある女性に誘惑され夢中になっていく様子が描かれています。元々は「Trust Fund Baby」がファーストシングルだったみたいですが、大人の事情で変わったようです。

「Hooked」がリリースされる前日にツイッターでメンバーから告知があったようです。

「Hooked」のパフォーマンス動画

オーストラリアのテレビ番組「Sunrise」で、「Hooked」をパフォーマンスした動画です。

Why don’t we – hooked live

最後に感想を

2018年のサマソニに参加するなど、日本でも知名度が伸びてきているボーイズバンドです。全員の平均年齢が19歳とまだ若く、今後の活動に期待が持てそうです。

個人的には、歌詞や曲がよく作り込まれていて、ミュージックビデオも結構力が入っていることから本気で売り出そうとしている感じがします。現在人気が上がっている最中なので、もしかしたらワンダイレクションぐらいに化ける可能性がありそうです。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

Why Don’t We : Hooked Hooked
Why Don’t We
apple music
この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください