よく聞く【Hallelujah(ハレルヤ)】という曲とは誰の曲なのか?解説と和訳

今回は、映画や海外ドラマなどでよく耳にする「Hallelujah(ハレルヤ)」という曲の翻訳と説明をしていきたいと思います。

「ハ〜レル〜ヤ〜、ハ〜レル〜ヤ〜」と耳に心地よい曲調と歌詞で有名な「Hallelujah」という曲は、カナダのシンガーソングライターであるLeonard Cohen(レナード・コーエン)によって書かれ、1984年にリリースされました。

1991年にJohn Cale(ジョン・ケイル)がカバーしたバージョンは高く評価され、このジョン・ケイルのバージョンを元にその後多くのアーティストがカバーしたり、映画やドラマなどで使われるようになります。おそらく一番商業的に成功したのは1994年にJeff Buckley(ジェフ・バックリィ)がリリースしたバージョンです。もちろん、ジェフ・バックリィのバージョンもジョン・ケイルのバージョンを元にしています。

今回は、映画シュレックや多くのアーティストがカバーの参考にしているジョン・ケイルのバージョンの翻訳をします。原曲と歌詞が少し異なるのでご注意を。それでは、まずは聞いてみてください。

Hallelujahの基本情報

曲名:Hallelujah(ハレルヤ)
アーティスト名:Leonard Cohen(レナード・コーエン)
発売日:1984年12月
収録アルバム:Various Positions

「Hallelujah:Leonard Cohen」のバージョン(原曲)

「Hallelujah:John Cale」のバージョン


※↑コチラのバージョンを翻訳しています。

ここから「Hallelujah:John Cale」の翻訳開始!

↓↓↓↓↓ ここから歌詞の翻訳です ↓↓↓↓↓

I’ve heard there was a secret chord
(この世には秘密のコードがあると聞いたことがある)

That David played and it pleased the Lord
(それはダビデが奏でたもので、主を微笑ませた)

But you don’t really care for music, do you?
(でも、皆そこまでこの音楽に繊細ではない、そうだろ)

Well it goes like this:
(そのコードはこういう風に刻む)

The fourth, the fifth, the minor fall and the major lift
(4度、そして5度の和音、短調で下げて長調で上げていく)

The baffled king composing Hallelujah
(困惑しながら王は、主を讃える曲を作ったのである)

Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
(ハレルヤ、主に感謝し、喜びと賛美を)

Well your faith was strong but you needed proof
(君の信仰心は篤い、だがその証を欲した)

You saw her bathing on the roof
(君は屋根の上で入浴する女を見かけた)

Her beauty and the moonlight overthrew you
(彼女の美しさと月明かりに照らされる姿に君は誘惑された)

She tied you to a kitchen chair
(彼女は君をキッチンの椅子に縛りつけると)

She broke your throne and she cut your hair
(王座を破壊し、君の髪を切った)

And from your lips she drew the Hallelujah
(それから君の唇から主を讃える言葉を導き出したのである)

Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
(ハレルヤ、主に感謝し、喜びと賛美を)

Well, baby, I’ve been here before
(ベイビー、私は以前ここに来たことがある)

I’ve seen this room and I’ve walked this floor (you know)
(この部屋も見たことがあるし、この床も歩いたことがあるんだ)

I used to live alone before I knew you
(君と知り会う前は、私はずっと一人で住んでいたのだ)

And I’ve seen your flag on the marble arch
(マーブルアーチの上で君が旗を掲げるのを見た)

And love is not a victory march
(しかし、愛は勝利を見せびらかせるようなものではない)

It’s a cold and it’s a broken Hallelujah
(愛は冷たく脆いモノなのだ、だからこそ救いを求め主を讃えるのだ)

Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
(ハレルヤ、主に感謝し、喜びと賛美を)

Well, there was a time when you let me know
(そういえば、君に教えられた時があった)

What’s really going on below
(目下で本当は何が起こっているのかを)

But now you never show that to me, do you?
(だが、もう君は私の前に姿を現さなくなった、違うかい)

And remember when I moved in you
(私が喜びを覚えた時のことを思い出させ)

And the holy dove was moving too
(聖なる鳩は飛び立ち)

And every breath we drew was Hallelujah
(私たちから出た息吹すべては神を讃えるものだったのである)

Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah, Hallelujah
(ハレルヤ、主に感謝し、喜びと賛美を)

Maybe there’s a God above
(主は我々の真上におられるのかもしれない)

But all I’ve ever learned from love
(しかし、私がこれまで愛から学んできたものというのは)

Was how to shoot somebody who outdrew you
(君よりも銃を抜くのが早い者をいかに早く撃ち殺す方法だった)

And it’s not a cry that you hear at night
(君が夜に聞いたのは、誰かのすすり泣く声ではない)

It’s not somebody who’s seen the light
(それは光を見たものではないのだ)

It’s a cold and it’s a broken Hallelujah
(それは冷たく脆いモノだ、だからこそ救いを求め主を讃えるのだ)

Hallelujah, hallelujah, hallelujah, hallelujah
(ハレルヤ、主に感謝し、喜びと賛美を)

曲の感想とまとめ

Hallelujah(ハレルヤ)

いかがでしたでしょうか?少し意味が難しかったり、意味が分からない部分があったかと思いますが、それは歌詞の多くが聖書からインスピレーションを受けているからです。作詞・作曲者であるレナード・コーエンはこの曲のために約80もの詩(小節)を書きました。歌詞の内容が小節毎に繋がっていないのは、一小節毎に完結している詩だからです。

「ハレルヤ」は本当に多くのアーティストにカバーされてきた

長い年月をかけて多くのアーティストによってカバーされてきた「Hallelujah(ハレルヤ)」、その数はなんと300を超えるとも言われています。少しですがカバーしたアーティストや使われた映画・ドラマを紹介します。

▼「ハレルヤ」をカバーしたアーティストの一例
Bob Dylan(ボブ・ディラン)、Willie Nelson(ウィリー・ネルソン)、Bono(U2)、Bon Jovi(ボン・ジョヴィ)、Alexandra Burke(アレクサンドラ・バーク)、Pentatonix(ペンタトニックス)など

▼「ハレルヤ」を使用した映画・ドラマの一例
シュレック(映画)、The O.C.(ドラマ)、シング(3Dアニメ映画)、ER(ドラマ)、Ugly Betty(ドラマ)など

僕のお気に入りのバージョンを紹介

上述したように多くのアーティストによってカバーされてきたハレルヤですが、僕の好きなバージョンも紹介します。2006年にノルウェーの男性シンガー4人によってカバーされたバージョンです。4人とも美しい歌声でハーモニーが本当に素敵です。

最後に文法・歌詞の説明

今回は歌詞の説明と意味を省きます。それは、聖書からの引用が多いので一つ一つ説明しているとかなり長くなってしまうためです。また、アーティストによって歌詞の解釈や歌詞を変更している箇所も見られるので、それぞれの解釈で良いのかなと思いました。

僕自身はハレルヤの歌詞には神秘的な印象を受けており、あまり詳細に説明をしたくないと思いました。ですので、歌詞の和訳はほとんど意訳せず、英語をそのまま訳しているつもりです。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

4 つのコメント “よく聞く【Hallelujah(ハレルヤ)】という曲とは誰の曲なのか?解説と和訳

  1. Leonard CohenのアルバムVarious PositionsのHallelujahリリースが1984ですが、Elvis Presleyが生前Hallelujah
    を歌っていますが、亡くなったのが1977年で、たぶん1975年に歌っていますがCohenのHallejujahが作曲されたのはいつなのでしょうか?  知っておられたら教えてくださいお願いします。

    1. せつこさん、コメントありがとうございます。

      まず、レナード・コーエンがこの曲をいつ書いたかについてはわかりません。ただレコーディングしたのは1984年6月で、リリースしたのは同年の12月なのは確かなようです。つまりこの曲が世に出たのは1984年12月以降になります。

      僕もちょっといろいろ調べさせて頂いたのですが、プレスリーがコーエンのハレルヤを歌った記録は残っておりません。おそらくせつこさんがご覧になったのはYouTubeにアップされている動画かなと思います。こちらですよね?

      やっぱりプレスリーファンが多いので、ファンには見破られてしまうようです。こちらがコメントです。

      プレスリー:ハレルヤのコメント

      フェイクだったようです。プレスリーの声のそっくりさんがハレルヤを歌ったと書けばこんなに批判はなかったと思いますが、プレスリーを演じてしまったために少し炎上したようですね…。何にしてもやっぱりいきなりYouTubeにそっくりさんが歌った曲をアップされるとファンは少し混乱してしまいますよね。もしかしたら、プレスリーの「Glory Glory Hallelujah」を聞いて触発されたのかもしれません。

      こんな感じの回答でも大丈夫でしょうか。もし疑問が尽きなかったらお気軽にコメントしてくださいね!
      コメントありがとうございました。

  2.  ご返答ありがとうございました。ヨロイさんがyoutubeで見られたのは私が言うところのelvisの動画ではないのです。お邪魔でないのでしたらelvis presley Hallelujahで検索すると1973年38歳サングラスの顔up動画(投稿者RON JESSE KINGTINING)フェイクではないelvisのバリトンでハレルヤを確かに歌っています。私も調べましたらレコーディングなしの自宅でのテープレコーダーを投稿者が手に入れてyoutubeに流しているのだろうと思われます。教えていただいたCohenのHallejujahはいつ書かれたのか分からないとのことでしたので、elvisが1973年にハレルヤを歌っているのにアルバムリリース(Hallelujah)が1984年になっていてelvisが1977年没なのに疑問に思い作られた年代を確かめたくヨロイさんにメールさせていただきました。たぶん彼が生前CohenのリリースされていないHallelujahをどこかで手に入れて自宅録音したのかと自分で納得できました。ありがとうございました。ちなみにヨロイさんのお好きなアーティストではないので悪いのですが、私の好きなHallelujahを歌うelvisが一番、2番がPentatonixです。とにかくHallelujahを聞いて名曲だなあと思い作曲者は誰? から始まりネットサーフィンで”オンガクガトマラナイ”に行きつきました。 素敵なサイトですね。 洋楽最高! 長々と書いてすみません読んでくださってありがとうございました。

    1. せつこさん、お返事ありがとうございます。

      そうですね…真実はわかりませんが、ご自身で納得したのであればそれが一番だと思います!僕もいろいろ調べて勉強になったので、今度プレスリーの曲も翻訳したいなと思います。

      僕の好きなバージョンはやはり記事内でも紹介しているノルウェーのシンガー4人が歌うバージョンです。特にガチャピンみたいな顔のKurt Nilsenが凄く好きで彼の歌声に惚れ込んでしまいました。こうして洋楽についてお話しできるのがとても嬉しく感じます。まだまだ乱筆で読みにくい部分もありますが、今後もオンガクガトマラナイをよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください