【Perfect Strangers】の和訳:Jonas Blue(ジョナス・ブルー)

今回は、Jonas Blue(ジョナス・ブルー)「Perfect Strangers feat. JP Cooper(パーフェクト・ストレンジャー feat. JPクーパー)」の翻訳をしたいと思います。

「Perfect Strangers」は、イギリスのレコードプロデューサーのジョナス・ブルーの曲で2016年6月にリリースされした。ボーカルには、マンチェスター出身のシンガーソングライターJPクーパーを迎えています。UKシングルスでは2位、ビルボード100で11位、その他世界各地で上位に入るなどメガヒットを記録しました。2016年後半からどこに行ってもかかってた記憶があります。

「Perfect Strangers」意味とは?

「Perfect Strangers」は「完全なよそ者」という直訳ができますが、「赤の他人、見ず知らずの人」という意味になります。歌詞はシンプルで分かりやすく、「赤の他人の二人が結ばれるストーリー」です。

それでは、まずは聞いてみてください。

Perfect Strangers 基本情報

曲名:Perfect Strangers
アーティスト:Jonas Blue feat. JP Cooper
発売日:2016年06月03日
収録アルバム:Jonas Blue: Electronic Nature – The Mix 2017

「Perfect Strangers:Jonas Blue」の動画


youtube「Perfect Strangers:Jonas Blue」より

ここから「Perfect Strangers:Jonas Blue」の翻訳開始!

↓↓↓↓↓ ここから歌詞の翻訳です ↓↓↓↓↓

You were looking at me like you wanted to stay
(ここに残りたいという思いで、僕を見つめていた)

When I saw you yesterday
(それは、君を見かけた昨日のことだった)

I’m not wasting your time, I’m not playing no games
(君の時間を無駄になんかしない、駆け引きもしない)

I see you
(そう、君と出会ったんだ)

Who knows the secret tomorrow will hold? ※01
(明日、君が秘密にすることなんて誰か分かるだろう?)

We don’t really need to know
(知る必要もないさ)

Cause you’re here with me now, I don’t want you to go
(だって、今君は僕とここにいる、君にどこにも行ってほしくない)

You’re here with me now, I don’t want you to go
(今君は僕とここにいる、君にどこにも行ってほしくないだ)

Maybe we’re perfect strangers ※02
(たぶん、僕らはただの赤の他人で)

Maybe it’s not forever
(これは永遠に続かないと思う)

Maybe the night will change us
(だけど、この夜は僕らを変えてしまうかもしれない)

Maybe we’ll stay together
(僕らは一緒にいると思うんだ)

Maybe we’ll walk away
(もしかしたら、離ればなれになるかもしれないし)

Maybe we’ll realize
(お互い気づくかもしれない)

We’re only human
(僕らは人間なんだ)

Maybe we don’t need no reason ※03
(だから、僕らに理由なんていらないんだ)

Maybe we’re perfect strangers
(たぶん、僕らはただの赤の他人で)

Maybe it’s not forever
(これは永遠に続かないと思う)

Maybe the night will change us
(だけど、この夜は僕らを変えてしまうかもしれない)

Maybe we’ll stay together
(僕らは一緒にいると思うんだ)

Maybe we’ll walk away
(もしかしたら、離ればなれになるかもしれないし)

Maybe we’ll realize
(お互い気づくかもしれない)

We’re only human
(僕らは人間なんだ)

Maybe we don’t need no reason why
(だから、僕らに理由なんていらないんだ、きっと)

Come on, come on, come over
(さぁ、こっちに、こっちに来るんだ)

Maybe we don’t need no reason why
(だから、僕らに理由なんていらないんだ、きっと)

Come on, come on, come over
(さぁ、こっちに、こっちに来るんだ)

No one but you got me feeling this way
(君以外、僕をこんな気持ちにさせる奴はいないし)

There’s so much we can’t explain
(説明できないモノはたくさんある)

Maybe we’re helping each other escape
(たぶん、お互い助け合いながら逃げることができる)

I’m with you
(君と一緒に)

Who knows the secret tomorrow will hold?
(明日、君が秘密にすることなんて誰か分かるだろう?)

We don’t really need to know
(知る必要もないさ)

Cause you’re here with me now, I don’t want you to go
(だって、今君は僕とここにいる、君にどこにも行ってほしくない)

You’re here with me now, I don’t want you to go
(今君は僕とここにいる、君にどこにも行ってほしくないだ)

Maybe we’re perfect strangers
(たぶん、僕らはただの赤の他人で)

Maybe it’s not forever
(これは永遠に続かないと思う)

Maybe the night will change us
(だけど、この夜は僕らを変えてしまうかもしれない)

Maybe we’ll stay together
(僕らは一緒にいると思うんだ)

Maybe we’ll walk away
(もしかしたら、離ればなれになるかもしれないし)

Maybe we’ll realize
(お互い気づくかもしれない)

We’re only human
(僕らは人間なんだ)

Maybe we don’t need no reason
(だから、僕らに理由なんていらないんだ)

Maybe we’re perfect strangers
(たぶん、僕らはただの赤の他人で)

Maybe it’s not forever
(これは永遠に続かないと思う)

Maybe the night will change us
(だけど、この夜は僕らを変えてしまうかもしれない)

Maybe we’ll stay together
(僕らは一緒にいると思うんだ)

Maybe we’ll walk away
(もしかしたら、離ればなれになるかもしれないし)

Maybe we’ll realize
(お互い気づくかもしれない)

We’re only human
(僕らは人間なんだ)

Maybe we don’t need no reason why
(だから、僕らに理由なんていらないんだ、きっと)

Come on, come on, come over
(さぁ、こっちに、こっちに来るんだ)

Maybe we don’t need no reason why
(だから、僕らに理由なんていらないんだ、きっと)

Come on, come on, come over
(さぁ、こっちに、こっちに来るんだ)

Come on, come on, come over
(さぁ、こっちに、こっちに来るんだ)

Maybe we don’t need no reason why
(だから、僕らに理由なんていらないんだ、きっと)

Come on, come on, come over
(さぁ、こっちに、こっちに来るんだ)

曲の感想とまとめ

Jonas Blue and JP Cooper

いかがでしたでしょうか?おそらく今でも至る所でかかっていたので、聞いた事があったかと思います。シンプルなメッセージ性の歌詞に心地の良いリズムはEDMの特徴です。「Perfect Strangers」は、売上以上に影響力があった曲かなと個人的には思っています。

「Perfect Strangers」のアコースティック・バージョンも良い!

実はオススメしたいのは、「Perfect Strangers」のアコースティックバージョンなんです。アコースティックはアンプに繋がないという意味です。生音で演奏されているので、カッコ良いと思います。

Jonas Blue – Perfect Strangers (Acoustic) ft. JP Cooper

最後に文法・歌詞の説明

それでは最後に文法、歌詞の部分で説明が必要かなと思う部分を少し追記して終わりたいと思います。

01. Who knows the secret tomorrow will hold?
ここの訳は「明日、君が秘密にすることなんて誰か分かるだろう?」ですが、分かりやすくすると「明日のことは誰も知る由もない」という意味になります。

02. Maybe we’re perfect strangers
「perfect strangers」は、「perfect(完全な)」と「strangers(よそ者)」という意味で、合わせると「完全な他人、赤の他人」というような意味になります。

03. Maybe we don’t need no reason
ここに気づいた人は英語好きです。「don’t need」と「no reason」で、一つの文章の中に二つの「否定形」が入っています。たまに見かける表現方法で「ダブルネガティブ」といい、「強調」を意味しています。ですので、ここは普通に「おそらく僕らに理由なんていらないんだ」という訳になります。気になる方は参考サイトに丁寧に答えてくれてる箇所があります。
※参考元:Word Reference.comより

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください