【We Can’t Move to This】の和訳:Ellie Goulding(エリー・ゴールディング)

今回は、Ellie Goulding(エリー・ゴールディング)「We Can’t Move to This(ウィー・キャント・ムーブ・トゥー・ディス)」の翻訳です。

「We Can’t Move to This」は、エリー・ゴールディングが2015年11月にリリースした3rdアルバム「Delirium」に収録されている曲です。同アルバムはUKチャートで3位、ビルボードで3位と世界中でヒットを記録しました。

【目次】

それでは、お聞きください。


We Can’t Move to This 基本情報

曲名:We Can’t Move to This
アーティスト:Ellie Goulding
出身:ロンドン(英国)
ジャンル:ポップ、エレクトロポップ
チャート:なし
発売日:2015年11月06日
収録アルバム:Delirium

Ellie Goulding : We Can’t Move to This We Can’t Move to This
Ellie Goulding
apple music
「We Can’t Move to This:Ellie Goulding」の動画


YouTube「We Can’t Move to This:Ellie Goulding」より

「We Can’t Move to This:Ellie Goulding」の翻訳

※グレイの箇所をクリックすると、解説を見ることができます。

Used to roll in perfect motion, easy*
(完璧な動きでクルりと回る、いとも簡単に)

直訳すると「完璧な動きで回るのに慣れている」となりますが、少し意訳しています。

Lips like Tanqueray*
(タンカレーのような唇)

「Tanqueray(タンカレー)」とは、イギリスで作られているジン(酒)のブランドです。「ジンのロールス・ロイス」と呼ばれるほど、評価が高いお酒です。
Tanqueray in We Can’t Move to This

Tropical sunrises, never sleeping
(南国に浮かぶ日の出、決して沈むことはない)

I don’t know what changed
(何かが変わったことにも気づかない)

All I want to do is feel the rhythm of the night
(欲しいのは、夜に響くリズムを感じること)

You’ve been running from the dark
(暗闇を背に走り続ければ)

You can’t look me in the eyes
(私を見つめることなんてできなくなる)

Being called into the heat
(熱いモノが呼び起こされ)

Even if it’s burning me
(燃え盛る想いになったとしても)

I just need to dance without you
(あなたなしで踊りたいの)

We can’t move to this*
(私たちにこれ以上先はない)

「this」が指しているモノが「お互いの関係」のことかなと思い、「私たちにこれ以上先はない」と訳しています。

We can’t even talk, boy
(会話さえできず)

We don’t even kiss
(キスさえもせず)

It never works
(愛し合うこともない)

We can’t move to this
(私たちにこれ以上先はない)

We can’t even talk, boy
(会話さえできず)

We don’t even kiss
(キスさえもせず)

You’re not in love
(あなたには愛はないの)

We can’t move to this
(私たちにこれ以上先はない)

We can’t even talk, boy
(会話さえできず)

We don’t even kiss
(キスさえもせず)

It never works
(愛し合うこともない)

We can’t move to this
(私たちにこれ以上先はない)

We can’t even talk, boy
(会話さえできず)

We don’t even kiss
(キスをすることさえもないの)

Through the streets and all the places I’ve been
(行ったことのある通りや場所を思い返すと)

I can see we never had harmony
(私たちは一度も上手くいってなかったとわかった)

I won’t go even though I’m alone and I know I want out
(たとえ一人きりでも、ここから抜け出したいとわかっていても、あなたについていくことはない)

I go up without you bringing me down
(だから行くわ、ガッカリさせるようなあなたはいらない)

Such a rush
(急ぐわ)

So now I’m staying to dance on my own
(もう一人で踊ることにしたの)

On my own
(一人で)

And all I know is
(それがわかったことなの)

We can’t move to this
(私たちにこれ以上先はない)

We can’t even talk, boy
(会話さえできず)

We don’t even kiss
(キスさえもせず)

It never works
(愛し合うこともない)

We can’t move to this
(私たちにこれ以上先はない)

We can’t even talk, boy
(会話さえできず)

We don’t even kiss
(キスさえもせず)

You’re not in love
(あなたには愛はないの)

We can’t move to this
(私たちにこれ以上先はない)

We can’t even talk, boy
(会話さえできず)

We don’t even kiss
(キスさえもせず)

It never works
(愛し合うこともない)

We can’t move to this
(私たちにこれ以上先はない)

We can’t even talk, boy
(会話さえできず)

We don’t even kiss
(キスさえもせず)

You’re not in love
(あなたには愛はないの)

Now I’m giving you up tonight
(今夜、あなたを諦める)

Now I’m giving you up tonight
(今夜、あなたを諦める)

And I’m dancing on my own because
(そして一人きりで踊る、なぜなら)

We can’t move together
(私たちは一緒に行けない)

Now I’m giving you up tonight
(今夜、あなたを諦める)

Now I’m giving you up tonight
(今夜、あなたを諦める)

And I’m dancing on my own because
(そして一人きりで踊る、なぜなら)

We can’t move together
(私たちは一緒に行けない)

Now I’m giving you up tonight
(今夜、あなたを諦める)

Now I’m giving you up tonight
(私たちは一緒に行けない)

And I’m dancing on my own because
(そして一人きりで踊る、なぜなら)

We can’t move together
(私たちは一緒に行けない)

Now I’m giving you up tonight
(今夜、あなたを諦める)

Now I’m giving you up tonight
(今夜、あなたを諦める)

And I’m dancing on my own because
(そして一人きりで踊る、なぜなら)

We can’t move to
(私たちはこれ以上は…)

We can’t move to this
(私たちにこれ以上先はない)

We can’t even talk, boy
(会話さえできず)

We don’t even kiss
(キスさえもせず)

It never works
(愛し合うこともない)

We can’t move to this
(私たちにこれ以上先はない)

We can’t even talk, boy
(会話さえできず)

We don’t even kiss
(キスさえもせず)

And all I know is
(それがわかったことなの)

We can’t move to this
(私たちにこれ以上先はない)

We can’t even talk, boy
(会話さえできず)

We don’t even kiss
(キスさえもせず)

It never works
(愛し合うこともない)

We can’t move to this
(私たちにこれ以上先はない)

We can’t even talk, boy
(会話さえできず)

We don’t even kiss
(キスさえもせず)

I’m not in love
(私にはもう愛はないの)

解説とまとめ

Ellie Goulding(エリー・ゴールディング)

「We Can’t Move to This」は、エリー・ゴールディングの3rdアルバム「Delirium」に収録されている曲です。同アルバムは、イギリス、アメリカ、オーストラリアで3位に入るなど世界中でヒットを記録しました。

「We Can’t Move to This」は、別れた恋人に対して「これ以上一緒に居たくない」とトドメの一撃とも取れる内容です。シングルリリースされた「On My Mind」と同じような内容なので、もしかしたら2015年当時に大きな話題になっていた元恋人エド・シーランに対して歌ったのかもしれません。あくまで推測です。

「We Can’t Move To This」のライブ・パフォーマンス!

2016年10月にリヴァプールのエコー・アリーナで行われたエリー・ゴールディングのライブ・パフォーマンスです。

Ellie Goulding – We Can’t Move To This

最後に感想を

エド・シーランとエリー・ゴールディングについてわからない人のために簡潔に書いておきます。

エド・シーランとエリー・ゴールディングが交際

エリー・ゴールディングがワンダイレクションのナイル・ホーランと浮気

破局

エド・シーランが悲しみに明け暮れ、復讐。「Don’t」をリリース。

エリー・ゴールディングがアンサーで「On My Mind」をリリース。

うやむやに…

と、このような感じの流れになっています。そして、この「We Can’t Move To This」が「On My Mind」と同じアルバムに収録されているので、聞く人が聞いたらエド・シーランのことかなと思います。いや、絶対に思うと思います。

今回はいつもリクエストをくださるmeguさんから、和訳のリクエストを頂きました。meguさん、いつもリクエストありがとうございます。少しずつ寒い季節になってきたので体調など崩さず暖かくしてくさいね。いつも僕のブログを見て頂いて本当にありがとうございます。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

Ellie Goulding : We Can’t Move to This We Can’t Move to This
Ellie Goulding
apple music
この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください