【Stargazing】の和訳:Kygo feat. Justin Jesso(カイゴ feat. ジャスティン・ジェッソ)

今回は、Kygo(カイゴ)「Stargazing feat. Justin Jesso(スターゲイジング feat. ジャスティン・ジェッソ)」の翻訳です。

「Stargazing」は、ノルウェーのDJカイゴのEP「Stargazing」に収録されており、2017年9月にシングルカットとしてリリースされました。ボーカルには、ジャスティン・ジェッソを迎えています。親子の愛情が描かれており、主人公の少年は亡くなった父親のことを思い宇宙ロケットを作り宇宙へと旅立ちます。ノルウェーでは2位、UKチャートでは44位を記録しています。

【目次】

それでは、お聞きください。


Stargazing 基本情報

曲名:Stargazing
アーティスト:Kygo feat. Justin Jesso
出身:ベルゲン(ノルウェー)
ジャンル:EDM、トロピカルハウス
チャート:2位(ノルウェー)
発売日:2017年09月22日
収録アルバム:Stargazing(EP)

Kygo feat. Justin Jesso : Stargazing Stargazing
Kygo feat. Justin Jesso
apple music
「Stargazing:Kygo feat. Justin Jesso」の動画


YouTube「Stargazing:Kygo feat. Justin Jesso」より

「Stargazing:Kygo feat. Justin Jesso」の翻訳

※グレイの箇所をクリックすると、解説を見ることができます。

You’re saying it’s hopeless, that I should hope less
(絶望的だとあなたは言う、望むべきではないと)

Heaven can help us, well maybe “she” might*
(天が僕らを助けてくれる、たぶん…きっと母さんも)

この歌詞はビデオのディレクターも務めているフィリップ・ロペスによって書かれており、MVとリンクしています。天国とは「父親」のことを指しており、「she」とは「残された母親」のことを指していると思われます。

You say it’s beyond us, what is beyond us?*
(だけど無理だとあなたは言う、何が無理なんだ?)

「beyond」は、「〜の向こう側」という意味です。「beyond」の次に目的格「us、me、you」が続くと「〜の理解を超えた、超越した」という意味になります。ですので、「beyond us」で「私たちには分からない、無理である」と訳すことができます。
※Cambridge Dictionary「beyond me」より

Let’s see and decide
(見てから決めてもいいだろ)

We’ve been meteoric, even before this
(僕らはずっと流星のようだった、きっと昔から)

Burns half as long when it’s twice as bright
(どちらかが燃えていれば、二倍の輝きを増す)

So if it’s beyond us, then it’s beyond us
(だからもし無理だって思うなら、本当に無理と思うなら)

Let’s see and decide
(見てから決めてもいいだろ)

And I will still be here, stargazing*
(僕はまだここにいて、星を眺めてる)

「stargazing」は、「星を観測する、眺める、空想にふける」という意味になります。

I’ll still look up, look up
(ずっと見上げ続け)

Look up for love
(愛を探してる)

I will still be here, stargazing
(僕はまだここにいて、星を眺めてる)

I’ll still look up, look up
(ずっと見上げ続け)

Look up for love
(愛を探してる)

Don’t you, give up, for me
(諦めないでほしい、僕のために)

Don’t fall, don’t give up, for love
(落ち込まず、諦めないでほしい、愛のために)

Don’t you, give up, for me
(諦めないでほしい、僕のために)

Don’t fall, don’t give up, for love
(落ち込まず、諦めないでほしい、愛のために)

Don’t you, give up, for me
(諦めないでほしい、僕のために)

Don’t fall, don’t give up, for love
(落ち込まず、諦めないでほしい、愛のために)

Don’t you, give up, for me
(諦めないでほしい、僕のために)

Don’t fall, don’t give up, for love
(落ち込まず、諦めないでほしい、愛のために)

I’m trying to save us, you don’t wanna save us
(僕らを救おうとしているのに、あなたはそれを望んでいない)

You blame human nature, and say it’s unkind*
(人の本能を咎め、思いやりのない言葉を吐く)

「Human nature」で、「人の性、人の本能」という意味になります。「nature」が「自然」という意味なので、人間が本来持っているモノだと考えるとわかりやすいかと思います。

Let’s make up our own minds, we’ve got our whole lives*
(決めないといけない、僕らが歩んで行く人生を)

「make up one’s mind」で、「決心する」という意味になります。

Let’s see and decide, decide
(見てから決めればいい、決めればいいんだ)

And I will still be here, stargazing
(僕はまだここにいて、星を眺めてる)

I’ll still look up, look up
(ずっと見上げ続け)

Look up for love
(愛を探してる)

Stars don’t disappear, they keep blazing
(星は消えない、輝き続ける)

Even when the night is over
(たとえ夜が明けた時でさえ)

And I will still be here, stargazing
(僕はまだここにいて、星を眺めてる)

I’ll still look up, look up
(ずっと見上げ続け)

Look up for love
(愛を探してる)

Stars don’t disappear, they keep blazing
(星は消えない、輝き続ける)

Even when the night is over
(たとえ夜が明けた時でさえ)

That’s how I find the light
(そして、これが見つけた光なんだ)

Don’t you, give up, for me
(諦めないでほしい、僕のために)

Don’t fall, don’t give up, for love
(落ち込まず、諦めないでほしい、愛のために)

That’s how I find the light
(これが見つけた光なんだ)

Don’t you, give up, for me
(諦めないでほしい、僕のために)

Don’t fall, don’t give up, for love
(落ち込まず、諦めないでほしい、愛のために)

Don’t you, give up, for me
(諦めないでほしい、僕のために)

Don’t fall, don’t give up, for love
(落ち込まず、諦めないでほしい、愛のために)

Don’t you, give up, for me
(諦めないでほしい、僕のために)

Don’t fall, don’t give up, for love
(落ち込まず、諦めないでほしい、愛のために)

That’s how I find the light
(これが見つけた光なんだ)

Don’t you, give up, for me
(諦めないでほしい、僕のために)

Don’t fall, don’t give up, for love
(落ち込まず、諦めないでほしい、愛のために)

That’s how I find the light
(これが見つけた光なんだ)

Don’t you, give up, for me
(諦めないでほしい、僕のために)

Don’t fall, don’t give up, for love
(落ち込まず、諦めないでほしい、愛のために)

解説とまとめ

Kygo(カイゴ)

「Stargazing」が収録されているEP「Stargazing」は、2ndアルバム「Kids in Love」がリリースする少し前2017年9月にリリースされました。このEPには他にもセレーナ・ゴメスとコラボした「It Ain’t Me」が収録されており、こちらもシングルカットされメガヒットを記録しました。

「Stargazing」は、作詞とMVディレクターをPhillip R. Lopez(フィリップ・ロペス)が務めており、歌詞とMVが繋がって見れる作品です。主人公の少年は、亡くなった父親のメモ「星の中でいつもでも俺を見つけられる」を読み、宇宙へと飛び立つことを決意します。反対する母親には内緒でロケット作りを続け、周りにいる人もそれを助けます。ある日、母親は息子が本気でロケット作りをしていること、そんな息子を認めてやるべきだと説得され、実際に彼の作業場に行きます。そこで見つけたのが亡き夫のメモだったのです。母親はすべて悟り、最後は息子の背中を押してやるのです。

ビルボードで、「Emotional(感情的)」なミュージックビデオと評され、高い評価を受けた作品です。もし、お時間があればもう一度ビデオを見てみてください。

カイゴが2018年iHeartRadioフェスで「Stargazing」をパフォーマンス

2018年9月21日、22日にラスベガスで行われた「iHeartRadio Music Festival」にカイゴとジャスティン・ジェッソが登場し「Stargazing」のパフォーマンスを行いました。

Kygo – Stargazing Ft. Justin Jesso (iHeartRadio Music Festival)

最後に感想を

最初歌を聞いた時は「Stargazing」が愛の歌なのかと思いましたが、いろいろ調べて行くと親子の愛情をうたった歌だとわかりました。MVでは少年が作った凄いチープなロケットで宇宙に旅立つんですが、何か凄い感情移入をしてしまい一人でウルってしてしまいました。もしお時間あれば、ぜひもう一度MVを見てほしい作品です。

ちなみに上でも書いたのですが、セレーナ・ゴメスとコラボした「It Ain’t Me」もオススメなので、お時間あれば聞いてみてください!

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

Kygo feat. Justin Jesso : Stargazing Stargazing
Kygo feat. Justin Jesso
apple music
この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください