【Without You(ウィズアウト・ユー)】の和訳:Avicii(アヴィーチー)

今回は、Avicii(アヴィーチー)「Without You(ウィズアウト・ユー)」の翻訳をしたいと思います。

「Without You」は、アヴィーチーの4枚目のEP「Avīci (01)」からリードシングルとして2017年8月にリリースされ、同じスウェーデン出身のSandro Cavazza(サンドロ・カヴァッザ)がボーカルをしています。スウェーデンでは1位、ビルボードEDM部門では13位、UKでは32位、ノルウェーでは3位など主に北欧を中心にヒットを記録しました。

2017年にリリースしましたが、2016年3月マイアミで行なわれた「Ultra Music Festival 2016」のアヴィーチーのオープニングトラックとして使用されました。

それでは、まずはお聞きください。

Without You 基本情報

曲名:Without You(ウィズアウト・ユー)
アーティスト:Avicii(アヴィーチー)
発売日:2017年08月11日
収録アルバム:Avīci (01)

「Without You:Avicii」の動画


youtubeより

ここから「Without You:Avicii」の翻訳開始!

↓↓↓↓↓ ここから歌詞の翻訳です ↓↓↓↓↓

You said that we would always be
(君は言った、僕らはいつも一緒にいると)

Without you I feel lost at sea
(君なしじゃ、海を彷徨ってるような感覚に陥る)

Through the darkness you’d hide with me
(闇が通り過ぎ去るまで、君と僕は息をひそめる)

Like the wind we’d be wild and free
(そして風のように僕らは強く自由になるんだ)

You said you’d follow me anywhere
(君は言った、どこへでも僕に着いていくと)

But your eyes tell me you won’t be there
(だけど、瞳はそうは言ってなかったんだ)

I’ve gotta learn how to love without you
(君なしでも誰かを愛することを学ばないといけない)

I’ve gotta carry my cross without you
(君なしでも十字架を背負っていく)

Stuck in the middle and I’m just about to
(立ち止まってしまっても、僕は…)

Figure it out without you
(君なしで答えを見つけていくんだ)

And I’m done sitting home without you
(君なしで家に座ってるのはもう終わりさ)

Fuck, I’m going out without you
(クソ、君なしでやっていくって決めたんだ)

I’m gonna to tear this city down without you
(君なしでこの街を引き裂いて)

I’m goin’ Bonnie and Clyde without you ※01
(そして、君じゃない誰かとボニーとクライドのようになってやるのさ)

Now I’m running away, my dear
(今も逃げ続けている)

From myself and the truth I fear
(自分自身から、そして怖れていた真実から)

My heart is beating I can’t see clear
(胸の鼓動が高まり、視界がはっきりとしない)

How I’m wishing that you were here
(どれほど君がここにいてくれたらと願っている)

You said you’d follow me anywhere
(君は言った、どこへでも僕に着いていくと)

But your eyes tell me you won’t be there
(だけど、瞳はそうは言ってなかったんだ)

I’ve gotta learn how to love without you
(君なしでも誰かを愛することを学ばないといけない)

I’ve gotta carry my cross without you
(君なしでも十字架を背負っていく)

Stuck in the middle and I’m just about to
(立ち止まってしまっても、僕は…)

Figure it out without you
(君なしで答えを見つけていくんだ)

And I’m done sitting home without you
(君なしで家に座ってるのはもう終わりだ)

Fuck, I’m going out without you
(クソ、君なしでやっていくって決めたんだ)

I’m gonna to tear this city down without you
(君なしでこの街を引き裂いて)

I’m goin’ Bonnie and Clyde without you
(そして、君じゃない誰かとボニーとクライドのようになってやるのさ)

曲の感想とまとめ

avicii miami

いかがでしたでしょうか?アヴィーチーが亡くなったからではありませんが、今考えるとこの曲の「一人立ち」という意味が少し理解できるのではないでしょうか。

コーラス(サビ)の最後に出て来る「Bonnie and Clyde(ボニーとクライド)」とは、世界恐慌後の1930年代にアメリカで強盗・殺人などで暴れ回った伝説のカップルのことです。その見事な暴れっぷりを英雄視する人も多く、後に映画「俺たちに明日はない(1967)」になりました。

「Without You」がお披露目されたマイアミでのライブがカッコいい!

「Without You」は、2016年にマイアミで開催された「Ultra Music Festival 2016」のアヴィーチーのオープニングトラックとして使用されました。

最後に文法・歌詞の説明

それでは最後に文法、歌詞の部分で説明が必要かなと思う部分を少し追記して終わりたいと思います。

01. I’m goin’ Bonnie and Clyde without you
「Bonnie and Clyde(ボニーとクライド)」とは、世界恐慌後の1930年代にアメリカで強盗・殺人などで暴れ回った伝説のカップルのことです。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください