【We Don’t Talk Anymore】の和訳:Charlie Puth(チャーリー・プース)

今回は、Charlie Puth(チャーリー・プース)「We Don’t Talk Anymore feat. Selena Gomez」の翻訳をしたいと思います。

「We Don’t Talk Anymore」は、チャーリー・プースのデビューアルバム「Nine Track Mind」から3枚目のシングルカットとして2016年5月にリリースされました。女性ボーカルにはSelena Gomez(セレーナ・ゴメス)を迎えています。米国ビルボード100では9位、UKシングルスでは14位、オーストラリアでは10位と世界各地のチャートで上位を記録しました。

「We Don’t Talk Anymore」の意味とは?

「We Don’t Talk Anymore」は、「私たちはもう話さない、話すことはない」という訳になります。別れた後のカップルですが、お互いまだどこかで想い合っている部分があり、その「未練と切なさ」を描いた内容です。チャーリー・プースとセレーナ・ゴメスのハーモニーは何とも言えない切なさがあります。

それでは、まずはお聞きください。

We Don’t Talk Anymore 基本情報

曲名:We Don’t Talk Anymore
アーティスト:Charlie Puth feat. Selena Gomez
発売日:2016年05月24日
収録アルバム:Nine Track Mind

「We Don’t Talk Anymore:Charlie Puth」の動画


youtube「We Don’t Talk Anymore:Charlie Puth」より

ここから「We Don’t Talk Anymore:Charlie Puth」の翻訳開始!

↓↓↓↓↓ ここから歌詞の翻訳です ↓↓↓↓↓

[Charlie Puth:]
We don’t talk anymore, we don’t talk anymore
(僕らはもう話すことはない、もう話すことはない)

We don’t talk anymore, like we used to do
(僕らはもう話すことはない、かつて僕らがしてたように)

We don’t laugh anymore
(僕らはもう笑い合ったりはしない)

What was all of it for?
(すべては何のためだったんだろうか)

Oh, we don’t talk anymore
(僕らはもう話すことはない)

Like we used to do
(かつて僕らがしてたように)

I just heard you found the one you’ve been looking
(聞いたんだ、君が探し求めていたような人を見つけたって)

You’ve been looking for
(そう、君がずっと探してた理想の人を)

I wish I would have known that wasn’t me ※01
(それが僕じゃないって気づいてればよかった)

‘Cause even after all this time I still wonder
(だって、すべて過ぎ去った後でも、僕はまだ考てしまうんだ)

Why I can’t move on
(なぜ、前に進めないんだろう)

Just the way you did so easily
(簡単に次の人を探した君のように)

Don’t wanna know
(知りたくもない)

Kind of dress you’re wearing tonight
(今夜、君がどんなドレスを身にまとってるかなんて)

If he’s holdin’ onto you so tight
(もし、そいつが君を強く抱きしめていたら)

The way I did before
(僕が以前、君を抱きしめたように)

I overdosed ※02
(僕は狂ってしまう)

Should’ve known your love was a game
(君の愛はただの遊びだって知っておくべきだったんだ)

Now I can’t get you out of my brain
(今でも、君のことが頭から離れないんだ)

Oh, it’s such a shame
(あぁ、こんなにも辛いなんて)

We don’t talk anymore, we don’t talk anymore
(僕らはもう話すことはない、もう話すことはない)

We don’t talk anymore, like we used to do
(僕らはもう話すことはない、かつて僕らがしてたように)

We don’t laugh anymore
(僕らはもう笑い合ったりはしない)

What was all of it for?
(すべては何のためだったんだろうか)

Oh, we don’t talk anymore
(僕らはもう話すことはない)

Like we used to do
(かつて僕らがしてたように)

[Selena Gomez:]
I just hope you’re lying next to somebody
(わたしはただ望んでるの、あなたが誰かの隣で寝ているのを)

Who knows how to love you like me
(わたしのようにあなたの愛し方を知ってる人と)

There must be a good reason that you’re gone
(そうだったら、あなたが去っていった良い理由になるもの)

Every now and then I think you might want me to come show up at your door ※03
(今でも思うの、わたしがあなたの家の玄関に姿を表してほしいんじゃないかって)

But I’m just too afraid that I’ll be wrong
(でも、それが勘違いだったらって思うと、とても怖いのよ)

Don’t wanna know
(知りたくもないの)

If you’re looking into her eyes
(あなたが彼女の瞳をのぞいているのを)

If she’s holdin’ onto you so tight
(もし、彼女があなたを強く抱きしめていたら)

The way I did before
(わたしが以前、あなたを抱きしめたように)

I overdosed
(わたしは狂ってしまう)

Should’ve known your love was a game
(あなたの愛はただの遊びだったて知ってればよかった)

Now I can’t get you out of my brain
(今でも、あなたのことが頭から離れないの)

Oh, it’s such a shame
(あぁ、とても辛いの)

[Charlie Puth & Selena Gomez:]
That we don’t talk anymore, we don’t talk anymore
(僕らはもう話すことはない、もう話すことはない)

We don’t talk anymore, like we used to do
(僕らはもう話すことはない、かつて僕らがしてたように)

We don’t laugh anymore
(僕らはもう笑い合ったりはしない)

What was all of it for?
(すべては何のためだったんだろうか)

Oh, we don’t talk anymore
(僕らはもう話すことはない)

Like we used to do
(かつて僕らがしてたように)

Like we used to do
(かつて僕らがしてたように)

Don’t wanna know
(知りたくもない)

Kind of dress you’re wearing tonight
(今夜、君がどんなドレスを身にまとってるかなんて)

If he’s holdin’ onto you so tight
(もし、そいつが君を強く抱きしめていたら)

The way I did before
(僕が以前、君を抱きしめたように)

I overdosed
(わたしは狂ってしまう)

Should’ve known your love was a game
(あなたの愛はただの遊びだったて知ってればよかった)

Now I can’t get you out of my brain
(今でも、あなたのことが頭から離れないの)

Oh, it’s such a shame
(あぁ、こんなにも辛いなんて)

That we don’t talk anymore, we don’t talk anymore
(僕らはもう話すことはない、もう話すことはない)

We don’t talk anymore, like we used to do
(僕らはもう話すことはない、かつて僕らがしてたように)

We don’t laugh anymore
(僕らはもう笑い合ったりはしない)

What was all of it for?
(すべては何のためだったんだろうか)

Oh, we don’t talk anymore
(僕らはもう話すことはない)

Like we used to do
(かつて僕らがしてたように)

We don’t talk anymore
(僕らはもう話すことはない)

Don’t wanna know
(知りたくもない)

Kind of dress you’re wearing tonight
(今夜、君がどんなドレスを身にまとってるかなんて)

If he’s holdin’ onto you so tight
(もし、そいつが君を強く抱きしめていたら)

The way I did before
(僕が以前、君を抱きしめたように)

We don’t talk anymore
(僕らはもう話すことはない)

I overdosed
(僕は狂ってしまう)

Should’ve known your love was a game
(君の愛はただの遊びだって知っておくべきだったんだ)

Now I can’t get you out of my brain
(今でも、君のことが頭から離れないんだ)

Oh, it’s such a shame
(あぁ、こんなにも辛いなんて)

We don’t talk anymore
(僕らはもう話すことはない)

曲の感想とまとめ

チャーリー・プースとセレーナ・ゴメス

いかがでしたでしょうか?いつもスパって別れられるといいですが、お互いに「未練」というものは意外に残るものです。セレーナ・ゴメスとチャーリー・プースは実際に交際?破局?してるのではないかと海外メディアは報じいたり、ホットな話題がつきません。

「We Don’t Talk Anymore」は日本旅行の際にメロディが浮かんできた?

MTVのインタビュー記事から抜粋して、まとめます。チャーリーは日本に旅行に訪れた際にマンダリンホテルに泊まりました。最上階から見える景色に感動を覚えるとメロディが浮かんできて、すぐに隣の部屋のギターリストを呼んだそうです。「収録機材がなかったから、自分のiPhoneに収録したんだ」と語っており、その後に編集を行なったそうです。
参考元:MTV NEWS「WE DON’T TALK ANYMOREに関する記事」より

「We Don’t Talk Anymore」のライブ動画を2つ紹介!

「We Don’t Talk Anymore」のライブ動画を2つ紹介します。1つは、チャーリーがセレーナのツアー「Revival Tour」に参加した時の動画です。そして2つ目は、「Teen Choice Awards」でパフォーマンスを行なった時のモノです。この2つ目の動画はピアノソロがめちゃくちゃカッコ良いです。

Charlie Puth & Selena Gomez – We Don’t Talk Anymore
We Don’t Talk Anymore(Teen Choice Awards):ピアノソロがカッコいい!

最後に文法・歌詞の説明

それでは最後に文法、歌詞の部分で説明が必要かなと思う部分を少し追記して終わりたいと思います。

01. I wish I would have known that wasn’t me
「would+have+過去分詞」で、「〜してたらよかった、~しただろう、~すべきだったのに」という意味になります。「that」は、その前の歌詞から「運命の人」という意味が入るので、「運命の人が僕じゃなかったと知ってればよかったのに」という訳になります。

02. I overdosed
「overdosed」とは、主に「薬の過剰投与、過剰投与する、飲み過ぎる」という意味です。ドラッグに紐づけることもできますが、僕は「狂ってしまう」という感じで少し意訳しています。

03. Every now and then I think you might want me to come show up at your door
ここの訳は「今でも思うの、わたしがあなたの家の玄関に姿を表してほしいんじゃないかって」となります。ここの箇所は、もし私が玄関に姿を現せば、あなたの心が変わるかもしれない、つまりもう一度「復縁」できるかもしれないという意味が込められています。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください