【Starving】の和訳:Hailee Steinfeld and Grey feat. Zedd

今回は、Hailee Steinfeld and Grey feat. Zedd(ヘイリー・スタインフェルド & グレイ feat. ゼッド)「Starving(スターヴィング)」の翻訳をしたいと思います。

「Starving」は、アメリカの女優・歌手のヘイリー・スタインフェルドと兄弟で音楽プロデューサーのグレイによる曲で、共同プロデューサーにゼッドを迎えています。ヘイリーのデビュー・ミニアルバム(EP)「Haiz」に収録され、2016年7月にリリースされました。ビルボード100で12位、UKシングルスで5位、オーストラリアで5位など世界中でヒットを記録しました。

「Starving」の意味とは?

「Starving」とは、「(めちゃくちゃ)お腹が減っている」という意味で、「hungry(腹ぺこ)」よりも強い言い方です。曲中では、このような「I didn’t know that I was starving till I tasted you(あなたを味わうまで、こんなにも求めていたなんて気づかなかったの)」という感じで「渇望する、求めている」という意味合いで使われています。「I tasted you(あなたを味わう)」など、まさに肉食形女子のような歌詞が特徴の曲です。

それでは、まずはお聞きください。

Starving 基本情報

曲名:Starving
アーティスト:Hailee Steinfeld and Grey feat. Zedd
発売日:2016年07月15日
収録アルバム:Haiz

「Starving:Hailee Steinfeld and Grey」の動画


YouTube「Starving:Hailee Steinfeld and Grey」より

ここから「Starving:Hailee Steinfeld and Grey」の翻訳開始!

↓↓↓↓↓ ここから歌詞の翻訳です ↓↓↓↓↓

You know just what to say, things that scare me
(あなたは「何を言えばいいか」を分かってる、怖いくらいに)

I should just walk away, but I can’t move my feet
(あなたから離れるべきなんだろうけど、足は動かない)

The more that I know you, the more that I want to ※01
(あなたを知れば知るほど、もっと求めてしまう)

Something inside me’s changed
(何かが私の中で変わったの)

I was so much younger yesterday ※02
(昨日までの私はただの子供だったのよ)

I didn’t know that I was starving till I tasted you
(あなたを味わうまで、こんなにも求めていたなんて気づかなかったの)

Don’t need no butterflies when you give me the whole damn zoo ※03
(蝶蝶なんていらない、あなたは動物園を丸ごと与えてくれるのに)

By the way, right away, you do things to my body
(そうやって、今すぐにでも、私の体を熱くさせる)

I didn’t know that I was starving till I tasted you
(あなたを味わうまで、こんなにも求めていたなんて気づかなかったのよ)

By the way, right away, you do things to my body
(そうやって、今すぐにでも、私の体を熱くさせる)

I didn’t know that I was starving till I tasted you
(あなたを味わうまで、こんなにも求めていたなんて気づかなかったの)

You know just how to make my heart beat faster
(あなたは「どうすれば私をドキドキさせるか」を分かってる)

Emotional earthquake, bring on disaster
(感情は地震のように、災害をもたらすの)

You hit me head on, got me weak in my knees ※04
(真っ正面から衝撃を受けると、私は立っていられない)

Yeah, something inside me’s changed
(何かが私の中で変わったの)

I was so much younger yesterday
(昨日までの私はただの子供だったのよ)

So much younger yesterday
(昨日までは子供だったのよ)

I didn’t know that I was starving till I tasted you
(あなたを味わうまで、こんなにも求めていたなんて気づかなかったの)

Don’t need no butterflies when you give me the whole damn zoo
(蝶蝶なんていらない、あなたは動物園を丸ごと与えてくれるのに)

By the way, right away, you do things to my body
(そうやって、今すぐにでも、私の体を熱くさせる)

I didn’t know that I was starving till I tasted you
(あなたを味わうまで、こんなにも求めていたなんて気づかなかったのよ)

By the way, right away, you do things to my body
(そうやって、今すぐにでも、私の体を熱くさせる)

I didn’t know that I was starving till I tasted you
(あなたを味わうまで、こんなにも求めていたなんて気づかなかったの)

You you, yeah till I tasted you
(あなたを…、あなたを味わうまで)

By the way, by the way, you do things to my body
(そうやって、今すぐにでも、私の体を熱くさせる)

I didn’t know that I was starving till I tasted you
(あなたを味わうまで、こんなにも求めていたなんて気づかなかったの)

(I didn’t know till I tasted you)
(あなたを味わうまで、気づかなかったのよ)

The more that I know you, the more that I want to
(あなたを知れば知るほど、もっと求めてしまう)

Something inside me’s changed
(何かが私の中で変わったの)

I was so much younger yesterday
(昨日までの私はただの子供だったのよ)

曲の感想とまとめ

Hailee Steinfeld and Grey feat. Zedd(ヘイリー・スタインフェルド & グレイ feat. ゼッド)

いかがでしたでしょうか?エロティックな部分がありつつも、素敵な言い回しがあったりして、何か良い感じの曲だなと思いました。だけど、この箇所「you do things to my body(あなたは私の体を熱くさせる)」など、どうやって訳そうかなと頭を悩ませました。トップアーティストの4人が集まり、見事にヒットを記録させました。

グレイとゼッドは仲が良く、2018年1月には共同で「The Middle」をリリースし、こちらも世界中でメガヒットを記録しています。

「Starving」は、エド・シーランもカバー!?

イギリスのラジオ「Capital FM」のスタジオで、エド・シーランが「Starving」をカバーしました。カバーした理由についてエドは「ただ、この曲が本当にすきなんだよ」と答えています。

Ed Sheeran – Starving (Capital Live Session)

最後に文法・歌詞の説明

それでは最後に文法、歌詞の部分で説明が必要かなと思う部分を少し追記して終わりたいと思います。

01. The more that I know you, the more that I want to
「the more….., the more…..」で、「〜すれば、するほど〜だ」という決まり文句です。「知れば知る程、あなたを求める」という訳になります。
※参考元:LONGMAN「the more …, the more」より

02. I was so much younger yesterday
直訳すると「昨日は、凄い若かった」となりますが、僕は「昨日までの私はただの子供だったのよ」と少し意訳しています。「若い = 無知」を表しており、最初は何でも分かってしまうあなたが怖かったけれど、知れば知るほど好きになった。昨日までの自分はただの子供だったのよ、という意味ですね。

03. Don’t need no butterflies when you give me the whole damn zoo
「Butterflies in stomach」で、「ドキドキする、緊張する」という意味があります。ここでは、「蝶々なんて必要ない、だって動物園ぐらい大きなドキドキを与えてくれるから」という意味合いになります。
※参考元:Cambridge Dictionay「have butterflies (in your stomach)」より

04. You hit me head on, got me weak in my knees
「head on」で、「正面からの」という意味です。前の文章で、「災害」という単語を使っており、大きな衝撃が正面からくると「私は立っていられなくなる」という訳になります。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください