【Back to You】の和訳:Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)

今回は、Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)「Back to You(バック・トゥー・ユー)」の翻訳をしたいと思います。

「Back to You」は、セレーナ・ゴメスがエグゼクティブ・プロデューサーを務めるドラマ「13 Reasons Why(日本題:13の理由)」のシーズン2に使用されている曲で、2018年5月にシングルカットされました。米国ビルボード100で22位、UKシングルスでは13位、オーストラリアで4位、など人気なドラマだけに世界中でチャート上位を獲得しました。

「Back to You」の意味とは?

「Back to You」とは、サビの箇所「I know I’d go back to you(分かってる、あなたの元へ戻るって)」からきています。ドラマ「13の理由」は、「自殺」をテーマにした物語です。主人公の男の子(クレイ)は、ある日玄に置いてある箱を見つけます。箱を開けるとテープが入っており、送り主は思いを寄せていた女の子(ハンナ)からのものだった。でも、ハンナは2週間前に自殺をしている。テープの中にはハンナが自殺した「13の理由」が録音されており、物語は始まっていきます。

それでは、まずはお聞きください。

Back to You 基本情報

曲名:Back to You
アーティスト:Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)
発売日:2018年05月10日
収録アルバム:13 Reasons Why (Season 2) サントラ

「Back to You:Selena Gomez」の動画


YouTube「Back to You:Selena Gomez」より

ここから「Back to You:Selena Gomez」の翻訳開始!

↓↓↓↓↓ ここから歌詞の翻訳です ↓↓↓↓↓

Took you like a shot ※01
(すぐにあなたを捕まえた)

Thought that I could chase you with a cold evening
(寒い夜の中であなたを追いかけられると思ったの)

Let a couple years water down how I’m feeling about you ※02
(あなたへの想いは数年経てば薄れていく)

And every time we talk
(会話が始まればいつも)

Every single word builds up to this moment
(一言会話を交わす毎にあなたへの想いが強まっていく)

And I gotta convince myself I don’t want it ※03
(でも、そんなこと望んでないと自分にいい聞かせてる)

Even though I do
(たとえ、望んでいたとしても)

You could break my heart in two
(きっと、あなたは私の心を二つに切り裂く)

But when it heals, it beats for you
(だけど傷が癒えれば、またあなたのために鼓動を刻む)

I know it’s forward, but it’s true ※04
(先の話だって分かってる、でも本当なの)

I wanna hold you when I’m not supposed to ※05
(いけないと思いながらも、あなたを抱きしめたいの)

When I’m lying close to someone else
(あなたじゃない誰かと隣で眠っている時も)

You’re stuck in my head and I can’t get you out of it ※06
(あなたのことが気になって、頭から離れないの)

If I could do it all again, I know I’d go back to you
(もしすべてやり直すことができるなら、きっとあなたたの元へと戻るの)

I know I’d go back to you
(きっと、私はあなたの元へ戻るの)

I know I’d go back to you
(きっと、私はあなたの元へ戻るの)

We never got it right
(私たちが上手くいくことはなかった)

Playing and replaying old conversations
(昔の会話を繰り返し話しては)

Overthinking every word and I hate it
(すべての言葉を考え過ぎて、嫌になるの)

‘Cause it’s not me
(だって、そんなの私じゃないのよ)

And what’s the point in hiding?
(何を隠せと言うの)

Everybody knows we got unfinished business
(みんな知ってる、私たちがまだ終わってないって)

And I’ll regret it if I didn’t say
(もし何も言わなかったら、後悔すると思う)

This isn’t what it could be
(こんなことになるはずじゃなかったって)

You could break my heart in two
(きっと、あなたは私の心を二つに切り裂く)

But when it heals, it beats for you
(だけど傷が癒えれば、またあなたのために鼓動を刻む)

I know it’s forward, but it’s true
(先の話だって分かってる、でも本当なの)

I wanna hold you when I’m not supposed to
(いけないと思いながらも、あなたを抱きしめたいの)

When I’m lying close to someone else
(あなたじゃない誰かと隣で眠っている時も)

You’re stuck in my head and I can’t get you out of it
(あなたのことが気になって、頭から離れないの)

If I could do it all again, I know I’d go back to you
(もしすべてやり直すことができるなら、きっとあなたたの元へと戻るの)

I know I’d go back to you
(きっと、私はあなたの元へ戻るの)

I’d go back to you
(あなたの元へ戻るの)

I’d go back to you
(あなたの元へ戻るの)

What was there wasn’t sure
(確かなモノなんて何もなかった)

But I’d go back to you
(だけど、あなたの元へ戻るの)

I know I’d go back to you
(きっと、私はあなたの元へ戻るの)

You can break my heart in two
(あなたは私の心を二つに切り裂くことができる)

But when it heals, it beats for you
(だけど傷が癒えれば、またあなたのために鼓動を刻む)

I know it’s forward, but it’s true
(先の話だって分かってる、でも本当なの)

Won’t lie, I’d go back to you
(嘘じゃない、あなたの元へ戻る)

You know, my thoughts are running loose ※07
(分かるでしょ、思いが頭の中を駆け巡る)

It’s just a thing you make me do
(あなたのせいなの)

And I could fight, but what’s the use?
(抵抗しても、それは何の役にもたたない)

I know I’d go back to you
(分かってるの、私はあなたの元へ戻るって)

I wanna hold you when I’m not supposed to
(いけないと思いながらも、あなたを抱きしめたいの)

When I’m lying close to someone else
(あなたじゃない誰かと隣で眠っている時も)

You’re stuck in my head and I can’t get you out of it
(あなたのことが気になって、頭から離れないの)

If I could do it all again, I know I’d go back to you
(もしすべてやり直すことができるなら、きっとあなたたの元へと戻るの)

I know I’d go back to you
(きっと、私はあなたの元へ戻るの)

I know I’d go back to you
(きっと、私はあなたの元へ戻るの)

I know I’d go back to you
(きっと、私はあなたの元へ戻るの)
【※繰り返し】

曲の感想とまとめ

セレーナ、キャサリン、ディラン

いかがでしたでしょうか?心に「ジーン」とくる歌詞でしたが、セレーナが歌っているとあの人「ジャスティン・ビーバー」のことが頭に思い浮かぶのは僕だけじゃないと思います。もちろん、ファンの間では「きっと、ジャスティンだわ」となっているようです。

何かと話題の尽きることのないセレーナ・ゴメスですが、今回のドラマ「13の理由」では、女優としてではなくプロデューサーとして参加したことでも大きな話題を呼びました。曲を聞くと見てみたいなと思いますよね。

Netflix – 13 Reasons Why(13の理由)

最後に文法・歌詞の説明

それでは最後に文法、歌詞の部分で説明が必要かなと思う部分を少し追記して終わりたいと思います。

01. Took you like a shot
「like a shot」で、弾丸のようにと例えて「素早く〜をする、熱中して〜する」という意味になります。ですので、「すぐにあなたを捕まえた」という訳になります。
※参考元:Cambridge Dictionary「like a shot」より

02. Let a couple years water down how I’m feeling about you
「water down」で、「〜かが薄れていく、弱まっていく」という意味です。ですので、「あなたへの想いは数年経てば薄れていく」という訳になります。
※参考元:Cambridge Dictionary「water down」より

03. And I gotta convince myself I don’t want it
「convince」で、「説得する、納得する」という意味。ですので、「でも、そんなこと望んでないと自分にいい聞かせてる」という訳になります。
※参考元:Cambridge Dictionary「convince」より

04. I know it’s forward, but it’s true
「forward」には、「将来」という意味もあります。ですので、「先の話だと分かっている、だけどそれは本当のことなの」という訳になります。

05. I wanna hold you when I’m not supposed to
「be supposed to」、「〜することを予測していない、〜しない」という意味です。ですので、「しないと分かっていても、あなたを抱きしめたい」という意味になります。

06. You’re stuck in my head and I can’t get you out of it
「stuck」とは、「stick(棒)」の過去分詞。動詞で用いるときは「刺す、耐える、動けなくなる」という意味があり、「be stuck in my head」で、「頭から離れない」という訳になります。結構、よくでてくる表現なので覚えておきましょう。

07. You know, my thoughts are running loose
「running loose」で、「駆け巡る、駆け回る」という意味。ですので、「分かるでしょ、思いが頭の中を駆け巡る」という訳になるかなと思います。「italki」に分かりやすい解説があったので張っておきます。
※参考元:iTalki「What’s the difference between “to run loose” and “to let loose”?」より

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

2 つのコメント “【Back to You】の和訳:Selena Gomez(セレーナ・ゴメス)

  1. Let a couple years water down how I’m feeling about you ※02
    (あなたへの想いは数年経てば薄れていく)
    And every time we talk
    (会話が始まればいつも)
    Every single word builds up to this moment
    (一言一言がその瞬間を作り上げていく)
    And I gotta convince myself I don’t want it ※03
    (でも、そんなこと望んでないと自分にいい聞かせてる)
    Even though I do
    (たとえ、望んでいたとしても)

    ここの部分、若干ニュアンスが違うのでお知らせをと思いコメントしています。
    一番初めは、a couple years に自分の気持ちを water down させたい、だと思います。
    なので「2年くらいで、あなたへの気持ちを少なくしたい」=「2年くらいで気持ちがなくなればいいのに」

    And every time we talk
    でも(会話が始まればいつも)
    Every single word builds up to this moment
    全ての言葉が今この状況(あなたへの気持ちを少なくしたいのに少なくできない)を作っていて
    And I gotta convince myself I don’t want it ※03
    (あなたのことが好きという)この状況を望んでいないって言い聞かせるんだけど
    Even though I do
    (本当は)望んでいるかもしれない

    このEven though は、前の I don’t want it の続きなので、
    本当は望んでいるかもしれないけど、この状況が嫌で言い聞かせているって流れです。

    water down したいあなたへの気持ちということがThis moment として、
    全体にかかっているので、ちょっとニュアンスが変わると思います。

    1. なほさん
      ヨロイです、コメントありがとうございます。

      ちょっと一文ずつコメントしていきますね。

      ▼「a couple years」について
      「2年」と限定してもいいと思いますが、このフレーズは未来に向けて言っているので必ずしも2年とは限らないと思ってるんです。また、僕はいつも辞書を引くときは、ケンブリッジかコリンズ、ロングマンを使用しています。「Couple」という単語が必ずしも「2」という意味を示すモノではなく、「few」という意味も含まれます。あまり年数に拘りたくなかったので、「数年」と訳しました。
      ※Cambridge Dictionary「couple」より

      ▼「water down」について
      「気持ちが薄れていく」と「気持ちがなくなればいいのに」って、そこまでニュアンスが違いますでしょうか。

      ▼「Every single word builds up to this moment」について
      ここは、なほさんのおっしゃてる通りだと思います。「一言会話を交わす毎にあなたへの想いが強まっていく」という訳はいかがでしょうか。

      ご指摘本当に感謝いたします。僕もきちんと英語を訳したいと思っているので、このように英語について意見をいただけると本当に嬉しい限りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください