【Skinny Love(スキニー・ラブ)】の和訳:Birdy(バーディー)

今回は、Birdy(バーディー)「Skinny Love(スキニー・ラブ)」の翻訳です。

「Skinny Love(スキニー・ラブ)」は、バーディーのデビューシングルとして2011年1月にリリースされました。原曲は、アメリカのバンドBon Iver(ボン・イヴェール)の曲で2007年にリリースしています。UKチャートでは17位、オーストラリアでは2位を記録しています。

メモ:バーディーとは

Birdy(バーディー)は、1996年生まれのイギリス・ハンプシャー出身のシンガーソングライター。バーディーという名は、彼女がまだ赤ちゃんの時、口いっぱいにご飯をほしがる様子をみて両親が「ひな鳥みたい」と名付けたようです。可愛らしいエピソードたっぷりの将来有望の若手アーティストです。

【目次】

それでは、お聞きください。


Skinny Love 基本情報

曲名:Skinny Love
アーティスト:Birdy
出身:ロンドン(英国)
ジャンル:インディフォーク、バラード
チャート:17位(UK)
発売日:2011年01月30日
収録アルバム:Birdy

Birdy : Skinny Love Skinny Love
Birdy
apple music
「Skinny Love:Birdy」の動画


YouTube「Skinny Love:Birdy」より

「Skinny Love:Birdy」の翻訳

※グレイの箇所をクリックすると、解説を見ることができます。

Come on skinny love just last the year *
(このやせ細った愛よ、あと少しだけ持ちこたえてほしい)

「skinny love」とは、「やせ細った愛、今にも終わりそうな愛」という意味です。作詞・作曲したヴァーノンは、「スキニーラブとは、愛の栄養失調のような状態」だと説明をしています。また、「last」は「終わる」という意味ではなく、動詞で扱う場合「継続する、持ちこたえる」という意味になるので注意が必要です。

Pour a little salt, we were never here *
(自身を慰めるように、私たちは最初からここにはいなかったのよ)

「Pour a little salt」は、「塩を盛る」という意味です。塩療法という言葉ある通り「塩を塗る=自分を慰める」という意味になります。

My, my, my, my, my, my, my, my
(あぁ私の、私の愛よ)

Staring at the sink of blood and crushed veneer *
(シンクに飛び散った血と木片を見つめながら)

元々この曲は、男性の目線で書かれた曲です。シンクに飛び散った血と木片というのは、やりきれない思いから壁を殴った後の様子だと伺えます。

I tell my love to wreck it all
(あの人にすべてを(お互いの関係)を壊すと伝えるの)

Cut out all the ropes and let me fall *
(すべてのロープを切れば、私は落ちていく)

自分たちの関係をキレイになかったことにしたいという思いが込められてる一方で、この下のフレーズ「Right in this moment this order’s tall(でも、今それをするのはとても辛い)」という心の葛藤が見られます。歌詞の中から読み取れるように主人公は「とても後悔をしている」、あるいは「まだ望みあるかもしれない」という気持ちがあります。

My, my, my, my, my, my, my, my
(あぁ私の、私の愛よ)

Right in this moment this order’s tall *
(でも、今それをする気にはなれないの)

「order’s tall」で、「要望が高い=難しい、大変だ」という意味になります。

I told you to be patient
(あたなに我慢強くなってと言った)

I told you to be fine
(良い人になってほしいと言った)

And I told you to be balanced
(落ち着きを持って欲しいとも言った)

And I told you to be kind
(それから、思いやりをもってほしかった)

In the morning I’ll be with you
(朝を迎えるとわたしはあなたと一緒にいるでしょう)

But it will be a different kind
(でも、それは(いつもと同じ様に見えて)もう違うものなってしまっている)

I’ll be holding all the tickets *
(わたしはあなたに見合う人になりたかった)

直訳は「わたしはすべてのチケットを持っていた」となりますが、「すべてのチケット=私はあなたに合わせることができる」という意味だと推測できます。

And you’ll be owning all the fines *
(でも、あなたはありのままで生きて行くんだわ)

直訳は「あなたはすべての罪を持っていく」となります。上の行で主人公はパートナーに対して「良い人になってほしい、思いやりを持って欲しい」など要望をしています。「罪を持っていく」とは、「=自身を変える気はない」という意味だと推測できます。

Come on skinny love what happened here
(このやせ細った愛よ、あと少しだけ持ちこたえてほしい)

We suckled on the hope in lite brassieres *
(わたしたちは、薄いブラジャーの中に希望を見いだすの)

この物語の「愛」がどのように始ったかは明確にされていません。最初は「深い愛情」から始ったのか、それとも「体だけの関係」だったのか。ここの箇所は「セックス」のことを意味していて、そういう「冷め切った状態」の中でもベッドの上ではお互いを愛し合うことができる。「心は通うことなくとも、体はお互いを求め合っている」、そのような表現だと思います。

My, my, my, my, my, my, my, my
(あぁ私の、私の)

Sullen load is full, so slow on the split
(重苦しく負担が大きくなると、ゆっくりと別れていく)

And I told you to be patient
(あたなに我慢強くなってと言った)

And I told you to be fine
(良い人になってほしいと言った)

And I told you to be balanced
(落ち着きを持って欲しいとも言った)

And I told you to be kind
(それから、思いやりをもってほしかった)

And now all your love is wasted
(今、あなたの愛はすべて無駄になってしまう)

And who the hell was I?
(わたしはそんなに最低だったの?)

I’m breaking at the britches *
(わたしの心は引き裂かれ)

「britches」は、「ズボン」という意味で、直訳は「わたしはズボンを引き裂く」となります。「ズボンを引き裂く」とは、「心が引き裂かれる状態」の比喩表現、慣用句だと推測できます。

And at the end of all your lines
(そして、あなたのせいで破局を迎える)

Who will love you? *
(誰があなたを愛すのだろう?)

散々関係を断ち切りたいと言っておきながら相手の将来を考ています。相手の将来にいる相手が自分ではないと分かりつつ「まだ戻れるかもしれない」という最後の訴えなのかもしれません。

Who will fight?
(誰があなたとケンカするのだろう?)

Who will fall far behind?
(誰がまた置き去りにされるのだろう?)

Come on skinny love
(ねぇ、このやせ細った愛よ)

My, my, my, my, my, my, my, my
(あぁ私の、私の愛よ…)

解説とまとめ

Birdy(バーディー)

2011年にリリースされたバーディーの「スキニーラブ」は、原曲を超えてイギリスを中心にヒットを記録しました。女性目線で訳しましたが、元々は男性目線で書かれた曲で「失恋、後悔」をテーマにした内容です。ちなみに作詞・作曲者は、ボン・イヴェールのボーカル「ジャスティン・ヴァーノン」。

「skinny love」とは、「やせ細った愛、今にも終わりそうな愛」という意味です。ヴァーノンはインタビューの中で、「このスキニーラブは、栄養失調のような状態」と説明を加えています。どのように二人の関係が始まったかは謎ですが、二人の関係はほぼ終焉を迎えていたようです。

「Skinny Love(スキニー・ラブ)」の原曲

「skinny love」は、アメリカのフォークインディバンド、「Bon Iver(ボン・イヴェール)」が2007年にリリースした曲です。男性の声で聞くと、また違った風に聞こえます。

Skinny Love:Bon Iver
ヨロイおすすめのあわせて聞きたい曲!
Feather and Down : Piece of flesh
バーディーのスキニーラブが好きなら、絶対に気にいるはず!
フェザー・アンド・ダウンの「Piece of flesh」という曲です。仕事中にたまたまお店でかかっていた曲で、バーディー好きならぜひ聞いてほしい。
こちらから

最後に感想を

最初はバーディの擦り切れそうな声に、スキニーラブの「切ない感じの歌詞」がグッと合わさって良い感じだなと思ったのですが、原曲は男性だったんですね。でも、男性目線でこの曲を聞くと「失恋に後悔する気持ち」が何とも共感できるんです。悲しい…。

短い曲で簡単かなと思ったのですが、比喩表現が多いのでかなり英語のサイトを調べて書かせて頂きました。もしかしたら間違ってる箇所もあるかもしれませんが、僕なりに日本人に合うように組み立てたつもりです。何かあればコメントください。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

Birdy : Skinny Love Skinny Love
Birdy
apple music
この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください