【I Saw Three Ships(三隻の船)】の和訳:クリスマスソング(スティングVer)

今回は、Sting(スティング)が歌う英国のクリスマスソング「I Saw Three Ships(三隻の船)」を紹介します。

「I Saw Three Ships(三隻の船)」は、イギリスで古くから伝わるクリスマス・キャロル(クリスマス聖歌)です。その歴史は古く17世紀のダービーシャーのあたりが発祥と言われており、1833年にWilliam Sandys(ウィリアム・サンディーズ)によって編集が行われ正式に世に発表されました。

現在まで多くのアーティストがカバーしている「I Saw Three Ships(三隻の船)」ですが、今回はSting(スティング)のバージョンを紹介します。この曲は97年にリリースされたアルバム「A Very Special Christmas 3」に収録されています。同アルバムには他にも多くのアーティストがクリスマスソングをカバーをしているので、興味があればぜひ聞いてみてください。

動画は2009年のダラム大聖堂でのライブ映像になります。
まずは聞いてみてください。

I Saw Three Ships(三隻の船)の基本情報

曲名:I Saw Three Ships(三隻の船)
アーティスト名:Sting(スティング)
発売日:1997年09月23日
収録アルバム:A Very Special Christmas 3

「I Saw Three Ships(三隻の船):Sting」


youtubeより

ここからStingの「I Saw Three Ships」の翻訳開始!

↓↓↓↓↓ ここから歌詞の翻訳です ↓↓↓↓↓

I saw three ships come sailing in
(三隻の船がやってくるのを見たんだ)

On Christmas Day, on Christmas Day
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

I saw three ships come sailing in
(三隻の船がやってくるのを見たんだ)

On Christmas Day in the morning
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

And what was in those ships all three
(その船には何があるんだろう)

On Christmas Day, on Christmas Day
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

And what was in those ships all three
(その船には何があるんだろう)

On Christmas Day in the morning
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

Our saviour, Christ and his lady
(私たちの救世主、イエス様とマリア様だ)

On Christmas Day, On Christmas Day
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

Our saviour, Christ and his lady
(私たちの救世主、イエス様とマリア様だ)

On Christmas Day in the morning
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

Pray, whither sailed those ships all three
(さぁ三隻の船の旅路を祈りましょう)

On Christmas Day, on Christmas Day
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

Pray, whither sailed those ships all three
(さぁ三隻の船の旅路を祈りましょう)

On Christmas Day in the morning
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

Oh, they sail into Bethlehem
(三隻の船はベツレヘムへと出航する)

On Christmas Day, on Christmas Day
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

Oh, they sail into Bethlehem
(三隻の船はベツレヘムへと出航する)

On Christmas Day in the morning
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

And all the bells on earth shall ring
(地上のすべてのベルが鳴り響き)

On Christmas Day, on Christmas Day
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

And all the bells on earth shall ring
(地上のすべてのベルが鳴り響き)

On Christmas Day in the morning
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

And all the angels in heaven shall sing
(天国の天使達が歌いはじめる)

On Christmas Day, on Christmas Day
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

And all the angels in heaven shall sing
(天国の天使達が歌いはじめる)

On Christmas Day in the morning
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

And all the souls on earth shall sing
(地上の魂も歌いだす)

On Christmas Day, on Christmas Day
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

And all the souls on earth shall sing
(地上の魂も歌いだす)

On Christmas Day in the morning
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

Then let us all rejoice amen
(そして、わたしたちは歓喜に満ちあふれる、アーメン)

On Christmas Day, on Christmas Day
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

Then let us all rejoice amen
(そして、わたしたちは歓喜に満ちあふれる、アーメン)

On Christmas Day in the morning
(クリスマスの日に、クリスマスの日に)

曲の感想とまとめ

Sting(スティング):I Saw Three Ships(三隻の船)

いかがでしたでしょうか?スティングの声がめっちゃ良いですよね(ただ、ブリティッシュアクセントが少し聞き取りずらいですよね)。本来ですと「三隻の船」は童謡のような曲ですが、スティングバージョンはたまらなく素敵ですね。それに髭が伸びているスティングもカッコ良いですよね!

ちなみに、上ではライブバージョンを紹介しましたが、CD音源だとこんな感じになります。

「I Saw Three Ships(三隻の船):Sting」のCD音源

「I Saw Three Ships(三隻の船)」について

この三隻の船が何を意味しているのかは諸説あるようですが、現在では3つの意見に絞られています。

一つ目は、12世紀にケルン大聖堂に「東方の三賢者の遺物」が3隻の船によって運び込まれたことに由来する説です。二つ目はボヘミアの王「ヴァーツラフ2世」の紋章に由来する説です。そして、三つ目はラクダは砂漠では「船」と言われており、「東方の三賢者」がラクダに乗ってやってくる様子から由来している説です。

※東方の三賢者は、東方の三博士、東方の三賢人とも呼ばれており、新約聖書に登場します。人数は明記されていませんが、イエス誕生時にやってきてお祈りを捧げた方々です。

歌詞に出て来るベツレヘムとは

ベツレヘムは新約聖書では、イエス・キリストの生誕の地として有名な場所です。ヘブライ語聖書ではダビデという名の町で、現在ではパレスチナが治める街です。エルサレムからは、南に10km程の場所に位置しています。

ベツレヘムの場所

さて、今回は以上になります。
I Saw Three Ships(三隻の船)も今度のクリスマスから、あなたの一曲に加えてみてはいかがでしょうか?最後まで見て頂いた方、本当にありがとうございました。
それでは、良い一日を!

※何か間違っている箇所、不明な点があればコメント、またはお問い合わせください。
出来るだけ、正確に翻訳をしたいと思っております。

この記事を書いた人
ヨロイ

オンガクガトマラナイを運営しているヨロイです。普段はウェブディレクターをしています。洋楽をきちんと翻訳したくてこのサイトを始めました。洋楽って本当に良いですよね!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください