【Devil Take My Soul】の和訳:Son of Dave(サン・オブ・デイブ)

今回は、Son of Dave(サン・オブ・デイブ)「Devil Take My Soul feat. Martina Topley-Bird(デビル・テイク・マイ・ソウル feat. マルティナ・トップレイ=バード)」の翻訳です。

「Devil Take My Soul」は、英国に拠点を置くカナダのシンガソングライター「サン・オブ・デイブ」が2006年にリリースした曲で、3rdアルバム「02」に収録されています。女性ボーカルに、イギリスのシンガー「マルティナ・トップレイ=バード」を迎えています。

【目次】

それでは、お聞きください。


Devil Take My Soul 基本情報

曲名:Devil Take My Soul
アーティスト:Son of Dave
出身:マニトバ(カナダ)
ジャンル:ブルース
チャート:なし
発売日:2006年
収録アルバム:なし

Son of Dave : Devil Take My Soul Devil Take My Soul
Son of Dave
apple music
「Devil Take My Soul:Son of Dave」の動画


YouTube「Devil Take My Soul:Son of Dave」より

「Devil Take My Soul:Son of Dave」の翻訳

※グレイの箇所をクリックすると、解説を見ることができます。

Always talk about the money
(いつも金の話に)

Always talk about the honey, babe
(いつも女の話で盛り上がる、ベイベ)

All the fellas say*
(皆は言う)

「fellas」は、「みんな」という意味のスラングです。「fella」だけだと単体になるので、「男、奴」という意味になります。

What’s your name, what’s your name
(「名前は何だ」ってな)

You turn me on*
(俺を夢中にさせる)

「you turn me on」は、「君に夢中になる」という意味です。

Take it down to the river
(川に沈めたみたいだ)

Take it with a pinch of salt*
(鵜呑みにする必要は何もない)

「Take it with a pinch of salt」で、「鵜呑みにしない、真に受けるな」という慣用句です。
※Cambridge Dictionary「take sth with a pinch of salt」より

Whatever the game is, girl
(どんなゲームでもいい、ガール)

It’s not my fault
(俺はしくじらない)

Devil take my soul if you want it
(悪魔が魂に手をかける、欲しけりゃ持っていけばいい)

Bring you back to me for just one more night
(だから、もう一晩だけ君を連れてきてほしい)

Devil take my soul if you want it
(悪魔が魂に手をかける、欲しけりゃ持っていけばいい)

Bring you back to me for just one more night
(だから、もう一晩だけ君を連れてきてほしい)

Well I! Made a deal with your mamma*
(君のママとの取引きか)

「make a deal with」で、「〜と取引をする」という意味です。

Made a deal with your pa
(それとも君のパパとか)

We could make a deal baby, like Monty Hall*
(僕らは何でも解決できる、モンティ・ホールの問いのように)

「Monty Hall」とは、「モンティ・ホール問題」という意味です。モンティ・ホール問題とは日本でも有名な確率のクイズです。「プレイヤーの前にはドアが3つあり、その中には正解が一つある。プレイヤーがドアを一つ選ぶと司会者は残りのドアの内ハズレのドアを一つだけ教える。ここでプレイヤーは、始めに選んだドアか残りの一つのドアを選ぶか、再度選択肢が与えられる。プレイヤーはドアを変えた方がいいのか、変えない方がいいのか」という問題です。

Going down in the valley
(渓谷から降り立ち)

Take it out in the field
(草原に出れば)

Somebody come save me please
(誰かが助けに来てくれるのを願うんだ)

I’m beggin ya!
(願うんだ)

Devil take my soul if you want it
(悪魔が魂に手をかける、欲しけりゃ持っていけばいい)

Bring you back to me for just one more night
(だから、もう一晩だけ君を連れてきてほしい)

Devil take my soul if you want it
(悪魔が魂に手をかける、欲しけりゃ持っていけばいい)

Bring you back to me for just one more night
(だから、もう一晩だけ君を連れてきてほしい)

Devil take my soul if you want it
(悪魔が魂に手をかける、欲しけりゃ持っていけばいい)

Bring you back to me for just one more night
(だから、もう一晩だけ君を連れてきてほしい)

Devil take my soul if you want it
(悪魔が魂に手をかける、欲しけりゃ持っていけばいい)

Bring you back to me for just one more night
(だから、もう一晩だけ君を連れてきてほしい)

解説とまとめ

Son of Dave : Devil Take My Soul

Son of Dave(サン・オブ・デイブ)は、カナダ・マニトバ出身のシンガーソングライターで、元ロックバンドのCrash Test Dummies(クラッシュ・テスト・ダミーズ)のメンバーでした。ハーモニカ、ギター、パーカッション、ビートボックスを得意とし、彼が奏でるブルースは聞く人を虜にします。

「Devil Take My Soul」は、元々サン・オブ・デイブの2ndアルバム「01」に収録されておりましたが、今回シンガーのマルティナ・トップレイ=バードを迎えてリミックスされました。

「Devil Take My Soul」のライブ・パフォーマンス!

ハーモニカ片手にボイス・パーカッションで演奏する彼のスタイルをご覧ください。カッコ良いです!
Son Of Dave ‘Devil Take My Soul’ LIVE

最後に感想を

昔、「えいちゃん」という友人に紹介されたサン・オブ・デイブの「Devil Take My Soul」、一度聞いただけで僕を虜にした曲です。「悪魔が魂を持ち去る」と題されたこの曲は、ビートが効いためちゃくちゃカッコ良いブルースに仕上がっています。

おそらくこの記事を見て頂ける方は少ないと思いますが、きっとこの曲を聞いたら悪魔に魂を売っても良い程惚れ込むことでしょう。サン・オブ・デイブはイギリスを中心に活動しているので、もしイギリスに行く機会があれば、彼のライブに足を運んでみてください。

さて、今回は以上になります。
最後まで見て頂きましてありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

Son of Dave : Devil Take My Soul Devil Take My Soul
Son of Dave
apple music
この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください